黒岩メダカに私の可愛いが通じない 2巻(久世蘭)【新刊あらすじ&レビュー】※ネタバレあり File0243

黒岩メダカに私の可愛いが通じない02恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは11/17発売の
黒岩メダカに私の可愛いが通じない」2巻(久世蘭)です

作品情報

タイトル
 黒岩メダカに私の可愛いが通じない 
作者
 久世蘭 
発売日
2021年11月17日
掲載誌
 週刊少年マガジン 
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第9話 アイツと密着

第10話 アイツと文化祭

第11話 アイツと伝説

第12話 アイツと片付け

第13話 アイツと打ち上げ

第14話 アイツと手作り

第15話 アイツに説教

第16話 アイツと雨とバスケ女子

第17話 アイツと旭

第18話 アイツと旭と個人レッスン

主な登場人物(新規・更新)

♡湘南旭(しょうなん あさひ)
1年生、バスケ部のエースで成績もトップ

内容紹介

思わずバニーガール姿でメダカと密着状態になったモナだったが、さすがにその姿を冷静な気持ちで考えると自分の気持ちの方が盛り下がってしまう

案の定メダカだって嫌そうなコメントが降ってくるだろうと自嘲気味に諦めていると

「可愛いよ は、肌は見せすぎだけど」

きゅぅぅん♡

あたしがときめいてどーするよ!!!

文化祭の間が勝負だと意気込むモナだったが、春野のサポートを受け二人っきりの状況を作り出すもやることなすこと全て空振り

肝心のメダカも相変わらずのノーリアクション・・・というか気づかれてすらいない?

完っ全にグズグズで落ち込むモナだったが、一発大逆転を狙った場所はカップルがやたらと群生する渡り廊下

通称「愛の架け橋」

ここで手を繋いだカップルは永遠に結ばれるという伝説を真に受けたバカップルたちに紛れモナが仕掛けるのは転んだふりで引っ張ってもらう作戦

「フフフ この状況で私を無視出来る男はおらんはず・・!

 逆転サヨナラホームラン!」

明らかに意識しているメダカが取ったのは、手ではなく・・・「脇」

なぜ抱っこ!!!???

その後もあれやこれやでメダカを攻めるモナだったが意外な所から状況が動く

あまりにもモナへの態度が悪いメダカにクラスメイトから態度を改善するよう説教されてしまう

戒律を盾にするメダカだったが、これ以降モナへの反応に少し気を回すようになる

「惚れなきゃいいんだ 惚れなきゃ!」

更にモナに強力なライバルが出現!!?

一年生にしてバスケ部のエースで成績は学年トップ、容姿も抜群の後輩・湘南旭がメダカに気がある???

レビュー

こんにちは

押す女に逃げる男の展開がキュンキュンさせるラブコメ・黒岩メダカに私の可愛いが通じないの2巻です

自他ともに認めるクラスの人気者が1人反応の悪い男子がいるくらいでそんなムキになるかい?っていうのが入りの感想だったんですが、段々と2人の攻めて耐えてがツボに入ってくると尊い感じになってきました

ふとした所でお互いが見せる素にキュンキュンしたり、攻めるモナのプライドがカッコよくも見えるしメダカも頑なに拒むばかりではなくちょっと歩み寄りの雰囲気が出てきた事でよりささやかな恋愛感情が垣間見える辺りもとても微笑ましい展開ですね

そこにライバルの湘南旭投入ですよ

ハイスペックな後輩がなりふり構わずメダカに迫ってくると知ればモナも対抗しないわけにはいかないですよね

良いタイミングでのライバル投入だったのではないでしょうか

大体ストーリーの展開は想像が付く中で、どれだけキャラクターが映えるのか気になっていましたがモナが予想以上に一生懸命な姿や本人も冷静になったら引きそうな突飛だったりベタな作戦が失敗して思わぬ所で成功体験を得て舞い上がる姿がとても可愛いですよね

しかも「私は川井モナやぞ!」って垣間見せるプライドが無駄にカッコいいです(笑)

次回からは三つ巴の戦いになりそうですが、多分またモナが頑張りすぎてしまう事が予想されます

てかお坊さんが恋してもいいと思うんですがどうでしょう、メダカ君??

3巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

久世蘭先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました