きまぐれオレンジ☆ロード① 1~10巻(まつもと泉)【Luck’o書庫】漫画あらすじ全巻紹介 File0011-01

Luck'o 書庫

こんにちはLuck’oです

Luck'o
Luck’o

Luck’o書庫へようこそ!

ここは連載漫画のシリーズを簡単にまとめたものです

これを見る事であなたは

・シリーズ全体のあらすじが把握出来ます
・大まかな登場キャラクターがわかります
・買った気になります(イヤ!購入の参考にしてね)

きまぐれオレンジ☆ロード

今回ご紹介するのは「きまぐれオレンジ☆ロード」です

タイトル
 きまぐれオレンジ☆ロード 
作者
 まつもと泉 
巻数
全18巻
掲載誌
週刊少年ジャンプ
ジャンル
ラブコメ

第1巻

刊行日

1984年10月15日

主な登場人物

♤春日恭介(かすが きょうすけ)
中学三年、超能力一家の長男、優柔不断

♡鮎川まどか(あゆかわ まどか)
中学三年、札付きの不良

♡檜山ひかる(ひやま ひかる)
中学一年、まどかの不良仲間、惚れっぽい性格

♡春日くるみ・まなみ(かすが くるみ・まなみ)
中学一年、恭介の双子の妹
食いしん坊のくるみ、お母さんみたいなまなみ

♤春日隆(かすが たかし)
恭介の父親、職業カメラマン
超能力は使えない一般人

♤小松(こまつ)
恭介のクラスメイト、軟派だがモテない

♤マスター
喫茶店abcb(アバカブ)のマスター

あらすじ

新しい町に引っ越してきた春日恭介は小高い公園の階段で真っ赤な麦わら帽子の女の子と出会う

彼女の名前は鮎川まどか

学校では名の通った不良だったが公園で会った彼女は飾りっ気のないごく普通の女の子だった

どちらが本物の彼女なのだろうか?

春日家が7回も引っ越している理由は何を隠そう母方が超能力一家の家系でその素性がバレそうになるたびに引っ越しを繰り返していたのである

体育の授業でまどかに良い所を見せようとした恭介は咄嗟に能力(ちから)を使いそうになるが思いとどまって鈍臭い男で終わってしまう

放課後、恭介はやるせない気持ちで体育館の端から能力を使ってゴールを決めると、それを陰から見ていたひかるが一目惚れしてしまいまどかと微妙な三角関係に陥ってしまう

第2巻

刊行日

1985年2月15日

主な登場人物(新規)

♤火野勇作(ひの ゆうさく)
まどか、ひかるの幼なじみ
ひかるの事が好き、空手有段者

あらすじ

ひかるの勉強を名目にした積極的なアプローチに悪い気はしない恭介だったが、本命のまどかとも勉強会の約束をしてしまいダブルブッキングのピンチに陥ってしまう!

街で会ったまどかの行きつけのお店で口当たりのいいカクテルを飲んでいるうちに酩酊してしまった恭介は、まどかに肩を借りながらの帰り道でふらついた勢いでまどかの唇に顔をよせていくが・・

最近学校でやたら視線を感じる恭介が校舎に目をやるとそこには一人の男子生徒の姿があった

彼はなにやら恭介の動向が気になるらしく放課後、後をつけてみると代わる代わる女性と仲睦まじく談笑していた

その中には知り合いのまどかやひかるの姿もあった・・・

彼の正体は一体⁉︎

第3巻

刊行日

1985年5月15日

主な登場人物(新規)

なし

あらすじ

ひかるはまどかと民宿に泊まる予定をしていたが偶然手に入った同じ宿のペアチケットを恭介に渡して海で合流しようと企てていた

それを知らない恭介はチケットでまどかを海に誘いOKをもらって有頂天になっていた

まどかがひかるに断りを入れようとすると、なぜか彼女は恭介が海に来ることを知っていたため恭介の言葉を疑いチケット勇作に渡してしまう

電車で勇作と鉢合わせた恭介は事情がわからないまま海に行くとそこにはご機嫌のひかると不機嫌なまどかが並んで待っていた・・・

海水浴での幽霊騒動、無人島での遭難やまどかのアメリカ引っ越し騒動、遊園地でのダブルブッキングなどを含めた第3巻

第4巻

刊行日

1985年8月15日

主な登場人物(新規)

♤沢田秀一(さわだ しゅういち)
まどかのいとこ、バンドのリーダー

あらすじ

まどかに知らない男の影がちらつき気になった恭介がひかるに誘われてライブハウスに行くとそこにはステージでキーボードを弾くまどかの姿があった

いとこの秀一がリーダーを務めるバンドのヘルプに入っていたと聞かされ一安心の恭介であった

小松と高原のペンションに出かけるとそこにはバンドの合宿で来ていたまどかとひかるの姿があった

ひかるそっちのけで恭介とまどかがテニスに興じていると、暇を持て余したひかるが釣りをしている小松の所に行って池に落ちてしまう

そそっかしいひかるを叱咤した恭介にひかるの不満が爆発する!

くるみとまなみの抗争、まどかの怪我、アバカブの泥棒騒動、恭介のWデートなどを含めた第4巻

第5巻

刊行日

1985年11月15日

主な登場人物(新規)

♤一弥(かずや)
恭介のいとこ、5歳、テレパシーが使える

あらすじ

恭介のいとこに当たる一弥の見た目は10年前の恭介そのものだったが、彼も超能力家系の一人でテレパシー能力の使い手であった

しかし5才児らしく何も考えずに人の思考を口にすることから恭介はピンチに陥ってしまう

一弥に思考が伝わることを自分の能力と勘違いした恭介はまどかの心の内を読み取ろうと試みるが・・・

小松主催のクリスマスパーティーは男女一組での参加が義務付けられていた

何も考えずひかるの申し出を受けた恭介だったが後でまどかがクリスマスを一人で過ごしていると聞かされて後悔する

なんとかしたいと願いながら階段を踏み外して目が覚めると恭介はクリスマスの朝に戻っていた

今度こそはとまどかの元に駆けつけるが・・

ひかるが死ぬ予知夢、落第寸前の恭介がまどかを怒らせて池に突き落とされ風邪をひいてしまう、大晦日に行き倒れる恭介などを含む第5巻

第6巻

刊行日

1986年2月15日

主な登場人物(新規)

なし

あらすじ

前回のスケートの一件以来すっかりまどかの信用をなくしてしまった恭介は、学校でも彼女を避けるようにやり過ごしていた

そんな恭介に救いの手を差し伸べた一弥が提案してきたのは身体を入れ替えるという突拍子もないものであった

半信半疑で言われるままに頭をぶつけ合うと目の前にはこっちを見ている自分がいた・・

まどかたちとスキーに出かけた恭介は、ひかるとの仲が面白くない勇作に罠を仕掛けられてしまう

何とか罠をやり過ごした恭介とまどかは営業終了間際のロープウェイに乗り込むが、手違いで電源を落とされ山の中腹で取り残されてしまう

このままでは二人とも凍死してしまう危機にさらされた恭介は能力でロープウェイを動かそうとするが・・・

バレンタイン、恭介進学の危機、まどかの家出などを含む第6巻

第7巻

刊行日

1986年5月15日

主な登場人物(新規)

♡あかね
恭介のいとこ、変身能力が使える

あらすじ

無事高等部への進学を果たした恭介だったが、クラス分けの掲示板を見て他のクラスに鮎川の苗字があるのが目に入り落胆してしまう

その恭介をよそに中庭を挟んだ中等部の教室に入ったひかるはいたくご機嫌であった

恭介がもう一度願をかけて能力で掲示板を見てみると・・

恭介のいとこのあかねが突然家に押しかけてきた

彼女は隣町の女子校に通っており変身能力が使えるのだが第三者には通用しないという欠点もあった

そんな彼女が無遠慮に春日家にいる所をひかるに見られてしまいあらぬ誤解を受けてしまう

気を利かせたあかねは変身能力を使ってひかるの誤解を解いてくれるが行き過ぎた代償は恭介の身に返ってきてしまうのであった

まどかとの勉強会に備えて真面目になる催眠術をかけようとした恭介は間違えてHになる催眠術をかけてしまう

そのせいで「H」という言葉を聞くたびにスイッチが入りまどかに不埒な行動を働こうとしてしまうのだが・・

まどかの家出解決編、一弥の二股疑惑、あかねとまどかの対面を含む第7巻

第8巻

刊行日

1986年8月15日

主な登場人物(新規)

♤原田真一(はらだ しんいち)
中学二年、不良でひかるのことが好き

あらすじ

町でフォトコンテストが開かれている最中、恭介は父に頼まれてカメラをスタジオに届けにいく

途中でまどかに会いカメラの話で盛り上がっていると恭介は持っているカメラでまどかと写真を撮ろうとするが、夜回りの警官に見つかると二人の逃避行が始まる

恭介との仲が進展せず落ち込んでいるひかるをまどかは沖縄旅行に誘う

それを聞きつけたあかねは自分が沖縄行きたさに恭介を焚きつけて二人を追いかけて沖縄へと飛ぶ

二人と合流した恭介は夕食で酒を飲みすぎて泥酔し、ひかるに送ってもらうとその間にまどかとあかねがナンパに捕まってしまう

酒の影響もあり力が出ないまどかにピンチを聞きつけた恭介が怒りの能力をお見舞いする

ある日ひかるは学校でラブレターを受け取る

相手は同級生の原田真一で不良だがひかる好みのイケメンであった

心配する恭介の耳に原田の仲間からよからぬ計画の話が入ってきてひかるを助けるために原田が呼び出した場所に向かってみると・・

まどかの誕生日、フォトコンテスト、並行世界へのトリップなどを含む第8巻

第9巻

刊行日

1986年10月15日

主な登場人物(新規)

♤じいちゃん♡おばあちゃん
恭介の母方の祖父母、能力を持つ一族で人前でも平気で使う

あらすじ

まどか達とキャンプに出かけた恭介だったが、出発前に宿題を片付けようと自分に暗示をかけようとする

そこでお約束の茶々が入り「ふたりっきりになったらチャンス」という暗示をかけたままキャンプに出かけてしまい・・

恭介は途中で荷物を落とす失態をした上、嵐にも見舞われキャンプどころではない状況に陥ってしまう

さらに暗示で気を失ったまどかを襲いそうになっていた所を突然現れた老人によって正気に引き戻される

よく見るとその人は恭介の母方のおじいちゃんであった

新学期早々体調を崩してしまった恭介は家に誰もいない家に帰るとあかねに看病を頼もうと電話するが間違えてアバカブに電話してしまう

電話を取ったまどかが恭介の家に駆けつけて看病してくれるが、恭介はその朝嫌な予知夢を見ていた・・

肝試しのまどか、恭介のプール騒動、妄想カメラなどを含む第9巻

第10巻

刊行日

1986年12月10日

主な登場人物(新規)

♡杉ひろみ(すぎ ひろみ)
恭介の中学時代の同級生

あらすじ

ひかると遊園地に出かけた恭介はジェットコースターの怖さのあまりこの場所から逃げ出したいと願ってしまう

すると場所は変わっていなかったが抱きついていたひかるが恭介の事を知らず殴りかかって来る

訳がわからないまま逃げ出した恭介が見た世界はいつもの日常ではなかった

知らない世界の鮎川まどかは番長連合に拐われてしまう

それを放っておく恭介ではなく、ひかるから情報を集めて番長のアジトへと乗り込んでいくとそこには見慣れた顔の人物がいた

今日はヒーローになれるのか?

新しく恭介のクラスに転入してきた転校生は中学時代にゆかりのあった杉ひろみという女の子であった

彼女は恭介との縁を例えて事あるごとに運命の人と呼んでくる為、まどかやひかるの手前後ろめたくないのに気が気ではないのであった

ひかるの大人ファッション、小松のビデオ映画撮影、ひかるの誕生日、キノコ狩りなど含む第10巻

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

きまぐれオレンジ☆ロード②11~18巻【Luck’o書庫】へ続きます

コメント

タイトルとURLをコピーしました