めぞん一刻 7巻(高橋留美子)【Luck’o書庫】File0007-07 響子さんを庇って五代くんが骨折‼︎いとこの駆け落ち騒動も相まって病院は大騒ぎ‼︎

めぞん一刻(7)Luck'o 書庫

ヒットメーカー・高橋留美子が下宿アパート・一刻館を舞台に大人の恋愛模様を描く1980年代のクラシックな雰囲気漂うラブコメの決定版!

作品情報

タイトル
 めぞん一刻(7) 
作者
高橋留美子
出版社・掲載誌
 小学館・ビッグコミック 
刊行日
1984年9月1日
ジャンル
ラブコメ

インデックス

  • Part.1 別れの18番ホーム
  • Part.2 一の瀬氏の失業
  • Part.3 一の瀬氏、走る
  • Part.4 落ちていくもの
  • Part.5 宴会謝絶
  • Part.6 駆け落ちクラッカー
  • Part.7 愛の骨格
  • Part.8 雪に二文字
  • Part.9 愛のリハビリテーション
  • Part.10 がんばってくださいね

主な登場人物

♤五代裕作(ごだい ゆうさく)
五号室の住人、浪人生

♡音無響子(おとなし きょうこ)
一刻館の新しい管理人、美人で働き者、未亡人

♡一の瀬(いちのせ)
一号室の住人、世話焼きおばさん、夫・息子の賢太郎と暮らしている

四谷(よつや)
四号室の住人、年齢・職業など一切不明な謎の男

♡六本木朱美(ろっぽんぎ あけみ)
六号室の住人、スナック「茶々丸」で勤務、裸同然で歩き回る

【音無家】

音無惣一郎(おとなし そういちろう)
響子の夫、病気で死亡

大家
響子の義理の父、一刻館の大家

♡郁子(いくこ)
惣一郎の姪、明るく元気な性格で五代を気に入っている

三鷹瞬(みたか しゅん)
テニスクラブのコーチ、爽やかな見た目で笑うと歯が光る

♡七尾こずえ(ななお こずえ)
五代の元バイトの同僚、五代が好き

♡五代ゆかり(ごだい ゆかり)
裕作の祖母、面倒見がよく孫思い

坂本(さかもと)
五代の悪友

♡晶(あきら)
五代のいとこ、恋人と駆け落ちを計画

ストーリー概要

おばあちゃん田舎に帰る

一の瀬さんの旦那登場(Point①)
↓(Point②)
五代ー響子を庇って足を骨折し入院する
↓(Point③)
いとこの晶が駆けつける

晶ー恋人と駆け落ち未遂

五代ー駆け落ち騒動で再び骨折

三鷹ーわざスキーで骨折し五代の病室に入院する(Point④)

五代、三鷹ー退院

リハビリ後響子への不満で意気投合(Point⑤)


五代ー落第スレスレで試験

ポイント紹介

Point①親近感

五代は初めて一の瀬さんの旦那と顔を合わせた。一刻館の面々は普通の人と生活サイクルが違うため会社員の一の瀬氏とは会う機会がなかったのだ。存在感が薄く薄幸そうな上、無職になってしまい切なさこの上ないのだが一の瀬氏は五代に同じ人種の空気を感じていた。

Point②きっぱり・・・と

五代はこずえの誘いに甘えているうちに結婚を前提とした付き合いだと両親に勘違いされている事実に危機感を覚え、響子の手前もありきっぱりと関係を清算しようと思っていた。意を決してこずえと会ってみるといつも通りズルズルとプレゼントを受け取ってしまい、それが元で響子との喧嘩に発展してしまう。

Point③雰囲気止まり

響子を庇って二階から落ちた五代は足を骨折してしまい病院へと運ばれていく。しばらく入院することになったが、罪悪感を感じた響子が甲斐甲斐しく身の回りの世話をしてくれる間に少しでも距離を縮めたいと思うのだがいい所でいつも邪魔が入ってしまうのであった。

Point④病室に光る歯

年が明け病室を騒がせていた面々それぞれの年始を迎える為帰っていった。ようやく響子と二人きりになって距離感も近付いて来た所で病室の隣のベッドに患者が入る。彼はスキー場で足を骨折し、五代が入院する病院の病室まで指定してきたという。そう、三鷹であった。

Point⑤昨日の敵は今日の友?

病院を退院したものの松葉杖生活が続く五代と三鷹は病院で顔を合わせる機会があり、お互い響子に距離を置かれている現状の不満を吐露する。意気投合した二人はそのまま屋台でひたすら酒をあおり、響子に直接文句を言っていやろうと宣言するのであった。果たして・・。

名セリフ3選

①『なんせ、普通に朝起きて夜寝てますとねー、ほんっとにみなさんの時間帯に合わないみたいで。』

一の瀬氏の言葉。自堕落な一刻館の住人たち。

②『あれは・・気の迷いなんかじゃなかった。あの時・・本当にどうなってもいいって・・』

ふらつく五代を支えた時に抱き合う形になった心情を思い出す響子の言葉。

③『五代さん・・一年くらい・・一年くらい私待ちますから・・』

響子のせいで試験に間に合わず浪人が確定した五代への響子の言葉。後に時間を間違えていた事が判明した無事進級した代わりに口を聞いてもらえなくなった。

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました