花園さんちのふたごちゃん 5巻(北島音奈)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0207

花園さんちのふたごちゃん05恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは9/9発売の
花園さんちのふたごちゃん」5巻(北島音奈)です

概要

ついに迎えた文化祭当日! 多々良と蘭子が参加することになったのはイチャイチャしまくりカップルバトル! 恥ずかしすぎる試練の数々に悶絶必至! そして、いよいよ始まるバンドコンテスト! ももバンドvs.うめバンド、勝負の行方は!? 双子と多々良の運命が動き出す! 文化祭編、完結!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 花園さんちのふたごちゃん 
作者
 北島音奈 
発売日
2021年9月9日
掲載誌
 週刊少年マガジン 
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第41話 爽涼祭名物“カップルバトル”①

第42話 爽涼祭名物“カップルバトル”②

第43話 爽涼祭名物“カップルバトル”③

第44話 爽涼祭名物“カップルバトル”④

第45話 バンドコンテスト開幕!

第46話 勇者ももと最強の仲間たち

第47話 百合子の大事な話

第48話 勝負の行方

第49話 セカンドキス

第50話 ご褒美温泉旅行

主な登場人物(新規・更新)

なし

ポイント紹介

「宣伝戦略」

文化祭当日、午後に本番を控えた「勇者ももと最強の仲間たち」は最後のひと押しになる物を模索し午前中に行われる爽涼祭名物“カップルバトル”に注目する

優勝カップルは校内放送に生出演出来るのでそこでバンドの宣伝をする為に優勝がマストとなる

しかもライバルの梅も出場していて尚更負けられない状況になってしまうが、競技は嬉し恥ずかし満載の内容で蘭子のメンタルは爆発寸前であった





「蘭子を知る多々良の行動」

演奏順が梅のバンドの後になってしまった「勇者ももと最強の仲間たち」は、梅の素人のレベルではない演奏に圧倒されてしまう

その上、蘭子はボーカルのプレッシャーから冴えない表情をしていて本調子でないのは明らかだった

それをを見た多々良は本番前の袖に侵入し関係ない話題で蘭子の緊張を解そうと気を使う

多々良の本音は結果より蘭子に楽しんで欲しい思いで一杯だった





「遠のく百合子、近づく蘭子」

文化祭に仕事で参加できなかった百合子はグループ9枚目シングルのセンターに選抜される

大きなお土産を持って蘭子のステージに駆けつけた百合子は、多々良を呼び出してその事を報告するがもう一つの大事な話は出来ずじまいであった

蘭子もバンドの打ち上げで多々良と2人っきりになると自分が彼をどんどん好きになる気持ちに拍車が掛かっていると実感していた

そして止まらない気持ちは行動に現れてしまう・・

レビュー

こんにちは

ふたごちゃんの4巻です

今回は文化祭のバンド編が完結ということで概ね蘭子パートとなっています

本番午前中にもうひとアピールする為にカップルコンテストで優勝して校内放送の権利を得るんだ~・・・ってかなり強引ですね(笑)

カップルにちなんだラブラブイベントで多々良のラッキースケベ狙いも込みなんでしょうが、梅はバンドメンバーと参加ってなんじゃそりゃ~⁉ってなりますよね

かなり無理矢理なイベントを経てようやく午後にはバンドコンテストのスタートになります

梅のバンドの後に演奏をする事になって対抗意識バリバリのももをよそに、ボーカルのプレッシャーとカップルイベントでまことしやかに百合子の姉妹という事が広まって蘭子は歌への自信を無くしてしまいます

かなりテンパっている彼女を心配した多々良は何とか緊張を解そうと蘭子に近づいていきます

ここまで多々良の良さってよくわからなかったんですが、バンド編では打って変わってムードメーカーやアイデアマンとしていい感じに活躍してますよね

その上しっかりと蘭子のメンターもしている辺りホントの彼氏、もしくは敏腕マネージャーな感じです(笑)

そのくせ蘭子の気持ちには鈍感な所がいただけないんですけどね~

バンド編で蘭子推しもかなりふえたんじゃないかと思うんですが

百合子の方もシングルのセンターに抜擢されてアイドルの仕事では活躍しているんですが、多々良との関係はかなり距離が開いてしまいましたね

一緒に過ごしていない分蘭子ターンが多いのは仕方ないし、多々良自身は相変わらず百合子推しなんですけど本人は気が気ではないですよね、そりゃあ・・

もうちょっと蘭子ターンが続きそうな感じですが、百合子は好かれている分ひとつの行動で多々良にガツンと響きますから今後も手数の蘭子と一撃の百合子の図式は変わらないんでしょうね

2人の気持ちをちゃんと感じて多々良が重苦しく悩むことを切に望みます

6巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓



北島音奈先生のつぶやきはこちらから→Twitterリンク


ところで

みなさんの好きな屋台メシは何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕は焼きそばです!(ビシッ)

・・・ナンカオイシクカンジル・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました