「さよなら私のクラマー(1)・新川直司」再び女子サッカーを世界の檜舞台へ!サッカーに青春を捧げる少女たちの戦いが始まる!

さよなら私のクラマー(1)表サッカー

「四月は君の嘘」の新川直司が高校女子サッカーに切り込んでいく意欲作!2021年映画化&アニメ化決定!

タイトル
 さよなら私のクラマー(1) 
作者
新川直司
出版社・掲載誌
講談社・月刊少年マガジン
刊行日
2016年8月17日
ジャンル
サッカー
さよなら私のクラマー(1)裏

インデックス

  1. 01.ひとりぼっち
  2. 02.インパクト
  3. 03.雪の中の少女

主な登場人物

【埼玉県立蕨青南高校】

♡曽志崎緑(そしざき みどり)1年
ボランチ、中学時代全国三位の実績を持っている、言いたいことはズバズバ言うタイプ

♡周防すみれ(すおう すみれ)1年
FW、スプリント力に長けたストライカー、無口だが超負けず嫌い

♡田勢恵梨子(たせ えりこ)2年
キャプテン、MF、3年が抜けたチームを引っ張ってきた中心人物

♡恩田希(おんだ のぞみ)1年
MF、中学時代は男子サッカー部に所属、センス抜群だがメンタルにムラがある

♡越前佐和(えちぜん さわ)1年
恩田と同じ中学出身

♡白鳥綾(しらとり あや)1年
FW、お嬢様キャラでシュートセンスはゼロ、自称「サッカー界のプリマドンナ」

♤深津吾朗(ふかつ ごろう)
顧問、いつもだらけていてやる気が無い

♡能見奈緒子(のうみ なおこ)
コーチ、元日本代表のレジェンド、行き過ぎた熱血指導が持ち味

テツ、タケ、ナメック
恩田、佐和と同じ中学出身、男子サッカー部所属

【久乃木学園】

♡井藤春名(いとう はるな)1年
MF、ゲームメーカーで10番、巧みなパスセンスを持った天才プレイヤー

♡佃真央(つくだ まお)1年
DF、Uー17日本代表、絶妙なボディコンタクトで相手を封じる、無回転シュートが武器

♡梶みずき(かじ みずき)2年
FW、元Uー15日本代表の主将

鷲巣兼六(わしす けんろく)
監督、能見の師匠であだ名は「泣かない赤鬼」、全国優勝に導いた名将

ストーリー概要

曽志崎、周防と中学最後の公式戦を戦い勝利
  ↓
蕨青南高校、深津のやる気のなさに嫌気がさした3年が全員退部

曽志崎、周防を誘って蕨青南高校に入学する(Point①)
  ↓
能見、コーチとして蕨青南高校に赴任
  ↓(Point②③)
能見の顔効きで久乃木学園と練習試合(Point④⑤)

ポイント紹介

Point①次のステージへ

曽志崎と周防、中学の公式戦で何度も鎬を削り合った二人は曽志崎の誘いで同じ高校で戦おうと誓い合う。そして二人は埼玉の名門・浦和邦成・・ではなく弱小の蕨青南に入学する。監督のやる気のなさで三年生が総退部したサッカー部で新たな戦いが始まる。

Point②力強い蕾たち

三年生が抜けた蕨青南女子サッカー部だったが、ゲームメーカーの曽志崎、スピードアタッカーの周防に加えテクニシャンの恩田、お調子者の白鳥と粒揃いであった。それをまとめる田勢を含め新体制は期待に満ち溢れたものであった。

Point③しごきの鬼

蕨青南に新たにコーチとして加わったのは女子サッカー界のレジェンド・能見奈緒子だった。17歳でA代表デビューしアジア最優秀選手、ブンデスリーガ優勝など数々の栄誉に彩られた女子サッカー界の至宝は鬼のようなしごき魔であった。

Point④久乃木のロベカル

高校女子サッカー界日本一のチームである久乃木学園相手に善戦を続けるワラビーズだったが、サイドバック佃の目が覚めるような無回転シュートであっさりと失点してしまう。ブラジル代表のロベカルを彷彿とさせるシュートにワラビーズは閉口するしかなかった。

Point⑤トップオブザトップ

圧倒的な戦力と洗練された戦術でワラビーズを追い詰めていく久乃木学園において最も輝きを放ったのが1年生の10番・井藤春名であった。ソフトなボールタッチから繰り出される自由自在のパスにワラビーズDF陣は踊らされるしかなかった。

名セリフ3選

①『私と一緒にやろう 1人になんてさせないから』

周防を誘った曽志崎の言葉。孤高のウインガーにパスをするのは自分の役目だと自負していた。

②『でもさ サッカーはみんなでやった方が楽しいじゃん』

自分で打てた場面で周りを使った恩田の言葉。みんなでやってこそのサッカー。

③『女子サッカーに未来はあるのか?』

久乃木学園相手に奮闘する選手を称える能見に言った深津の言葉。女子サッカーの厳しい現実を指摘していた。

さよなら私のクラマー(1)表「さよなら私のクラマー」12巻まで

Amazonで購入

ebookjapanで購入

 

主な作者関連作品

  • 「冷たい校舎の時は止まる(原作・辻村深月)」講談社・全4巻
  • 「さよならフットボール」講談社・全2巻
  • 「四月は君の嘘」講談社・全11巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました