そのモガリは熱を知らない 1巻(NICOMICHIHIRO)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0234

そのモガリは熱を知らない01サスペンス・ミステリー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは10/21発売の
そのモガリは熱を知らない」1巻(NICOMICHIHIRO)です

概要

配属の受け入れ先がなく、途方に暮れていた研修医の南。医者の職場探しに失敗したところを、警察の検案(=死因確認作業)に駆り出される。初めて向き合う死体に南は、流されるがままに死因を断定してしまうが、医師免許も持つという刑事・狩結ランが横槍を入れて…。驚異的な解剖テクニックを持ちながらも刑事になった彼女に、南も徐々に巻き込まれていく。死因究明”後進国”の日本を舞台に本格法医学ミステリー始動!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 そのモガリは熱を知らない 
作者
 NICOMICHIHIRO 
発売日
2021年10月21日
掲載誌
 モーニング 
ジャンル
医療・警察

サブタイトル

第1話 最期にかかる“医者”

第2話 解剖の境界線

第3話 灰色の純情

第4話 行き過ぎた男

第5話 沸き上がる死因

第6話 色を変える真相

第7話 わずかな痕跡

主な登場人物(新規・更新)

♡狩結ラン(かりゆい らん)
医師免許を持つ刑事

♤南陽人(みなみ はると)
医師、研修期間を終えたが受け入れ先が見つからない

♤堂島(どうじま)
特別法医捜査室室長

♡栗原円香(くりはら まどか)
法医学教室の学生

♤狩結圭蔵(かりゆい けいぞう)
法医学者でユイの祖父

♤勝間田(かつまた)
教授

内容紹介

南陽人は悩んでいた

「医者になりたい」という一心で2年間の研修期間を頑張ってきたが、ここにきて自分の受け入れ先が見つからなかった

それというのもトロい、体力がない、教授の覚えは良くない、患者に舐められる、極めつけはERで1日もたず倒れた・・高い志とは裏腹に研修医としてもお荷物扱いの現実には本人が一番辟易していた

明日の自分すら見えない陽人は今をやり過ごしたい教授から警察の検案(死因確認作業)に行くよう命じられる

初めて見る遺体に尻込みしながら検案作業を続けるが、警察はといえばさっさと病死と確定して捜査を済ませたくて陽人をしきりにせかしてくる

警察の勧めるままに死因を特定することに違和感を覚えながらも、流れ作業で死因を迫られると警察のいうままに「心不全」で原因を特定しようとした時現場近くにいた女性がフラッと近づいてきた

バイクに腰掛けケーキを次々に貪り食うボサボサ髪の女性が出してきたのは「警察手帳」

「警視庁刑事部捜査一課8係特別法医捜査室 狩結ラン警部補

 特例解剖調査法に基づき法医解剖を要請する」

医師免許を持つ曰く付きの刑事・狩結ランとの出会いが陽人の新しい「医者」としての人生の始まりだった

それは人を「生かす」医者ではなく「死」を診られる医者であり人生最後の医者・法医学への一歩であった

仙石管理官の肝煎りで創設された組織特別法医捜査室(SMIO)に監督医として所属する事になった陽人はランと行動を共にし今まで経験した事のない解剖の世界へと足を踏み入れていく

それはもう語る言葉を持たない死体から直接声を聞いて犯罪の解決に繋げていく作業だったが、ランの奔放な性格と行動にいつも振り回されてしまう

だが執刀医としての腕は一級品であり、その慧眼によって事件は解決へと導かれていく

彼女は一体何者なのか?

そして陽人は法医学者としてやっていけるのだろうか?



レビュー

こんにちは

これを読めば明日から君も解剖医!そのモガリは熱を知らない1巻です(ウソ)

作品のジャンルは警察系&医学系です

主人公の狩結ランは警察官であり医師免許を持っています

まぁそんな人いないのかな?

通常医療担当は医療系の組織、主に病院に所属しながら捜査を医学的にバックアップするのだと思いますが医師免許持ってたら自分で色々鑑定出来るから重宝しますよね

だからといって簡単に出来るものではないでしょうが

そしてこういう役割の医師のお約束が破天荒キャラです

突飛な行動を取らせる事で普通の捜査とは違った視点で物語を進めて行くことが出来ます

その横には彼女に振り回されながらも時には制御役となる常識人タイプのパートナー

これが研修医上がりの南陽人です

基本ダメ医者の陽人がランの捜査の切り口や執刀の技術を学び盗む事で法医学者として成長して行くんでしょうね

そして所属するのは組織の中では鼻つまみな部署「特別法医捜査室」

まぁある程度テンプレに則った感じの構成にはなっています

1巻では陽人はガチのペーペーなので行動のイニシアチブは完全にランにあります

暫くは彼女から学ぶ事が陽人とって一番大事ですからね

ランの素性や特別法医捜査室面々の実力などはまだ棚上げなのでこれから紹介されていくのだと思います

やたらと甘いもの食べてるのも何か理由があるんですかね?

ただ好きなだけだったりして(笑)

ストーリーは始まったばかりなので陽人のキャラが薄いのはやむを得ない所ですね

ランもそれほど尖った性格ではないですし、グロさはあるけどちょっとまだインパクトには欠ける感じがしますがこれからですね

法医学や解剖に興味がある人は是非読んでみて下さいね

2巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

NICOMICHIHIRO先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんは医者になるなら何科の先生ですか?

Luck'o
Luck’o

僕は麻酔医です!(ビシッ)

・・・ネムタクナ~ル・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました