花園さんちのふたごちゃん 2巻(北島音奈)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0077

花園さんちのふたごちゃん(2)新刊コミックレビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは2/9発売の
「花園さんちのふたごちゃん」2巻(北島音奈)です

現役アイドルの百合子と幼馴染の多々良がデートしている所を新聞部にスクープされてしまい、双子の姉・蘭子が身代わりになって多々良と交際宣言をして始まった三角関係がどうなっていくのでしょうか?

北島音奈先生のつぶやきはこちらからチェック!→北島音奈Twitterリンク

この漫画のジャンルは「ラブコメ・双子」です

サブタイトル

  • 第8話 すみれ①
  • 第9話 すみれ②
  • 第10話 すみれ③
  • 第11話 ビーチ・クライシス
  • 第12話 温泉・クライシス
  • 第13話 まりっちからの指令
  • 第14話 ベッドルームの葛藤
  • 第15話 百合子のお仕事
  • 第16話 二つのお願い
  • 第17話 水族館デート with ふたご①
  • 第18話 水族館デート with ふたご②

主な登場人物(新規)

♡小山すみれ(こやま すみれ)
高1、漫画研究部、コミュ障

♡まりっち、馬場、佐瀬古(1巻から登場)
蘭子の友人

♤千堂淳一(せんどう じゅんいち)
まりっち父親、カメラマン

♡千堂愛美(せんどう まなみ)
まりっち母、女優

ポイントあらすじ紹介

「漫画家志望のコミュ障少女」

蘭子は中庭で漫画を描いてギャル3人組にいじめられていたすみれを助けに入るが、原稿を汚してしまい逆に迷惑をかける形になってしまう

締め切りが明日に迫っていると聞き、せめてものお詫びにアシスタントを申し出る

一度は完成した原稿だったが、翌日またしても3人組によって捨てられたと聞いた蘭子と多々良は焼却炉前にまとめてあった紙ゴミを片っ端から探し始める

3人組の行動に腹を立てていた蘭子だったが、やりたい事にひたむきになっているすみれをやっかむ気持ちはかつて百合子を見ていた自分に似ているものがあると感じていた

「夢に向かって頑張っている人が近くにいると自分がすごくちっぽけに見えるんだよね その頑張ってる姿が眩しくて目を背けたくなっちゃうんだよね」


「やっちまった多々良と蘭子⁉︎」

蘭子たち仲良しギャル4人組の1人・まりっちの誘いで、彼女の親が所有する伊豆別荘旅行に強制参加となった多々良は恋人のフリがバレないよう緊張の連続であった

食事もラブラブでとったり、蘭子の身体にサンオイル塗ったりアピールに余念がなかった

ビーチで一息ついた2人は気のいい友達に嘘をつくのは心苦しいと思いながらも、百合子のためにウソの関係を頑張ろうと声に出して鼓舞しあう

が、振り向くとそこにはまりっちの姿が・・・

「でも!これもゆりちゃんのため!これからもウソの恋人貫き通すよ!」



「本当の願いは何?」

伊豆の神社で激レア御守りに目が眩んだ4人に置いていかれた多々良はゆっくりと神社を散策しお参りする事にした

すると横で拝んでいる人が気になり目を向けるとそこにはなぜか百合子がいた

彼女は雑誌の撮影で急遽伊豆を訪れていたが、機材トラブルで空いた時間を利用してお参りに足を運んでいたのだった

嬉しい偶然に驚く2人だったが、百合子にはもう一つ目的があった

この神社にはパワースポットと呼ばれる場所があり、池の中央にある石に小銭を乗せたら願いが叶うという話を聞いた多々良は百合子と一緒に祈りを込めて小銭を投げてみるが・・・

「縁結びか じゃあさっきのお願い・・本当に叶ったりするのかな・・『多々良くんとずっと一緒にいられますように』」

感想

ふたごちゃん2巻です

他のマガジンラブコメ同様に序盤は新キャララッシュとなります

出てきたのは漫画家を目指す少女・すみれ

彼女は自分の夢を叶えるために日々出来ることを最大限やろうとするのですが、学校でみんなと違うことをしているとカースト上位からは異端扱いされてしまいます(※じょしまん参照

しかもしているのが漫画を描くことで彼女自身もコミュ障と来たら狙われてしまいますよね

・・・しかし、漫画を一生懸命描いている女の子を虐めるって描いてる漫画家も心を痛めそうなシーンですよね、よくあるけど(笑)

大体このパターンは最後にすみれがなぜか多々良に惚れて恋のライバルが・・ってなりそうだけど、ここは蘭子の人としての魅力が目一杯描かれるエピソードになっています

また登場しそうな気がしますけどここですみれは一旦さよならです

しかし、蘭子っていい奴ですね

多分登場時って百合子の方が人気ありそうだったけど、ストーリーが進むにつれ蘭子のかわいさが際立ってきましたね

そして伊豆編に突入です

男子1人女子4人の旅行って羨ましすぎる・・

まぁ、多々良は蘭子1人でも手一杯なんでそんな余裕はなさそうですが

しかし・・多々良ってホントに普通・・ですね

ここではまりっちが蘭子の背中を押してくれます

女子はやはり色恋沙汰には敏感です

その間に百合子も仕事で伊豆に行き、少しだけ多々良や蘭子達と合流しますが彼女の中にも段々とモヤモヤしたものが出てきます

そりゃあかなりの時間多々良と蘭子が一緒にいると考えればモヤモヤして当然ですよね

この状況下では百合子がアイドルの夢と多々良への恋の両天秤になっているので彼女が一番難しい選択を迫られるのではないでしょうか?

今の所、多々良は激ニブなので蘭子の気持ちに全くきづいていませんがそこのバランスが崩れた時が見ものですね

恋をしたい2人には距離があり、恋をしてはいけない2人の距離は縮まっていく面白い展開です

マガポケですぐに続きを読みたくなってしまいます

まだまだ展開は序盤なので、今後の三角関係の推移に注目です

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓


ところで

みなさんは水族館では何が好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕はカピバラです!(ビシッ)

・・・ラッコジャナイノ?・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました