青年少女よ、春を貪れ。 1巻(山田シロ彦)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0112

青年少女よ、春を貪れ。(1)サスペンス・ミステリー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは4/19発売の
「青年少女よ、春を貪れ。」1巻(山田シロ彦)です

概要

喪われた初恋の呪縛を解く青春群像ミステリー、開幕。

恋を知らない中学生・勝之と、学校中の憧れ・百々瀬ハルは、ふとしたきっかけから付き合い始めることになるが、ハルとの別れは突然に訪れ──。それから10年。時を経て生じた彼女の死への疑念によって、止まっていた青春の針が動き出して…?

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 青年少女よ、春を貪れ。 
作者
 山田シロ彦 
発売日
2021年4月19日
掲載誌
 週刊ヤングジャンプ 
ジャンル
ミステリー

サブタイトル

第一話 ないよ、絶対

第二話 近藤は、ずっと

第三話 なんで?

第四話 きっと、あの4人は

第五話 ごめん

第六話 間違えてないよね?

第七話 千鶴さん、おれ

第八話 あの日、何があったん?

主な登場人物(新規・更新)

♤近藤勝之(こんどう かつゆき)
25歳、出版社の営業マン、大人しく真面目な性格で人付き合いは苦手

♡百々瀬ハル(ももせ はる)
勝之の中学時代の同級生で彼女、東京から引っ越して来た大人びた美人、インスタグラマー、15歳の時にキャンプ事故で死去

♡千鶴(ちづる)
勝之の現在の彼女、結婚式場のアドバイザー、勝之との結婚を意識している、おっちょこちょい、付き合って4年

♡音無紗衣子(おとなし さえこ)
勝之の中学時代の同級生、ハルの親友、アパレルの企画部で勤務、ハルの死の真実を調べている

♧綱口龍樹(あみぐち たつき)・佐伯亮(さえき りょう)・水川わゆ(みずかわ わゆ)・古崎ふみ(こさき ふみ)
勝之の中学時代の同級生

♧シゲさん、久野
勝之の同僚

ポイント紹介

「田舎少年と都会少女の出会い」

勝之が通う田舎の中学校に引っ越してきた百々瀬ハル

その垢抜けた雰囲気とモデルと比べても遜色のない容姿に同級生達は釘付けになり告白する男子が後を絶たなかった

ある日、弁当箱を忘れた勝之が教室に戻るとハルが窓枠に腰掛けて外を見ていた

てっきり自殺だと勘違いした勝之に呆れながらも笑ってくれたハル

2人が付き合いだしたのはほどなくしての事であった

「彼女からの着信」

ハルの死から10年が経ち勝之は25歳になっていた

未だ傷が癒えたとは言えないながらも出版社の営業マンとしてハルが迎える事が出来なかった大人の人生を過ごしていた

4年前から付き合い始めた千鶴と結婚も秒読みに入ろうとしている時にその電話はかかってきた

着信元は百々瀬ハル

当然そんなはずはないのだが、怒りと恐れの入り混じった感情で電話に出ると声の主は中学時代の同級生にしてハルの親友・音無紗衣子であった

「ハルの死の真実⁉︎」

千鶴との約束を保留してまで紗衣子が指定した店に足を運んだ理由はやはり彼女がハルの名前を出したからだったのだろう

久しぶりに顔を合わせた紗衣子は不穏な電話の内容とは裏腹に明るくまるで同窓会のような雰囲気であった

しかし、ハルが好きだったというベリーに反応出来なかった途端紗衣子の態度が一変する

そして彼女差し出して来たのは1本の動画であった

そこからハルの死の疑惑への扉が開いていく・・・

レビュー

こんにちは

青年少女よ、春を貪れ。の1巻です

どういう意味?

わかる方是非意味を教えてください

この作品はミステリーモノです

中学時代に付き合った彼女が不慮の事故で死んでから10年後、思わぬ形で彼女の死が事故ではないと言われた主人公がその真実に迫るというのが物語の根幹となります

主人公の勝之は中学時代は人を好きになる意味すらわからなかった朴訥な少年でした

そんな彼が東京から引っ越してきた少女・ハルと出会う事で誰かを好きになる気持ちを知りますが彼女はとある事故で還らぬ人となってしまいます

それから10年

大人になった勝之は社会人として仕事をこなしつつ、結婚間近の彼女もいてまさに順風満帆な生活を続けていましたが、突然10年前に引き戻される出来事が起こります

ハルの番号から電話をかけて来た紗衣子からハルの死は事故ではないと聞かされるのです

しかもそれに関わったのは当時の同級生4人だと聞き、半信半疑のまま調査へと乗り出していきます

果たしてハルは何の為に死ななければならなかったのか

何かぶっ壊れてるニオイがします

勝之はハルを失ってから恋愛には受け身で相手に合わせることで付き合いとして成立させようとしています

そんなどこか冷めた勝之と付き合っている千鶴は一見彼との結婚を夢見る一途で大人しい女性な感じがしますが、勝之のスマホをアレしたり実家に帰る時のアレとか行き過ぎた好意のニオイがします

そして1巻で1番ぶっ飛んでたのはやはり紗衣子でしょう

勝之を遥かに上回るハルへの執着やすぐキレるところとかかな~りヤバそうですし、ハルの死の秘密も何かしら握っているのでしょうか?

それとも確信が無いので勝之を泳がせて誰かの出方を待っているのか?

なんにせよ恐ろしいオブザ1巻です

2巻では疎遠になっていた田舎の友人達との絡みで話が進展していきそうです

穏やかな絵柄だから怖さが引き立ちますね

震えながら2巻を待つ!


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

山田シロ彦先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんは熟成肉は好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕は食べたこと無いです!(ビシッ)

・・・タベタイヨー・・

ではまた次回の新刊で!

青年少女よ、春を貪れ。 記事一覧
青年少女よ、春を貪れ。 1巻
▶青年少女よ、春を貪れ。 2巻 ※準備中

コメント

タイトルとURLをコピーしました