戦隊大失格 3巻(春場ねぎ)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0213

戦隊大失格03SF・ファンタジー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは9/17発売の
戦隊大失格」3巻(春場ねぎ)です

概要

竜神戦隊ドラゴンキーパーによって隷従させられている状況を打破すべく立ち上がった怪人D。「戦いの終結」という目的で利害が一致したDと桜間。桜間は外側から大戦隊を正すための行動を開始し、Dは大戦隊を潰すため、桜間に成り代わって再び大戦隊へ潜入した。無色隊員から正隊員昇格を目指す訓練に励んでいたDだったが、桜間の姉・世々良の来訪&桜間の部屋に潜んでいた謎の怪人少女に挟まれ絶体絶命の状況に!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 戦隊大失格 
作者
 春場ねぎ 
発売日
2021年9月17日
掲載誌
 週刊少年マガジン 
ジャンル
SF

サブタイトル

第15話 あの日の戦闘員

第16話 ピンク姉弟

第17話 最悪のコンビ

第18話 パイロンの試験VS.赤の怪人役①

第19話 パイロンの試験VS.赤の怪人役②

第20話 パイロンの試験VS.赤の怪人役③

第21話 パイロンの試験VS.赤の怪人役④

第22話 パイロンの試験

第23話 争いのない世界へ

主な登場人物(新規・更新)

♧戦闘員XX(せんとういんえくすず)
桜間の部屋に匿われていた戦闘員

♧ペルトロラ
怪人軍団幹部

【ドラゴンキーパー隊員

《レッド

正一位 レッドキーパー・赤刎創星(あかばね そうせい)

従一位 ♤緋村仁(ひむら じん)

正二位     ?

従二位     ?

正三位 ♤朱鷺田隼(ときた しゅん)

従三位     ?

《ピンク

正一位 ピンクキーパー

従一位 ♤撫子益荒男(なでしこ ますらお)

正二位     ?

従二位     ?

正三位     ?

従三位     ?

《グリーン

正一位 グリーンキーパー

従一位 ♡翡翠かのん(ひすい かのん)

正二位     ?

従二位     ?

正三位     ?

従三位     ?

《ブルー

正一位 ブルーキーパー

従一位 ♡藍染小町(あいぞめ こまち)

正二位     ?

従二位     ?

正三位 ♤瑠璃真太(るり しんた)

従三位 ♤碧流亜乱(へきる あらん)

《イエロー

正一位 イエローキーパー

従一位 ♡錫切夢子(すずきり ゆめこ)

正二位     ?

従二位     ?

正三位     ?

従三位     ?

《大戦隊マスコット

リュージン君

《候補生》

♤来栖大和(くるす やまと)

♤浦部永玄(うらべ えいげん)
桜間にライバル心

♤小熊蘭丸(こぐま らんまる)
浦部の小判鮫で無口

♤石川宗次郎(いしかわ そうじろう)
万年無色のベテラン

♤七宝司(しっぽう つかさ)
脳筋男

♡雪野アンジェリカ(ゆきの あんじぇりか)
高飛車女

♡薄久保天使(うすくぼ えんじぇる)
陰気くさい女

♡明林恋蓮(あけばやし れんれん)
軽そうな女子

♤獅音海(しおん かい)
桜間を敵視

ポイント紹介

「前面の姉、後門の怪人」

桜間の部屋にいた怪人は戦闘員XXと名乗った

13年前ドラゴンキーパーに徹底抗戦の構えを見せ全滅したグループの怪人だった

それ故にその時に戦わなかった組の戦闘員Dは正体を明かしても信頼されておらず、隙を見て世々良に襲い掛かろうとするのを止めるので手一杯だった

怪人仲間には怪人失格の烙印を押され、姉からはドラゴンキーパーを辞めるよう言われた戦闘員Dの未来はどこに?

「相性最悪のパートナー」

最終試験はそれぞれ訓練生の特性によって5色の組に分けられて仮想怪人と戦い鍵を奪うのが目的であった

しかし仮想怪人を務めるのは現役従一位4人と以前戦闘員Dがボコボコにした朱鷺田で、その実力の開きは訓練生に絶望しか残さなかった

更に戦闘員Dがレッド組として組まされたのは一番相性の悪い獅音でお互いの意見はまったくまとまる所を知らなかった

「執拗な戦意の理由」

力の足りない訓練生達、合格させる気がサラサラない怪人役達、そして言うこと聞く気がない囚われの戦闘員

味方施設で敵ばっかりの戦闘員Dだったが、極限の戦いの中で戦闘センスを徐々に開花させていき時には怪人役を翻弄していった

しかし三日間の試験にも関わらず初日で心が折れかけの訓練生の中で、獅音だけは目の光を失っていなかった。それは彼が正隊員を目指す原動力にあった・・

レビュー

こんにちは

戦隊大失格の3巻です

正義のヒーローの中身は存外ドロドロしてるもんですよって語りかけてくる内容ですね(笑)

うらみちお兄さんといい清く正しい立場だからこそ裏のダークさがおいしいんでしょうね

今回は桜間の部屋に閉じ込められていた怪人との出会いからの最終試験ですね

XXも13年前に敗れた集団みたいですが、怪人軍団どんだけ弱いんだよって感じですね

ドラゴンキーパーも強すぎるが故にそれなりの敵と戦っていないと一強体制で時期に市民から嫌われていきそうですよね

巻が進むにつれて悲しい事情ばかりがクローズアップされてきて、見ているこっちとしては「怪人がんばれ~」ってなっちゃいますから作者の思うつぼかも知れませんね(笑)

こんなに力の差があって戦闘員Dは本当にドラゴンキーパー倒せるのか不安になりますよね

経験値積んだら戦闘員から怪人にレベルアップしたりしないのかな?

結局、今の所ゾロゾロ出てきた訓練生達もそれほどの活躍を見せてないし、正隊員のやられ役みたいになっちゃってますよね

あの朱鷺田ですらかなり強い部類ですもんね

でもこれだけ力の差が圧倒的だからこそ倒した時の喜びが大きくなると期待しています

頑張れ!怪人!!

最後の方で大きな動きが出て来たので4巻は試験一辺倒とはいかなそうですが、スタートから基本路線を外れているので今後どうなるのか予想もつきませんが、ちょっとずつ戦闘員Dがカッコよく見えてきたのは間違いないです

4巻に続く

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品


ところで

みなさんは5色でどの色が好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕は白です!(ビシッ)

・・・ビッグワン?・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました