禍つ罠師の勇者狩り 1巻(わだぺん。)【既刊あらすじ&レビュー】File0023-01 ※一部ネタバレあり

禍つ罠師の勇者狩り01SF・ファンタジー
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは禍つ罠師の勇者狩り」1巻です

概要

かつて『神罠師』と呼ばれたゲームクリエイターの創太は会社を辞めたその日、異世界に召喚される。創太の才能を見込んで異世界に招いたのは、勇者に命を狙われる魔王の娘・ソフィだった。有無を言わさず襲い掛かってくる勇者たちに立ち向かう羽目になった
創太の運命は?

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 禍つ罠師の勇者狩り 
作者
 わだぺん。 
発売日
2020年4月17日
掲載誌
ウルトラジャンプ
ジャンル
ファンタジー

サブタイトル

1:召喚

2:反撃

3:齟齬

4:闇中

主な登場人物(新規・変更)

♤越前創太(えちぜん そうた)
ゲームクリエイター、神罠師と呼ばれている

♡ソフィーリア・ゴルガンティス
魔王の娘、勇者の攻撃から落ち延びている

♧ブレパス
ソフィーリアの執事

♧アルベルト、ホーガン、アネッタ、トーマ
勇者一行

♤ブルカーン将軍
王立勇者軍を率いている

♧スラミー(スライム)、ゴビィ・ブギィ(ゴブリン)
ソフィーリアの部下、共に一本角

♧三又太郎(みつまたたろう)
ケルベロス、ソフィーリアの番犬

♡ベローチェ
特級白魔法師、アルベルトのストーカー

ストーリー紹介

ゲームクリエイター越前創太は巷ではちょっと名の知れた存在であった

それは彼がゲーム内で作る「罠」が難解過ぎて面白いようにみんなが嵌ってしまうからだった

そのセンスから「神罠師」と呼ばれ持て囃されたのは過去の話・・
罠を難しくしすぎて今では彼が携わるゲームはSNSで炎上の嵐となっていた

会社と口論の末、仕事辞めてしまった創太はトラックにひかれるイベントもないまま突然「異世界」へと召喚されてしまう

召喚したのはなんとその世界の魔王の娘・ソフィーリアと部下一行だった

この世界の魔王は人間と魔物がそれぞれの特性に応じた状態で共存する「棲み分け」を提唱していたが「人魔統一政府」のもと世界を一元管理しようとする人間の攻撃に逢い斃れてしまっていた

その結果、勇者は魔物に対し行き過ぎた暴力による支配が横行し魔王の娘であるソフィも常に人間に狙われていた

勇者に対抗するために創太はソフィから右目に「魔核(スティグマ)」を分け与えられ『罠を生成する能力』を手に入れる

「神罠師」の天職ともいえる能力を得た創太は、もう後戻りの出来ない状況に恐怖よりも高揚感が勝りこれが自分の求めていたヒリヒリする勝負だと感じていた

角の数が強さを証明する魔族に於いてソフィのグループは一本角と最弱の部類だったが、創太が加入したことで罠を効率的に活用し強力な勇者と互角に戦う手段を手に入れる

ソフィが目指すのは魔王討伐時に囚われた姉の救出だったが、王都ヴァルハラには三本角の魔物ですら全く歯が立たない「王立勇者軍」が控えていた

この艱難辛苦の道のりをどんな「罠」で創太は切り抜けていくのか?

新たな「神罠師」の伝説が始まろうとしていた


レビュー

こんにちは

俺TUEEEの勇者が悪辣な罠に嵌り無残に死んでいく姿が大好きな人集まれ~~の、「禍つ罠師の勇者狩り」の1巻です

端的に言えば良い悪魔が悪い勇者を成敗していく作品です

そして罠大好きな社畜が異世界で罠無双する作品です

更に童貞が数多のラッキースケベに逢う作品です

要するに「異世界×勇者討伐×罠×エロとグロ」って感じです(笑)

主人公の創太は自分が携わったゲームで「神罠師」と呼ばれるほどの罠のプロフェッショナルでしたが、より高度な戦いを求める余り罠のレベルを上げ過ぎてすっかり炎上の的となり会社からも爪弾かれてしまいます

そんな不満タラタラの彼が異世界に召喚されなんと魔王の娘と契約を果たして「罠を生成する能力」を手に入れます

まぁこの後の展開はいわずもがなですよね

この異世界では魔物と勇者のパワーバランスは完全に崩れていて、魔物は勇者にひたすら蹂躙されるだけの存在となっていました

勇者を通り越して暴君の連中を創太が罠でギタギタにしていくのが基本的なストーリーですが、能力はチートっぽくても色々と制約があり好きなように能力が使えるわけではないし魔物仲間もその中では最弱の一本角ばかりと十分な戦力や条件が揃っているわけではありません

それを工夫と機転で乗り越えられるかが創太の今後を左右しますし、より強い仲間も必要になってくるでしょうね

なんたった相手の勇者自体一本角の魔物では全く歯が立たない相手ですし、その上強さの次元が違う「王立勇者軍」なんてのも後ろに控えています

ただこの世界の勇者は度し難いほどのクズばかりなので創太が活躍するほど読者の爽快感も増すことは間違いありません

まだ創太も含めあまり強くないので立派に成長してひねくれていく様を見守るのもひとつの楽しみ方かも知れません(笑)


luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

わだぺん。の最新情報は公式Twitterでチェック→Twitterリンク

Luck'o
Luck’o

2巻へ続く!

禍つ罠師の勇者狩り 記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました