スタジオカバナ 1巻(馬あぐり)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0216

スタジオカバナ01恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは9/21発売の
スタジオカバナ」1巻(馬あぐり)です

概要

音楽×青春――「歌」で色づく甘酸っぱい青春ラブストーリー

真面目が取り柄の女子高生・牧ゆかり。そんな彼女が最近気になるのは、自分とは正反対の非行少年と呼ばれるクラスメイト・日下優助。
周囲と慣れあわず、ミステリアスなオーラを纏う優助の世話係になってしまったゆかりは、ある日優助が音楽スタジオ「Studio Cabana」へ入っていくのを見てしまう。
こっそりつけた先でゆかりが見たのは、普段の優助からは想像もできないような「恋」の歌を歌う姿で──。

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 スタジオカバナ 
作者
 馬あぐり 
発売日
2021年9月21日
掲載誌
 pixivシルフ 
ジャンル
恋愛・音楽

サブタイトル

第1話 スタジオカバナ

第2話 歩み寄り

第3話 追いたい背中

第4話 ラブレター

主な登場人物(新規・更新)

♡牧ゆかり(まき ゆかり)
高2、普通の女子高生

♤日下優助(くさか ゆうすけ)
ゆかりのクラスメイト、端正な顔立ちだがトゲがありミステリアスな青年

♡えりな
ゆかりの友人

♤中川大悟(なかがわ だいご)
the oopsのベース、見た目はアレだが世話焼きオネエ

♡宮原あかね(みやはら あかね)
the oopsのドラム、目つきの悪いスモーカー

♡白井春雪(しらい はるき)
the oopsのギター、19歳、かわいいけど物事にルーズ

ストーリー紹介

牧ゆかりには最近気なっている男子がいた・・いや、立場気にせざるをえなかった

その男子の名は日下優助

端正な顔立ちで見た目だけなら女子受けしそうな男子だった

ではなぜ彼が実際学校では女子受けしないどころか、ゆかりが連絡係を押し付けられなければならないのか

理由のひとつは学校での素行で彼は殆ど授業に出ない、日直や掃除はサボる、極めつけに超不愛想なのだった

それだけなら文句を言う人間も出そうなものだが、それがないのが理由の二つ目で彼には「ヤ〇ザと付き合っている」という黒いうわさが後を絶たないのだ

さすがにそれはないとゆかりは思っていたが、物言わずにはおれない性格が災いしクラスで唯一日下に話せるという立場を獲得してしまう

イケメンでミステリアスな男子となれば友達のゆかりも恋の可能性をはやし立てるが、現状99.9%可能性はなしであった

学校で不毛なやり取りをするだけだった2人の関係がある日変わったのはゆかりが町で日下を見かけた時からだった

彼の隣にはヤ〇ザと思しき豹柄のジャンパーを羽織った男が・・・

怖い物見たさで後をつけると入って行ったのは地下にあるバーで、その奥にあったのはなんとライブスタジオで日下がバンドのボーカルをしていると初めて知り彼のテリトリーに一歩踏み込んでしまう

日下が所属するバンド「the oops」の曲を聴いて一発でファンになったゆかりだったが、相変わらず日下との距離は変わらないままだった

しかしバンドメンバーのダイから日下の話を聞くたびに彼への興味は強くなっていき、日下も軽い気持ちではないゆかりに対し徐々に心を開いてくれるようになった

このまま2人の関係が進展する・・・かと思いきや、ゆかりの前に現れたにはバンドメンバーでギター担当の春雪だった

同じバンドメンバーを越えた視線を春雪に送る日下を見て彼が書く歌詞が誰に宛てたものかものか悟りながらも、日下を好きになっていく気持ちに歯止めが利かないゆかり

その雰囲気を察した目が怪しく光る春雪・・・

この恋の行方はどうなっていくのか?

レビュー

こんにちは

青春×音楽の淡く鋭く描いた作品「スタジオカバナ」の1巻です

いやーアオハルですね

ヒロインのゆかりはどこにでもいそうな平凡な女子高生です

ちょっとだけ違うのは思った事は口に出さずにいれない所でそのせいでクラスの問題児・日下との連絡役を押し付けられてしまいます

当の日下も黙ってればモテモテになりそうなイケメンなのですが、普段の素行が悪くクラスメイトも扱いに困る存在でした

平凡な女子高生×ミステリアスな男子生徒を繋いだの日下がやっていたバンドで、その存在を知ったゆかりはどんどん日下沼にハマって行ってしまいます

そのまま恋が進む訳はなく、同じバンドに所属する春雪の登場で空気が一変してきます

どうやら日下は春雪に思いを寄せているとゆかりは察するのですが、自分の想いを止められない上に何やら春雪と日下の関係も普通ではなさそうな空気を醸し出してるんですよね

アオハルな純愛では収まらなさそうな雰囲気に楽しみしかないのですが(悪趣味)、純情なゆかりとちょっと悪女っぽい春雪とのバトルになっていくのでしょうか?

成り行きが楽しみでなりませんね!

1巻ではあまり音楽への絡みは少なかったんですが、今後恋愛と音楽が深く絡み合っていくストーリーに期待したいと思います

2巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

馬あぐり先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんはどの弦楽器が好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕はコントラバスです!(ビシッ)

・・ジュウテイオン・・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました