「ウイングマン(1)・桂正和」変身ヒーロー誕生!!その名はウイングマン

ウイングマン(1)表SF・ファンタジー

桂正和の連載デビュー作。TVアニメ化(1984年2月~1985年2月)、PCゲーム化(1984年、1986年、1987年の3作)などマルチメディアに人気を博した作品。

タイトル
 ウイングマン(1) 
作者
桂正和
出版社・掲載誌
 集英社・週刊少年ジャンプ 
刊行日
1983年8月15日
ジャンル
 変身ヒーロー、ファンタジー、美少女 

インデックス

  1. 正義の味方の巻
  2. 目撃!の巻
  3. 学生鞄の巻
  4. 異次元都市の巻
  5. 変身!!の巻
  6. 人間模様の巻
  7. 悪夢の巻
  8. 疑惑の巻

主な登場人物

♤広野健太(ひろの けんた)
主人公、中学生で変身ヒーローに憧れている、自分で変身スーツを自作するある意味努力家

♡小川美紅(おがわ みく)
健太のクラスメイト、保健委員、真面目な性格で健太に想いを寄せている

♡アオイ(夢あおい)
ポドリムスからきた少女、科学者ラークの娘

♧リメル
ポドリムスの支配者

あらすじ

広野健太はどこにでもいる中学生だが、一つ違う所はヒーローを目指し実現していること。今日もウイングマンに変身(着替え)してこの世の悪を撃つ!そして、先生に怒られ現実を見ろと言われた健太は帰り道に空から降ってきた少女・アオイと出会い彼女が持っていた「ドリムノート」によって本当のヒーローへと変身していく!

ポイント紹介

ヒーローを夢見る少年

主人公広野健太は戦隊ヒーローや宇宙刑事シリーズが大好きな中学生。好きだけでは物足りず自作スーツ「ウイングマン」に着替えて今日も学校にはびこる悪を討つ!

異世界ポドリムス

空から降ってきた少女・アオイがいた世界はポドリムスと呼ばれる場所で、そこに住む人々はディメンションパワーという不思議な力を使う事ができる。能力は物を動かす、浮く、ワープする、物を直すなど多岐に渡ります。

想像を現実にするドリムノート

アオイが持っていたドリムノートは書いた内容を全て現実に出来るまさに夢のようなノートですがちょっとした落とし穴があり、「書いた事」しか反映されない側面もあり細かい設定も書いておかないといけないのです。

アオイの目的

ポドリムスを支配したリメルから逃げ、ドリムノートを消滅させるために健太の世界にやってきました。ポドリムスには火がなくノートを燃やす事が出来ないらしいが、健太がウイングマンならリメルを倒す事が出来ると説得してノートの所有権を手に入れます。

両手に花の変身ヒーロー

一度はポドリムスに踏み込んだ健太達だったが、力及ばず逃げ帰り力を蓄える事になります。その際アオイは親戚の子として健太の家に住み込み学校にも通います。学校では美紅の健太に向ける気持ちに気づきちょっと踏み込んでトラブルにもなります。アオイと美紅、健太はどっちにいくのかな?

名セリフ3選

①『チェイング!!』

ウイングマン言えばこの掛け声です。これによって広野健太から変身ヒーローウイングマンに変身する事ができます。最初はこの後にいそいそと着替えていた事を考えると大進歩ですね。やはりヒーローには掛け声・名乗り・ポーズは欠かせない!

『あたしあたしそういうことするの・・よくないと思うわ!!』

美紅ちゃんの決めセリフです。美紅ちゃんは純粋な中学生なのでちょっとオトナな行為は不潔対象となってしまいます。純粋な美紅ちゃんとちょっとオトナなアオイの間で揺れ動く健太は幾度となくこの言葉を浴びることとなります。

『あなたケン坊のこと好き?』

学校に転校生として潜り込んだアオイが美紅の雰囲気を察し投げた直球のボール。しかも健太や周りの生徒がいる前で。ウブな二人にはこれくらいのショック療法も必要ですがこの言葉を投げた本人も自分の中にある気持ちにはまだ気づいていないようです。

ウイングマン関連資料

武器

  • クロムレイバー…腰に収納されている剣

乗り物

  • ウイナア…ウイングマンの万能エアバイク、異次元も走る事が出来る

ウイングマン全13巻

「ウイングマン」全13巻

Amazonで購入

ebookjapanで購入

主な作者関連作品

  • 超機動員ヴァンダー」集英社・全2巻
  • プレゼント・フロム LEMON」集英社・全2巻
  • 「電影少女」集英社・全15巻
  • 「D・N・A2~何処かで失くしたあいつのアイツ~」集英社・全5巻
  • 「SHADOW LADY」集英社・全3巻
  • 「I’’s」集英社・全15巻
  • 「ZETMAN」集英社・全20巻

年表を見る→Luck'o List by 桂正和

コメント

タイトルとURLをコピーしました