「BROTHERS(3)・田島昭宇」雨川とバンド活動を再開した恭平に迫る男の影⁉︎狂犬・甲斐との因縁とは⁉︎

BROTHERS(3)ラブコメ

「MADARA」の田島昭宇自身がストーリーから担当した禁じられた兄弟愛ラブコメの新境地!

タイトル
 BROTHERS(3) 
作者
田島昭宇
出版社・掲載誌
 角川書店・月刊コミックコンプ 
刊行日
1996年1月10日
ジャンル
ラブコメ

インデックス

  • Session1~6

主な登場人物

♤赤井春平(あかい しゅんぺい)
赤井家の長男、中2、妹の餡子が好き

♡赤井餡子(あかい あんこ)
赤井家の長女、中2、面倒見の良いしっかりもの

♤赤井恭平(あかい きょうへい)
赤井家の次男、中2、不良のロッカー、子持ちの人妻と不倫中

♤赤井平地(あかい へいち)
赤井三兄弟の父、単身赴任で家を空けている

♡森下うづめ(もりした うづめ)
高1、雨川の元カノ

♤雨川ヒロキ(あまかわ ひろき)
中3のダブリ、恭平のバンドに参加

♤キリコ
雨川の彼女、見た目は完全に女、ギターが弾ける

♤甲斐(かい)
昔恭平のバンドと敵対していた、少年院上がり

ストーリー概要

雨川、恭平のバンド・AKAI加入

キリコ登場(Point①)

甲斐登場、恭平を探して暴れまわる
  ↓(Point②)
雨川、キリコを甲斐から隠す為赤井家に預ける
  ↓(Point③)
雨川、甲斐にやられる

甲斐、通りすがりの恭平、学校で先生、突然現れた平地に立て続けにボコボコにされる
  ↓(Point④⑤)
甲斐、恭平、春平、キリコが鉢合わせる

ポイント紹介

Point①イケてる女と不穏な男

雨川をバンドメンバーに加え三人でライブを行った恭平のバンドAKAI。ライブ終了後、雨川に近づいて来た美人は彼女のキリコだったが実は彼女は彼であった。その近くの駅では甲斐が酔っ払いをボコボコにした上、雨川達の溜まり場にも現れていた。

Point②甲斐との因縁

甲斐は昔、恭平が組んでいた伝説のバンドバトル・キッズM(当時小学生)に敵対していたメンバーだった。その時のケンカで甲斐は恭平に右目を潰されてしまう。そして、雨川、キリコも以前甲斐と付き合いがあり因縁浅からぬ仲であった。

Point③双方向の三角関係⁉︎

キリコに好きな人を聞かれた餡子の口から自然と出てきたのは恭平と春平の名前であった。それはただ単純な兄弟愛とかでは無い雰囲気を含んでいた。

Point④受難の甲斐

甲斐は精神的な不安定さがあり街中で通行人に怒鳴りつけている所を心配した餡子が声をかけてきた。甲斐が餡子の神々しさに感動していると、事情を知らないまま恭平が蹴りを一閃。気を失い学校に運ばれるとそこで武闘派教師、平地に立て続けにボコボコにされてしまう。

Point⑤出会うべくして

平地にノックアウトされた甲斐は今度は図らずも赤井家に運び込まれてしまう。そこで平地に催眠術で恭平を憎む事情を吐かされた上、因縁の相手である恭平、同居中のキリコとも顔を合わせ一触即発の状態になってしまう。

名セリフ3選

①『早く次行けよ ハゲ』

辿々しい恭平のマイクパフォーマンスに痺れを切らした雨川の言葉。結構いいコンビ。

②『春ちゃんと恭ちゃんかな・・・』

キリコに好きな人を聞かれた餡子の言葉。自然に出てきた二人の名前。

③『若いというのはいいもんだな・・・目上の者に対する口のきき方を教えてやるぞ ラッキーボーイ』

悪態をついてきた甲斐に対する平地の言葉。この後甲斐は無惨なくらいボコボコにされる。

BROTHERS(1)
BROTHERS(2)
BROTHERS(3)
BROTHERS(4)

BROTHERSBROTHERS」全4巻

 

 

主な作者関連作品

  • 「魍魎戦記MADARA(原作・大塚英志)」角川書店・全5巻
  • 「多重人格探偵サイコ(原作・大塚英志)」角川書店・全24巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました