来陽と青梅 1巻(深山はな)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0089

来陽と青梅(1)新刊コミックレビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは3/8発売の
「来陽と青梅」1巻(深山はな)です

概要

”友達にも彼氏にも恵まれた中学1年生の鮫川淳は、無難に楽しい毎日を送っていた。そんなある日、偶然出会った女子高生の圭と意気投合していくうちに、恋心が芽生え始め、それはやがて確信へと発展し…。多種多様な愛と青春を新進気鋭の作家が紡ぎ出す、純愛青春物語。”

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 来陽と青梅 
作者
 深山はな 
発売日
2021年3月8日
掲載誌
 別冊少年チャンピオン 
ジャンル
恋愛・セクシャルマイノリティ

サブタイトル

第1話 薄明

第2話 潮先を見つめる

第3話 幽微な鈍器

第4話 一寸先は

主な登場人物(新規・更新)

♡鮫川淳(さめかわ じゅん)
中2、女子バレー部に所属し幼馴染の六丸と付き合っている

♤六丸玄(ろくまる げん)
中2、バスケ部所属、淳の彼氏

♡赤星圭(あかほし けい)
高3、たい焼き屋でアルバイトをしている

♤健佑(けんすけ)、英汰(えいた)
六丸の友達

♤晶(あきら)
圭のバイト先の店長、日夜新しいたい焼きに挑戦している

ポイント紹介

「平凡な中学生活に現れたヒーロー」

淳は幼馴染の六丸という彼氏がいて、両方の友達公認のカップルだった

友達関係も良好で好きな男の子もいて何気ない学校生活を楽しんでいた淳はある出会いをきっかけに自分の中にある別の感情に気づいていく

ある日、母親に買い物を頼まれた淳は途中で生理痛からくる吐き気を催し店の片隅で嘔吐したまま意識を失ってしまう

気づくと事務室に寝かされており、警備員の話ではスラッとした高校生が嘔吐物の世話をして連れて来てくれたのだと聞く

「手掛かりは変なジュース」

自分を介抱してくれた人の手がかりはその人が置いていったアボカドホウレンソウ濃縮汁という変な飲み物だけ

すると街ですれ違った人の落とし物を拾うとなんとそのジュースだった

顔を上げた先にいたのは高校生と思われる女性

彼女・圭が淳の介抱をしてくれた恩人で、話をしている内に圭のバイト先のたい焼き屋に顔を出すことになった

そこでしつこいナンパを難なくあしらう姿を見てまたカッコ良さに感動して話し込んでしまう

彼氏の六丸との約束を忘れる程に・・

「不思議な感情の正体」

自分を助けてくれた圭の話を嬉々とする淳を見て、友達に六丸の話は全然しないのに圭の話をやたらする事を突っ込まれてしまう

当の淳も圭に対して六丸とは違う感情が湧いている事を実感していた

圭ともっと仲良くなりたいと思う自分の衝動がどんどん抑えきれなくなっており、声を聞きたい、すぐ会いたい、抱きしめたいという気持ちが次々に溢れてきた

会ったばかりなのに、女性なのにと否定する反面で淳は自覚していた

圭の事が好きなんだと・・

レビュー

来陽と青梅の1巻です

テーマは女子中学生の女子高校生への恋!ひいてはセクシャルマイノリティです

最近は色んな愛や性の形が許容される世の中になりつつはありますが、それは大人の世界の話であります

大人でもまだ世の中が受け入れていないセクシャルマイノリティに中学生が片足突っ込んだらどうなるのか?もう苦悩と葛藤の日々ですよね

まず誰にも話せない

共感してくれる人がいない狭小なコミュニティでそんな事がバレてしまったらと思うと恐ろしくて仕方ないですよね

でも自分の中で抱えて消化するには中学生には大きすぎる問題であります

友達も、彼氏も、果ては親の理解すら振り切って飛び出す勇気は・・・ないですよねぇ

なので淳はその気持ちに気づいた時からひたすら悩み続けます

言いたくても言えない苦しい気持ちを抱え悶々としてしまいます

中学生には理解してもらえない感情を誰に話せばいいのかもわかりません

そこで彼女は偶然話す機会を得た晶に要点は隠しながら相談してみます

晶は人当たりがよく優しい性格なので淳の相談にも正面から乗ってくれました

自分の中に溜まっていたものを吐き出せた淳はその後、行動に移るのですがこれは2巻に続いていきます

・・・・・もめますよ(汗)

とりあえず彼氏の六丸

淳が好きな事は間違いないのですがやはり中学生

自分本位の好きしかなく淳を気遣うそぶりはありません

そこにあって圭は高校生だけあって気遣いもしっかりできて大人対応も心得ている

まぁ、同性でときめいても仕方ないでしょう

正直、今の段階ではどこが落とし所になるのかわかりませんが10代の若い恋に対する痛みを感じることが出来る作品だと思います

多分2巻以降は痛々しい内容も出てくるんでしょうが、この女子中学生がどう悩みどう進んでいくのか見守りたいと思います

心の準備をして2巻を待つ

作者の主な作品

深山はな先生のつぶやきはこちらから!→Twitterリンク

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓


ところで

みなさんはアボカドホウレンソウ濃縮汁は飲めますか?

Luck'o
Luck’o

僕は・・・ゴクリ!

・・・・⁉︎⁉︎・・・ダッ!(ダッシュ)・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました