「BROTHERS(2)・田島昭宇」三兄弟の母親が違う人説が浮上⁉︎餡子と正式に付き合えるチャンスに躍起になる春平、恭平の運命は?

BROTHERS(2)ラブコメ

「MADARA」の田島昭宇自身がストーリーから担当した禁じられた兄弟愛ラブコメの新境地!

タイトル
 BROTHERS(2) 
作者
田島昭宇
出版社・掲載誌
 角川書店・月刊コミックコンプ 
刊行日
1995年8月10日
ジャンル
ラブコメ

インデックス

  • Session1~6

主な登場人物

♤赤井春平(あかい しゅんぺい)
赤井家の長男、中2、妹の餡子が好き、うづめと付き合っている?

♡赤井餡子(あかい あんこ)
赤井家の長女、中2、面倒見の良いしっかりもの

♤赤井恭平(あかい きょうへい)
赤井家の次男、中2、不良のロッカー、子持ちの人妻と不倫中

♤赤井平地(あかい へいち)
赤井三兄弟の父、単身赴任で家を空けている

♡森下うづめ(もりした うづめ)
中3、春平と付き合っている?

♤雨川ヒロキ(あまかわ ひろき)
中3、不良グループのリーダー的存在

ストーリー概要

春平・恭平、女性問題で餡子に嫌われる

餡子、家を飛び出して街であった雨川とデート(Point①)

春平・恭平、雨川の取り巻きとひと騒動
  ↓
3年生が卒業

春平、うづめと別れる(Point②)
  ↓
三兄弟、3年生に進級

恭平、髪を赤く染める

三兄弟、母親別々説勃発
  ↓(Point③④⑤)
恭平、平地に丸刈りにされる

ポイント紹介

Point①うちの男どもは

春平は餡子にうづめとの関係を問い質されるが本当は餡子が好きだと言えるわけもなく撃沈、恭平は付き合っている人妻が突然家にやって来た所を餡子に見られて撃沈。女にだらしない男二人は餡子に愛想尽かされましたとさ。

Point②まさかの相手?

春平は雨川と別れたばかりのうづめに告白して恋人関係にあったのだが、実の所うづめにそれ程興味がないと本人にバレており別れを切り出されてしまう。他に好きな人がいる気配はうづめも感じていたが相手が妹だとまではわからないのだった。

Point③疑惑

春平と餡子が持っている母親の写真が違うことから三人が他人ではないかという疑惑が持ち上がってくる。よく考えると髪質も顔も似ていない事から春平と恭平の間でその説が現実味を帯びてくるのだった。

Point④確認という名のノゾキ

他人説を決定づける要素として、何故か春平と恭平に付いている「赤」のアザが餡子にもないか確認しようと二人は餡子がお風呂に入っている所を協力して覗こうとする。覗き、もといアザが無いことの確認に成功するが運悪く家に帰ってきた平地に犯罪者との勘違いで成敗されてしまう。

Point⑤平地ショック再び

春平と恭平は三人他人説を平地に問いただすと彼は神妙な面持ちになって一枚の写真を取り出してくる。そこに写った女性は何となく恭平に似ている感じで他人説も動かぬ証拠かと思ったが・・・⁉︎

名セリフ3選

①『ギターとドラムだけでもロックはできんだよ』

3年生の圧力でバンドメンバーがやめてしまったが恭平のロックは揺るがなかった。

②『おれはどっちでもいいけどね 他人でも兄妹でも・・オレの餡子への気持ちはかわんねーよ』

三兄弟他人疑惑に揺れる春平に言った恭平の言葉。芯食ってる。

③『お前ら二人が好きなのは血の繋ってない餡子じゃなくて15年間いっしょに暮らしてきた妹の餡子じゃないのか?』

餡子が他人かどうかに躍起になる二人に言った平地の言葉。ハッとする二人。

BROTHERS(1)
BROTHERS(2)
BROTHERS(3)
BROTHERS(4)

BROTHERSBROTHERS」全4巻

 

 

主な作者関連作品

  • 「魍魎戦記MADARA(原作・大塚英志)」角川書店・全5巻
  • 「多重人格探偵サイコ(原作・大塚英志)」角川書店・全24巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました