電影少女 11巻(桂正和)【Luck’o書庫】漫画あらすじ全巻紹介 File0020-11

電影少女(11)Luck'o 書庫

こんにちはLuck’oです

Luck'o
Luck’o

Luck’o書庫へようこそ!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく全巻のあらすじ紹介をします

これを見る事であなたは

・シリーズ全体のあらすじが把握出来ます
・大まかな登場キャラクターがわかります
・買った気になります

・懐かしい気持ちになります

※言うまでもなく多分なネタバレを含んでいます。ストーリーを知りたくない人はブラウザバックをお願いします

今回ご紹介するのは「電影少女」11巻です

簡単な内容紹介

電影少女は桂正和先生の代表作のひとつで1989年から1992年まで週刊少年ジャンプで連載されました

内容はあい編と恋編に分かれますが一般的に有名なのはあい編かなと思います

コミック作品にとどまらず映画(1991)、ドラマ(2018)、OVA(1992)、ゲーム(1999)など幅広いメディアで取り扱われ今でもファンは多い作品です

作品情報

タイトル
 電影少女 
作者
 桂正和 
巻数
全15巻
掲載誌
 週刊少年ジャンプ 
ジャンル
SF、恋愛

第11巻

電影少女(11)

刊行日

1992年5月13日

サブタイトル

CHAPTER90 気持ち美人

CHAPTER91 苦しい顔

CHAPTER92 言ったじゃない!

CHAPTER93 ダメな人間

CHAPTER94 運命の瞬間

CHAPTER95 夏美の残したもの

CHAPTER96 ウソ

CHAPTER97 夢のつづき

CHAPTER98 オレはもえみちゃんが好きです

主な登場人物(新規・変更)

♤清水浩司(しみず こうじ)
21歳、夏美の元交際相手、ダンサー

♡ナツミ→山口夏美(やまぐち なつみ)

あらすじ

・あいは衰弱していく夏美の力になろうと、彼女の恋人だった清水が働いているディスコに乗り込んでいく
しかし清水はあいの言葉に耳を貸すことなく別の恋人と店を後にする
あいは夏美の事を聞いて一瞬表情が変化した事を見逃さなかった

【洋太】あいが見つからず絵本の話が暗礁に乗り上げる

【夏美】あいにもう病院に来ないよう怒鳴りつける
彼女なりの気遣いだったが、その後意識を失ってしまう

「ふん!自分の恋もまんぞくにできねーくせに人の恋の世話ができんのかよ・・」

・貴志はもえみ襲撃を指示した男と清水が働くディスコが同じだった事から騒動後、清水に謝られ仲良くなっていた。清水も孤独で話し相手を求めていた

・清水は夏美の莫大な治療費を得るために、ディスコのオーナーの娘の恋人になりデビューの機会を伺っていた
やっと大きな契約を目の前にしておりここで夏美の元に行く訳には行かなかった

【あい】貴志の手引きで再びディスコに突入し清水に夏美が危篤だと伝える

【夏美】絵本の仕事を断られ自失状態の洋太の元に現れ、あいの所に誘導する
直後、あいや駆けつけた清水に見送られ息を引き取る

「さっ・・立てよ キミの手を引くのこれが最後だからな」

・病院で夏美との別れを済ませたあいと洋太は一旦別れるが、後日あいが洋太の家にひょっこり現れ共に時間を過ごす

【清水】オーナーの娘を裏切った事でデビューの道が絶たれる
岡山に帰ってやり直す決意をする

【もえみ】父親から海外赴任の話を聞かされ家を飛び出す
洋太に会いに行くと駅であいと戯れる姿を目撃してしまう

・もえみは洋太の家に行きたがったが洋太はそれを拒否する
一旦引き下がったもえみは、翌日待ち合わせ休日の学校へと向かう
そこでもえみは洋太にキスをせがんだ後、服を脱ぎ始める
もえみの気持ち察した洋太は彼女と別れる覚悟を持っていながら抗いがたい状況に瀕していた

「もう・・ひとりぼっちにしないで・・」

レビュー

11巻です

ここまで電話でしか出てこなかった夏美の恋人・清水が登場します

彼も夏美を愛するがゆえに彼女を裏切ったフリをしてまで治療費に充てる大金を手にしようと足掻いていた不器用者です

この漫画は不器用者の集まりです

だから上手くいかなくていい恋がなく、みんな苦しい思いをしています

洋太に限らずみんなGOKURAKUに入る権利があるように見えます

いい奴ばっか

ビデオボーイもいるんだろうか?(笑)

夏美は最後には報われましたが経緯を考えると残念な結末だった気がします

清水が東京に行かなければ同じ余命でももっと豊かな最後だったのかなと妄想してしまいます

タラレバですけどね

夏美も清水も一生懸命生きた結果なのでしょう

伸子との恋が終わり、貴志が去り、夏美の恋も結末を迎え残るは洋太、あい、もえみに絞られてきました

もう邪魔者は入りません

洋太がどちらかを選ぶ前にもえみが猛アプローチをかけてきました

桂先生の漫画のいい所は純愛でも身体は正直ってとこですね(笑)

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらで↓↓↓

主な作者関連作品

年表を見る→Luck'o List by 桂正和

Luck'o
Luck’o

ギリギリの精神状態のまま12巻に続く!

コメント

タイトルとURLをコピーしました