花園さんちのふたごちゃん 6巻(北島音奈)【新刊あらすじ&レビュー】※ネタバレあり File0239

花園さんちのふたごちゃん06恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは11/9発売の
花園さんちのふたごちゃん」6巻(北島音奈)です

作品情報

タイトル
 花園さんちのふたごちゃん 
作者
 北島音奈 
発売日
2021年11月9日
掲載誌
 週刊少年マガジン 
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第51話 スイートルームで二人きり♡

第52話 めちゃくちゃなやつ

第53話 最後まで聞いて

第54話 多々良vs.蘭子!

第55話 寂しい教室

第56話 花園さんちに居候

第57話 百合子の決意

第58話 ボンちゃん襲来!

第59話 ボンちゃんのせいで…

第60話 これは事故なので

主な登場人物(新規・更新)

♡花園杏子(はなぞの きょうこ)
蘭子と百合子の母でデザイナー

♧ボンちゃん
百合子が先輩から預かった犬

内容紹介

カップルコンテストに優勝した多々良と蘭子は景品の温泉旅行へと出かけるが思いの他豪華な宿に2人とも面食らってしまう

その名も「エグゼクティブスィートルーム ゴールド・ザ・天竺」

部屋の豪華さに呆気にとられながらも多々良は先日の蘭子のキスの真意をはかりかねどうやって接すればいいのか迷いの中にいた

そんな多々良の心配をよそにいつも通りな蘭子を見ていると心配ばかりしているのがバカバカしくなって多々良も旅行を楽しもうと開き直る

・・・が、爆弾は早々に落とされる

食事の後に蘭子が夜景をバックに写真を撮ろうとすると一緒に映ろうと多々良を誘ってくる

いい思い出の1枚が撮れると唐突に蘭子の口からとんでもない言葉が飛び出してくる

「やっぱりあたし 多々良のことが好きみたい」

言葉の真意を熱心に蘭子は説明してくれたがその結果の多々良の反応は・・・

「放心」

バリバリのギャルで人生の勝ち組である蘭子が自分を好き??

ありえないシチュエーションに戸惑う多々良が取った行動は・・・

「蘭子と卓球をする」

だった

無心でラリーをしているうちに多々良の気持ちの整理され今素直に思っている事を蘭子に伝えて旅行は幕を閉じた

文化祭が終わってから2ヶ月

多々良の周りでは色んな変化が起こっていた

蘭子はウィンスタで有名人となり多々良は「もやしの妖精」というありがたくないあだ名がついた

そんな中一番の変化は百合子が学校を去った事だった

シングルのセンターに選ばれた百合子はアイドル活動に専念する為に他校に転学してしまった

それも全ては幼い頃に多々良と約束した夢を叶えるため・・

自分で決めた事ながらやはりいつも学校で多々良と顔を合わせる蘭子を羨ましく思うが、百合子の心を揺さぶる強制イベントは前触れなく突然やってくるのであった

レビュー

こんにちは

花園さんちのふたごちゃんの6巻です

内容よりも

「次巻完結」って最後のページにビックリしてしまいました

・・・マヂですか・・・

正直ここまでのほとんどを蘭子との偽装工作に割いてきたのだから多々良と蘭子の距離が縮まってくるのはある意味当たり前の事ですよね

てか、個人的には付き合うべきだと思います(ビシッ)

ギャルの蘭子とアイドルの百合子という対比でみればそりゃあ百合子じゃね?ってなりそうですが、元は一卵性双生児ですから容姿の差だってそんなに無いしその上甲斐甲斐しい蘭子を見てたらそっちの方を応援したくなりますよね

てか多々良・・

リア充の蘭子に釣り合わないって思いながら百合子に想いを寄せてるのはどういう事だ??

どっちにも釣り合わないは事実だけどね(笑)

ここまでいい思いしたんだから双子にフラれるエンドでもいいんじゃないですかね?読者の皆さん!!

幼馴染の可愛い女の子と結ばれるエンディングはもう十分出そろってるよ、多々良♡

この際だから両方を幸せにするぐらいの気概は見せて欲しいですよね

どっちかが泣くエンディングはあまり見たくないな~

事業に成功して一夫多妻制の国で幸せになってくれよ~・・・とか思いながら最後の決断を待とうと思います

7巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓



北島音奈先生のつぶやきはこちらから→Twitterリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました