ブルーロック① 1~10巻(ノ村優介/原作・金城宗幸)【既刊あらすじ】File0005-01

ブルーロック(10)スポーツ
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくあらすじ紹介をします

これを見る事であなたは

・シリーズ全体のあらすじが把握出来ます
・大まかな登場キャラクターがわかります
・買った気になります(イヤ!購入の参考にしてね)

作品情報

今回ご紹介するのは「ブルーロック①」1~10巻です

タイトル
 ブルーロック 
作者
 ノ村優介(原作・金城宗幸) 
巻数
1~連載中
掲載誌
週刊少年マガジン
ジャンル
サッカー

第1巻

刊行日

2018年11月16日

主な登場人物

♤潔世一(いさぎ よいち)
高校2年生で埼玉県の一難高校所属のFW、ストライカーとして優秀な反面周りの空気に任せてしまい思いきりが足りない所がある

♤吉良涼介(きら りょうすけ)
埼玉県松風黒王高校のFW、自他共に認める日本サッカー界期待の若手

◇ブルーロック関係者◇

♤絵心甚八(えご じんぱち)
ブルーロック専属のコーチ、ストライカー育成の為には多大な犠牲も厭わないアブナイ考え方の持ち主

♡帝襟アンリ(ていえり あんり)
日本フットボール連合職員、ブルーロックの発起人

♤不乱蔦宏俊(ぶらつた ひろとし)
日本フットボール連合会長、金儲けにしか興味がない

◇その他◇

♤ノエル・ノア
ヨーロッパ最優秀選手、フランス代表FW

♤糸師冴(いとし さえ)
レ・アールに所属しているMF、日本人のレベルを超越しているため日本サッカーに興味がない

◇ブルーロックチームZ◇

♤蜂楽廻(はちら めぐる・290位)
テクニシャン

♤國神錬介(くにがみ れんすけ・291位)
パワーシューター

♤久遠渉(くおん わたる・293位)
長身

♤雷市陣吾(らいち じんご・294位)
持久力王

♤我牙丸吟(ががまる ぎん・296位)

♤成早朝日(なるはや あさひ・297位)

♤五十嵐栗夢(いがらし ぐりむ・300位)
目下最下位

♤今村遊大(いまむら ゆうだい・?)

♤伊右衛門送人(いえもん おくひと・?)

♤千切豹馬(ちぎり ひょうま・?)

あらすじ

【世一】
選手権予選の決勝でゴールのチャンスをチームプレーでダメにしてしまった事を後悔していた

そんな世一の元に日本フットボール協会から手紙が届く

【日本フットボール協会】
絵心甚八の完全監修の元、ストライカー養成施設「ブルーロック(青い鳥籠)」を開設する

全国から高校生ストライカー300人を集めてセレクションを行い、上位5人はUー20日本代表に無条件で選出され残る295人は二度と代表には呼ばれなくなる過酷な競争を強いる

【世一】
憧れの世界最高ストライカーであるノエル・ノアのようになりたいと思いブルーロックへの参加を決意するが最初の順位は300人中299位だった


〈ブルーロック最初の試練・136秒間の鬼ごっこ〉

・世一が振り分けられた部屋にいたのは自分を入れて12人

そこには選手権予選決勝を戦った日本サッカー界期待の選手・吉良涼介の姿もあった

そこで課された最初の試練は136秒間の鬼ごっこで、タイムアップ時に鬼だった選手はその場で退場となるサッカー人生を賭けた鬼ごっこだった

【世一】
他の選手の特徴を掴みながら逃げ回るが鬼になってしまう

タイムアップが迫る中、300位の栗夢が足を痛めて動きを止めるが、上に上がっていくには上位を倒さなければ意味がないと部屋の中で一番ランクの高い吉良を狙うと決める

戦績&脱落

(脱落)吉良涼介他25名脱落

第2巻

刊行日

2019年1月17日

主な登場人物(新規・変更)

◇チームX◇

♤馬狼照英(ばろう しょうえい・250位)
王様

◇チームY◇

♤大川響鬼(おおかわ ひびき・254位)

♤二子一揮(にこ いっき・255位)

あらすじ

〈ブルーロック一次選考 5チーム総当たりグループマッチ〉

・鬼ごっこで残った275名をランク順に11名ずつのチームに分けブルーロックにある5つの棟にそれぞれ5チームずつ振り分け総当たり戦を行う

上位2チームは無条件で二次選考に勝ち上がり、脱落した3チームの得点王3名も二次選考へ上がることが出来る


【世一】
第伍棟の最下位であるチームZに編入される

〈一次選考 第一試合 対チームX〉

・FW22人で行われる試合は全員がゴールを決める為に秩序もなくボールを追いかける子供のダンゴサッカー以下のものであった


・チームXは強烈な「個」を持つ馬狼照英を中心に徐々にまとまり始めるが、チームZは最後までチームとしてのプレーが出来ず大敗を喫する事になる


【世一】
自分にプレイヤーとしての絶対的な特徴がない事に気づく


〈一次選考 第二試合 対チームY〉

・ローテーションでFWを持ち回る「次俺9作戦」を実行するが、あえなく敵のカウンターにはまり失点してしまう


【世一】
フィールドの中の危険な空気を察知できる感覚に目覚める

世一がチームYで危険と認定したのはスコアラーの大川ではなく、ゲームを組み立てていた二子であった

戦績・脱落

●1-5 チームX

○2-1 チームY

〈脱落〉チームY

第3巻

刊行日

2019年3月15日

主な登場人物(新規・変更)

◇チームV◇

♤剣城斬鉄(けんじょう ざんてつ・223位)

♤御影玲王(みかげ れお・222位)

♤凪誠士郎(なぎ せいしろう・221位)

◇チームW◇

♤鰐間淳壱(わにま じゅんいち・233位)
鰐間兄弟の兄、無口で感情の全てを表情で表す

♤鰐間計助(わにま けいすけ・232位)
鰐間兄弟の弟、兄のコメント時に盛って翻訳する

あらすじ

【チームZ】
相性の良いFW3人ずつが30分×3組でローテーションする「3×3オールスター作戦」でチームW戦に挑む


〈一次選考 第三試合 対チームW〉

・チームWの要注意人物は双子のストライカー鰐間兄弟。二人のコンビプレーで王様・馬狼のチームXにも勝利していた


【チームZ】
イガクリ、久遠、今村の第一3トップは久遠の高さを活かした攻撃で連続得点を決める(2-0)、続く雷市、成早、我牙丸の第二3トップに変わっても久遠が好調でCKから得点し前半でハットトリックを決める(3-0)

・後半に入り久遠のミスからあっという間の3失点すると、久遠が自分の3得点と引き換えにチームZを裏切った事実が発覚しここから12人対10人の試合になってしまう(3-3)

・チームWの流れを止められずあっさりと鰐間にゴールを許す(3-4)


【チームZ】
第三3トップは世一、蜂楽、國神


【千切】
高校時代に鰐間兄弟と同じ学校だった事が発覚

一年年下の千切は自分の才能を盾に鰐間兄弟からマウントを取るが、左膝を怪我して以降は再発を恐れ実力を発揮できなくなっていた


【伊右衛門】
引分けに持ち込めば勝点で望みを残す為、何としても同点にしろとハッパをかける

・世一の諦めないプレーから千切の情熱に火がつきスピードスターの特性を復活させる。走り込んだ千切に世一がパスを出すと自分のパスを自分で受ける俊足っぷりを発揮し一気にチームWゴールを陥れる(4-4)


【チームZ】
辛くも勝点1を獲得し首の皮一枚残ったが、最終戦の相手はここまで全勝のチームVだった

戦績・脱落

△4-4 チームW

〈脱落〉チームX

第4巻

刊行日

2019年6月17日

主な登場人物(新規・変更)

なし

あらすじ

【チームZ】
最終戦でチームVに勝てば勝ち抜けのシンプルな状況。


【世一】
チームV戦を前に馬狼からストライカーとしての極意を学ぶべく1on1で感覚に磨きをかける


〈一次選考 最終戦 対チームV〉

・伍号棟のトップランカー・凪誠士郎の圧倒的才能の前にチームZは手も足も出ず、凪に2ゴール、斬鉄に1ゴールを許しあっというまの3失点(0-3)


【蜂楽】
逆境に一人だけテンションが上がり玲王、斬鉄をぶっちぎるドリブル突破から1点を返す(1-3)


【チームZ】
それぞれの特徴を限界突破させる事で勝利に近づくという國神の言葉に従いそれぞれが持つ特徴を意識してプレーし始める


【國神】
相手を背負いながらの無回転スーパーロングシュートが決まって前半終了(2-3)

・世一が自分の特徴に覚醒しかけている頃、雷市は自慢のスタミナによる徹底マークで玲王をイラつかせ、千切は斬鉄とのスプリント勝負で勝機を見出しゴールを決める(3-3)

戦績・脱落

試合中・・

第5巻

刊行日

2019年8月16日

主な登場人物(新規・変更)

♤糸師凛(いとし りん)
最初に二次選考に入って行った謎のスーパーテクニシャン

あらすじ

・チームZが完全に流れを支配し玲王にすら敗北が過ぎり始めたその時それまでずっと受動的だった凪が自分の意思で動き出す

【凪】
チームZに刺激された凪が自らボールを呼び込み斬鉄を使ってボールを運ばせると最後は神トラップからの0度シュートを決める(3-4)

【チームZ】
世一が予測から千切のポストプレーに入るとそのままシュート

ポストの跳ね返りを我牙丸のシュートは飛び込んだ玲王がブロック

更に詰めた國神のキャノンシュートが決まり同点(4-4)

・チームVカウンターのチャンスで凪が世一をかわして決定的チャンスを作るが、それまでチームW戦の裏切り行為でピッチ脇にいた久遠が凪を引き倒して決定機を阻止する。久遠は退場処分

・玲王のFKを伊右衛門が凌ぎその後の波状攻撃を止めたチームZ最後のチャンスボールは世一の足元へ

【世一】
千切、蜂楽、國神を引き連れてチームVゴールへと向かう

最後はフィニッシュポイントに迫った凪をダイレクトシュートで振り切りゴール(5-4)

・チームZ勝利で試合終了

〈一次選考 最終結果〉

勝ち抜け チームV・チームZ

得点王勝ち抜け 鰐間淳壱・二子一揮・馬狼照英

以上25名

【ブルーロック】
一次選考は全ての棟が伍号棟のチームV~Zで戦っていた事を知る

それを抜けてきた25名×5棟=125名が二次選考に入っていく

二次選考は1~5のステージがありそれを抜けると世界トッププレイヤーとの強化合宿に参加となる

戦績・脱落

○5-4 チームV

〈脱落〉チームW・X・Yの各10名×3チーム×5棟=150名

第6巻

刊行日

2019年10月17日

主な登場人物(新規・変更)

♤蟻生十兵衛(ありゅう じゅうべえ)
長身でリーチに長けたプレイヤー、不必要にオシャにこだわる

♤時光青志(ときみつ あおし)
フィジカルモンスター、病的なまでにネガティブ

あらすじ

〈二次選考 1st STAGE vsBLUELOCK MAN〉

・1stステージはホログラムGK・ブルーロックマンから90分以内に100ゴール奪う事が突破の条件

【世一】
ダイレクトシュートへ持っていくための公式を会得して1stステージを突破する

〈二次選考 2nd STAGE 3人1組を作る〉


【世一】
蜂楽と玲王とのペアを解消して合流した凪の3人でチームを作る

〈二次選考 3rd STAGE 3vs3チームバトル 奪敵決戦〉

・5点先取チームが勝利し敗者チームから1名奪い次の4vs4ステージへ進む。最終的に5人チームになって5thステージに辿り着いたチームが三次選考に進む

【世一】
凛・蟻生・時光チームとの試合を決める

〈二次選考 3rd STAGE 3vs3 対チーム凛・蟻生・時光〉

・世一の新ダイレクトシュートで幸先よく先制するが、凛のテクニック、蟻生のリーチ、時光のフィジカルに圧倒されあっという間に1-3にされる

・蜂楽と凪のコンビネーションで1点返すが、後は凛に全て踊らされる形で終戦(2-5)

【世一・凪】
2vs2の2ndステージに逆戻りになる

戦績・脱落

●2-5 チーム凛・蟻生・時光

第7巻

刊行日

2020年1月17日

主な登場人物(新規・変更)

なし

あらすじ

【世一】
2vs2のマッチングで成早の挑発に乗って試合を受ける

〈二次選考 2nd STAGE 2vs2 対チーム馬狼・成早〉

・試合は凪と馬狼が点を取り合うシーソーゲームになるが、試合に入れない世一は格下扱いしていた成早にまで出し抜かれてリードを許してしまう

【世一】
4-4で迎えた最終局面で成早のスキル「オフ・ザ・ボール」をインプットして馬狼の死角から抜け出してゴールを決める

【世一・凪】
馬狼を加えて再び3rd STAGEに挑む

【世一】
馬狼からストライカーのヒントを得ようと日課のフィジカルトレーニングに参加する

【世一・凪・馬狼】
3vs3の対戦相手が千切・國神・玲王に決まる

戦績・脱落

○5-4 チーム馬狼・成早
〈脱落〉成早朝日

第8巻

刊行日

2020年3月17日

主な登場人物(新規・変更)

なし

あらすじ

〈二次選考 3rd STAGE 3vs3 対チーム千切・國神・玲王〉

・序盤0-2から凪とのコンビネーションで1点を返すが、想定して以上に馬狼がワンマンプレーに拘りチームプレーで攻撃出来ない

【世一】
馬狼抜きで攻撃を組み立てる事を決意する

相手にとって存在感のある馬朗を囮りに使う事でオフ・ザ・ボールからゴールを狙う

それでも自分のプレーに拘る馬狼から勝利する為のパスを引き出す事で彼のプライドをズタズタにしてしまう

・4-4の局面で玲王が千切にパスする事を見越した世一と凪は千切からではなくパスの途中でボールを奪い取る賭けに出る

【馬狼】
フィールドでの主役の座を奪われ心折れるが、カウンターのチャンスで足元に来たボールを最後の最後で味方にパスするのをやめる

無理矢理奮いおこした心が「突進×弾き」のスキルに覚醒しゴールを決める

・チーム世一・凪・馬狼勝利


戦績・脱落

○ 5-4 チーム千切・國神・玲王

第9巻

刊行日

2020年5月15日

主な登場人物(新規・変更)

なし

あらすじ

【世一・凪・馬狼】
千切を加えて4thステージへ進む

【蜂楽】
芸術家の母のアドバイスを聞いて自分がイメージしたかいぶつとサッカーをしているうちに周りのレベルからかけ離れてしまうようになる

かいぶつのイメージと同じプレイヤーを求めてブルーロックの門を叩くと、そこで出会った世一にかいぶつと同じ空気を感じ彼を信じるようになっていた

〈二次選考 4th STAGE 4vs4 対チーム凛・蟻生・時光・蜂楽〉

・マッチアップ決定 千切vs蟻生、馬狼vs時光、凪vs凛、世一vs蜂楽

・馬狼→世一→凪→千切と四人の化学反応長連動でゴールを決める(1-0)

・凛の個人能力と蜂楽のイメージパスから蟻生のヘッドであっさりと逆転を許す(1-2)

【凪】
最強の三人に化学反応を与える蜂楽の存在に刺激を受け、世一・凛を超えるスーパートラップからのゴールを決める(2-2)

戦績・脱落

試合中・・・

第10巻

刊行日

2020年8月17日

主な登場人物(新規・変更)

なし

あらすじ

【凛】
同点に気分を害し、味方だけでなく敵までも思いのままに操る「支配的傀儡サッカー」を展開し蜂楽のゴールにつなげる(2-3)

【馬狼】
展開の読み合いを繰り広げる世一と凛からボールを奪うタイミングを窺っていた

味方すらも予想しない強奪プレーは凛の先読みのイレギュラーとして存在感を示す(3-3)

・馬狼の制し方で試合の行方が決まると踏んだ世一と凛が繰り返すバトルに蜂楽は胸踊らせて自分も参加しようとするが、最早別次元の戦いをしている二人に蜂楽の姿は映っていなかった

・全員の消耗が激しい中、フィジカルモンスター・時光を止められず与えたFKを凛が決めて王手をかける(3-4)

【世一】
凛のFKから今までと別の視点で自分を使う事で凛を喰う為のヒントを得る

次の攻撃で世一のラストプレーを完全に読み切る凛から逆算したプレーでゴール前までボールを運び、最後のプレーのみを修正し集中する事で凛の読みを完全に超えてゴールを決めて見せる(4-4)

・世一の渾身のコンビネーションから打ったシュートはゴールギリギリでブロックに入った凛に防がれてボールは蜂楽の元に転がっていく

【蜂楽】
世一と凛に置いていかれるのを恐れた蜂楽はかいぶつに別れを告げて自分で包囲網を切り抜けるドリブルで凪、千切、馬狼をかわして最後の選択もパスではなくストライカーとして自分で決めるべくシュートを放つ

・一連の蜂楽の行動を信じて回り込んでいた世一がシュートをブロックするが無情にもボールは凛の元に飛んでいき決着をつけるゴールを決められる(4-5)

〈チーム凛・蟻生・時光・蜂楽 勝利 5thステージに進出〉

【凛】世一を指名してチームに加える

見出し

●4-5 チーム凛・蟻生・時光・蜂楽

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

【ノ村優介】

【金城宗幸】

Luck'o
Luck’o

レビューもありますので
よかったらチェックしてみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました