花園さんちのふたごちゃん 3巻(北島音奈)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0101

花園さんちのふたごちゃん(3)新刊コミックレビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは4/8発売の
「花園さんちのふたごちゃん」3巻(北島音奈)です

概要

運動も勉強も全てが並の高校1年生・谷多々良。

多々良が通う高校には幼なじみの双子の姉妹がいた。

姉の蘭子はド派手ギャル、妹の百合子は大人気アイドル。

学園カーストは違えど、多々良は今でも百合子に片思い中。

そんなある日、突然、百合子からデートの誘いが!

このデートをきっかけに、多々良は双子たちと秘密の関係を結ぶことに……!

誰にも言えない三角関係が動き出す!

ドキドキ2倍の双子ラブコメ開幕!!

「多々良のことが好き──。」自分の気持ちに気がついた百合子と蘭子。しかし、アイドルの百合子は“恋愛禁止”のため、蘭子は秘密の恋人関係を守るため、多々良に告白できずにいた。そんな時、多々良と蘭子の前に突如現れた、謎の同級生・猪村もも。彼女が蘭子をバンドに勧誘したことで、物語が大きく動き出す。新章突入で、双子の恋が加速する!! 恋に悩む双子の姿は甘酸っぱさ200倍!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 花園さんちのふたごちゃん 
作者
 北島音奈 
発売日
2021年4月8日
掲載誌
 別冊少年マガジン 
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

  • 第19話 まりっちの2年計画
  • 第20話 百合子流看病術
  • 第21話 蘭子流看病術
  • 第22話 猪村もも
  • 第23話 ももの交換条件
  • 第24話 猪村さんちの衝撃
  • 第25話 多々良と蘭子のスパイ大作戦
  • 第26話 強制オーディション
  • 第27話 獲っちゃえ世界‼︎
  • 第28話 百合子の握手会
  • 第29話 ゼロじゃないって話

主な登場人物(新規・更新)

♡猪村もも(いのむら もも)
1年、バンド結成に意欲を燃やす、4/2生まれ

♡猪村うめ(いのむら うめ)
2年、ももの双子の姉、4/1生まれ、バンドガール

♡清川聖奈(きよかわ せいな)
1年、ベース担当のビッチ

♡二葉めめ(ふたば めめ)
1年、ドラム担当のコミュ障

♡伊集院ティナ(いじゅういん てぃな)
1年、キーボード担当のオラオラ系

ポイント紹介

「秘密の作戦は継続遂行」

まりっちが仲間に加わり「恋人のフリ作戦」は盤石になったと安心の多々良だったが、彼女の目的は「多々良を落とす2年計画」であった

その多々良は風邪を引いて熱を出しダウンしてしまう

彼女のフリを利用して多々良の看病を買って出た蘭子だったが、偶然百合子も用事で多々良の家を訪れ双子揃ってのお見舞い攻勢となる

発熱以外の熱が出そうな多々良はこのチャンスをモノにできるのか⁉︎

「待ってなさい多々良・・蘭子流最高の看病でメロメロにさせてあげるんだから・・‼︎」


「新たな双子登場!」

夏休み前に突然現れた猪村ももは蘭子を執拗にバンドに誘って来た

その手口の一つで多々良に接触して来ると、迂闊にも多々良は持っていた百合子とのデート写真をももに奪われてしまう

彼女は双子の姉であるうめにどうしてもバンドで勝ちたくて文化祭のバンドコンテストに参加する為の最強メンバーを探していた

多々良は渋々蘭子にバンド参加を提案するが、蘭子にはバンドだけはどうしても嫌な理由があった

「でもごめん バンドだけはいや」



「蘭子 on Vocal」

ももから写真を取り返す為に、彼女が大事のしているギターを物質にした多々良だったが蘭子の様子を見ているうちに彼女がバンドに興味があるのではないかと思うようになってきた

難航するかと思われたバンドメンバー探しは、聖奈、めめ、ティナが加わる事で達成に近づいたがももは蘭子をどうしても諦めてくれなかった

音楽素人の参加に不満を持つティナ達に対し、ももは蘭子のボーカルオーディションを即興で開催する

レビュー

ふたごちゃんの3巻です

百合子と蘭子の多々良好き具合にイラッとしますね(笑)

そんな男のどこがいいんだの典型です

恋人のフリをしている分、普段多々良との接点が多い蘭子に危機感を覚えた百合子はかなり積極的に多々良にアプローチしていきます

看病しながら進路の話をしたり握手会の練習にかこつけて普段言えない事を言ったりと引っ込み思案な百合子らしくない積極性が垣間見えました

そんな男のどこがいいんだか(2回目)

蘭子も多々良の恋人のフリを最大限に利用して少しでも自分の方を向かせようと精一杯の看病をします

しかも蘭子には勝手知ったるまりっちまで味方についています

これは大きなサポートですが、いかんせん当の多々良が鈍すぎて残念な感じです

そんな男・・・・(3回目)

そしてここから新しいステージに進んでいきます

その鍵を握るのは同じ学年の猪村ももです

彼女は2年の猪村うめと双子なのですが、4/1~4/2にかけて生まれた為学年が分かれたそうです

一緒の学年になる事も出来たけど親の方針と説明していますが、普通親なら同じ学年にしたいと思うんじゃないんですかね?

あえて学年分けたがる親はいないでしょう

うめももももギターをやっていて、なんでも優秀なうめにどうしても勝ちたいももは文化祭のバンドコンテストのメンバーを募るべく辺り構わず声をかけていきます

その中で蘭子だけはももが事前に見初めていたそうなのですが詳しくは本編をご確認ください

この作品は恋愛に関しては今の所多々良と双子だけで進行しています

他の作品はすぐハーレム展開に行くものが多い中で恋愛のベクトルがわかりやすく読む方もストレスなく双子のラブコメを楽しめるのではないでしょうか

でもそんな男の・・・(以下同文)

4巻はなつやすみかバンド編になっていくのでしょうがどんどん積極的になっていくふたごちゃんから目が離せませんね


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

北島音奈先生のつぶやきはこちらから→Twitterリンク


ところで

みなさんの好きなバンドパートは何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕はトライアングルです!(ビシッ)

・・・チーーン・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました