付き合ってあげてもいいかな 4巻(たみふる)【既刊あらすじ&レビュー】File0022-04 ※一部ネタバレあり

付き合ってあげてもいいかな04恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは付き合ってあげてもいいかな」4巻です

概要

私たち、付き合っていけるよね…?

初恋の先輩との再会で心が揺れるみわ。
その想いを隠しきれないみわの様子に、
冴子は苛立ちを募らせていく…。

「…あたし、みわに一度も好きって言われたことない。」

付き合ってるからって、
幸せで満たされてるなんて限らない。
リアルラブストーリー第4巻!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 付き合ってあげてもいいかな 
作者
 たみふる 
発売日
2020年4月10日
掲載誌
裏サンデー
ジャンル
恋愛・百合

サブタイトル

第28話 君のための嘘

第29話 友情の穂先で

第30話 禊

第31話 逃げども避けども

第32話 閉ざした口は

第33話 口づけを虚像のあなたへ

第34話 愛してる、愛してた

第35話 夢のあと

第36話 時間が止まってくれない

おまけマンガ

描き下ろしマンガ

主な登場人物(新規・変更)

なし

内容紹介

憧れの先輩・志帆との再会は自分が思っていた以上に過去の想いに火をつけ、動くはずがなかった心を激しく揺さぶって行った

その感情をみわは受け入れがたく恥ずかしいものだと思っていた

だって自分には冴子がいるのだから・・・

彼女の信頼を裏切らないように同窓会はやり過ごしたが、そう意識しなければ自分の気持ちを抑えきれなかった事実は冴子にも伝わってしまっていた

言葉を重ねても空回りし、身体を重ねても溝は埋まるどころかどんどん広がっていく・・

冴子もその空気を察して徐々にみわを避け始める

問題を先送りすることで誰かが・・時間が解決してくれる事を心の奥底で祈って

学園祭当日になっても、冴子はみわを避け続けた

それを暗にわかっていてもみわは冴子と話し合いの場を持とうと持ち掛けるが、逆にこれが2人の関係に終止符を打つ決定打となってしまう

好きだった人、見せたくない自分の内面、話せない過去・・お互い大事なものに触れる事を許さないまま蜜月は突如として終わりを迎えた

冴子は最後までみわに愛されている実感が持てなかった

それが何よりも悔しかった

みわは自分の後ろめたい気持ちに落としどころを見つけられないまま大切なパートナーを失いひとりぼっちに戻ってしまった

それでも時間は進んでいく

みわと冴子の新しい時間は交じり合う時が来るのだろうか?


レビュー

こんにちは

付き合ってあげてもいいかなの4巻です

ご愛読ありがとうございました・・・って、まだ終わってないですよ!!

恋愛漫画の在り方は多種多様です

長きに渡って募らせた想いを伝える所でハッピーエンドになるものや、複数の本命から一番好きな人を選んでハッピーエンドになるもの、残念ながら想いを添い遂げる事が出来ずバッドエンドになるもの

この作品が迎えたのは別れた後も続く時間でした

ある意味一番リアルな流れですよね

フッてもフラれても泣いても怒っても何をしても次の日は来るんです

めっちゃ当たり前の事をいってますが(笑)

学生同士にして同じサークルならうまく感情に折り合いをつけて前に進まないといけないんです

・・・まあ無視って手もありますけど・・・

切り替えたい気持ちと切り替わらない気持ちは恋愛した(失恋した)人なら誰でもわかりますよね

これがジワってくるんですよ~(泣)

別に嫌い合った訳じゃなくてちょっとしたズレを放置し続けたせいでお互いの歯車が嚙み合わなかったり噛んでも回らなくなってしまったんですよね

冴子の言っちゃいけないのに言っちゃった時の心のやっちまった感ってすごいわかりますよね

みんな聖人君子じゃないんですよ

むしろ欲望ベースで相手を求めてるんですから自分勝手で当たり前なんですよね

なんかその辺の勢いやドロドロ感とかスッキリしないまま次に行くってのがまたいいですね

こうなるとどこが落としどころになってくるのか分からなくなって面白くなってきましたよ

もう一回くっつくとかもありそうですよね

スッキリ(?)リセットした所で5巻はどんな展開になるのでしょうか?

5巻に続く


luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

たみふる先生のつぶやきはこちらからチェック→Twitterリンク

Luck'o
Luck’o

5巻へ続く!

コメント

タイトルとURLをコピーしました