黒鉄のヴァルハリアン 1巻(松原利光)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0230

黒鉄のヴァルハリアン01アクション・アドベンチャー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは10/19発売の
黒鉄のヴァルハリアン」1巻(松原利光)です

概要

元寇を生き延びた鎌倉武士・相馬鉄二朗は気が付くと見知らぬ場所にいた。彼を連れてきたという少女・フリストから、ここは死んだ戦士の魂が集う館・ヴァルハラだと言われ…。北欧神話の修羅の館に放り込まれた鉄二朗は、生き返るために様々な時代の「死戦士」たちと戦うことに!?

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 黒鉄のヴァルハリアン 
作者
 松原利光 
発売日
2021年10月19日
掲載誌
 ヤングジャンプ 
ジャンル
バトル・歴史

サブタイトル

第1話 武士の誇り

第2話 ヴァルハラ

第3話 英雄

第4話 関羽雲長

第5話 死者喰い

主な登場人物(新規・更新)

♤相馬鉄二朗(そうま てつじろう)
肥後国相馬家の当主、相馬流剣術の使い手

♤相馬武丸(そうま たけまる)
鉄二朗の息子、相馬家の跡取りだが病弱

♡フリスト
ワルキューレの生き残り、片翼

♡カーラ
上級ワルキューレ、ヴァルハラを支配している

♤マルクス・リキニウス・クラッスス
前1世紀のローマの支配者の1人

♤オエノマウス
マルクスの部下

♤関羽(かんう)
蜀漢の武将、赤兎馬を駆る

♧死者喰い(フレースヴェルク)
世界樹に住む大鷲

内容紹介

鎌倉中期

当時世界最強の帝国・元による日本への侵略「元寇」

それを退けたのは呪われし魔王の武「相馬流」

それから3年

かつて幕府を救ったその剣は呪いの剣と忌み嫌われ果ては天災の原因とまで誹られていた

そんな仕打ちを受けても鉄二朗が生きる理由はただひとつ

病弱な息子・武丸の為であった

病気で先立った妻・偲(しのぶ)の分まで守るとの誓いは明日が見えず今を食うに困る現在も変わる事はなかった

過去に想いを馳せまどろみから目覚めた鉄二朗は見知らぬ森の中にいた

しかも何故か裸・・

見回しても武丸はおらず探そうと腰を上げるとそこに見た事のない甲冑を纏った屈強な男達が襲いかかって来る

訳が分からず逃げ惑っていると自分を呼ぶ女の声が聞こえる

鉄二朗を助けた若い娘が言うには彼女はワルキューレで自分は彼女に呼ばれた戦士で自分は・・・・死んだ⁉︎

ワルキューレの生き残りであるフリストが呼び寄せた死戦士・相馬鉄二朗

元寇を生き抜いた剣豪が立ったのは北欧神話の神々の館・ヴァルハラ

フリストの死戦士としてその剣を振るう相手はヴァルハラの平和を終わらせたワルキューレ・カーラと彼女が呼び寄せたローマ帝国の死戦士達

未だ所在が分からない武丸を探しながら相馬の剣士としての矜持を胸に鉄二朗は弱き民の為に動き出す

ローマ帝国軍に捕らえられたミズガルズ人を解放すべく敵の本拠地に乗り込むと正々堂々一騎討ちを申し出るが当然敵がそれに応じる訳はなかった

鉄二朗を高みから見下すのはローマの英雄・クラッスス

鉄二朗の新たな戦い火蓋が切られる!



レビュー

こんにちは

「リクドウ」でお馴染み松原先生の新作「黒鉄のヴァルハリアン」の1巻です

北欧神話のヴァルハラを舞台に鎌倉武士の相馬鉄二朗がローマ帝国軍を相手に戦うストーリーとなっています

最近流行りの転生、英雄バトルの要素を盛り込みながら弱き民の為に刀を振るうというしっかりとしたバックボーンとストーリー性を備えた期待作です

いや~暗いストーリー描かせると松原先生は映えますね(褒め言葉)

生きる事自体が苦行のような相馬家の生活で貧しいながらも武士としての誉れを持っている鉄二朗とその息子・武丸

自分を卑しめて生き長らえる事を良しとしない姿勢がしっかりと現れ鉄二朗がどんな動機で戦う人物なのか教えてくれます

そこからヴァルハラに移ってのめくるめく爽快バトルアクションで勢いをつけながらも、カーラによって虐げられたミズガルズを助けらようとする行動は序盤の相馬親子の考えにしっかりと沿ったものになっています

そうでなくても武士というのは誇り高い人種ですからね

いくら体も態度も大きいローマ人に圧をかけられたからってそう簡単には引き下がらないですよ

後半では三国志でお馴染みの関羽も出てきます

ストーリーの感じだと色んな種類の英雄達と力を合わせてローマ帝国を倒す見たいな流れですかね

でも英雄って当然クセツヨですからね

そんな簡単には協力し合ったりしないですよね~

鉄二朗も十分クセツヨですし(笑)

まだ始まったばかりなので敵の戦力もわからないし、武丸の行方もわかっていません

そもそも鉄二朗が死んだのかどうかさえ定かではありません

次はどんな英雄とバトルしてくれるのか今から楽しみですね

2巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

松原利光先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんの好きな鎌倉武士は誰ですか?

Luck'o
Luck’o

僕は那須与一です!(ビシッ)

・・ユミノメイシュ・・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました