どれが恋かわからない(奥たまむし)【漫画あらすじ紹介&レビュー兼感想】

どれが恋かわからない 01 恋愛
luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書3000冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくレビューします

ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい

皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

※ご注意
このコーナーは多分のネタバレを含みます
ご自身の判断で閲覧いただくようお願いします

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

luck’o
luck’o

今回は彼女が欲しい女の子と5人の美女との恋愛を描く百合漫画
どれが恋かわからないを紹介していきます

TheWorkData

【作品名】
 どれが恋かわからない 
【作者】
奥たまむし
【連載期間】
 2021〜 
【巻数】
1巻
【掲載誌】
月刊コミックキューン

Category

百合

どうしても大学で彼女を作りたいメイと、彼女の体質に引き寄せられる5人の美女との恋の駆け引きに注目!

PowerWord

アイドル

リリはアイドル活動もしているが、華道にも造詣がありアイドルも芸術活動の延長線で行っている

心理学者

マリアは心理学に精通しており、相手の心が手に取るようにわかる

匂いフェチ

カオルは柔軟剤などの合成のニオイが嫌いで、女の子本来の香りが大好き

声フェチ

は可愛い声フェチで、女の子の声に囲まれていたいからカッコいい男の格好をしている

キス魔

カリンは演劇サークルの間でもキス魔として有名


Review&Character

ストーリー概要

主人公の「空池メイ(そらいけ めい)」は高校卒業の際に好きな女の子に告白しようと決意する

しかし呼び出した彼女の口から出た言葉は「彼氏が出来た」だった

そのショックも冷めやらぬ内に大学入学を迎えたメイは楽しいキャンパスライフを迎える為に心に誓うのであった

「友達はいらない!彼女が欲しい!」

5人の女神

運命的な出会いを期待したメイだったが、グルーピングにすら出遅れてぼっちスタートとなる

そんなメイに声を掛けて来たのは、巨乳美人の「白沢リリ(しろさわ りり)」

なんとアイドル活動をしている巷ではちょっとした有名人だった

その後教授面談では心理学科の美人教授「百目鬼マリア(とどめき まりあ)」に会い、カフェではイケメンバーテンダーに扮した3年の「湊(みなと)」に誘われて演劇部に誘われる

その新歓ではキス魔で有名な3年の「味間カリン」に早速キスされ、寮に戻ると同室の「国政カオル(くにまさ かおる)」に服を脱がされ裸で添い寝されていた

突然5人の美女と急接近の展開に有頂天なメイだったが、それぞれ大好きになってしまい誰と仲良くなればいいのか分からなくなってしまう

luck’o
luck’o

十分運命を使い果たした出会いだと思うぞ!そんなに多角的に気に入られるなら高校時代もモテても良さそうなのに・・

静かに散る火花

メイと出会った5人の女性達もそれぞれに彼女に大きな魅力を見出していた

リリはメイと手を繋ぐと安心感を得られ、マリアは女性好きさが素直に出るメイに興味を持ち、声フェチの湊はメイの声に惚れ込み、カリンはキスをして一発で気に入り、匂いフェチのカオルはメイの香りの虜になっていた

本人が気付かない所で5人の特別として認識されたメイの争奪戦は徐々に激しさを増して行こうとしていた・・・

luck’o
luck’o

メイを気に入った5人も積極的に彼女と仲良くなり、ライバルを牽制しようと激しく水面下で火花を散らす!女の戦いってコワ~い!

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました