運命を信じない彼が言うには 2巻(おむ・ザ・ライス)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0113

運命を信じない彼が言うには(2)新刊コミックレビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは4/22発売の
「運命を信じない彼が言うには」2巻(おむ・ザ・ライス)です

概要

「運命」に、俺の想いは勝てないのだろうか?

運命の赤い糸が見える航介は、自分の糸と片思いの相手・ゆかとの糸がつながっていないことを知っていた。

それでも運命に抗いたい――運命なんて信じないと、強く思い続けてきた航介。

だがある日、ついにお互いの赤い糸の相手が現れてしまう。

航介との想いとは裏腹に、運命の相手に引き寄せられていくふたり。

このまま「運命の赤い糸」通り、なるようにしかならないのか……?

絡まる赤い糸――大人のじれキュンラブ、待望の第2巻。

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 運命を信じない彼が言うには 
作者
 おむ・ザ・ライス 
発売日
2021年4月22日
掲載誌
 ピクシブシルフ 
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第6話~第10話

主な登場人物(新規・更新)

なし

ポイント紹介

「ダブルブッキング(運命)」

藤に落ちてきた2つの衝撃

ひとつはゆかの糸が石田と繋がっていた事

そしてもうひとつは自分の糸が幸帆と繋がっていた事

いきなり2つのショックに対応し切れないまま飲み会がスタートすると、コミュ力高男の石田はグイグイゆかとの距離感を縮めていく

幸帆が振った話題で「男と女の友情は成立するのか?」からの「元カレ、カノと円満に別れられるか?」のテーマに元カレなしのゆかの回答は・・⁉︎

「ダブルブッキング(ライブ)」

大学時代に流行ったバンド・ダブマンの復活ライブに行こうという話になるが、ゆかと石田がダブマンの話で盛り上がったと聞くと藤は運命の力の強さを感じずにはいられなかった

当然の流れで石田も誘うかとゆかが言い出すが、何とか運命に抗おうと藤は石田は彼女と行くだろうと嘘をついていまう

しかしその程度で運命の勢いは止まらず今度は石田がダブマンの話題を持ちかけてくる・・・

「サシ飲みにて」

藤は突然かかってきた幸帆からの電話に出ると、もしもしも言わせてくれない勢いで彼女は今日あった合コンへの不満を捲し立ててきた

一段落して友達と間違えてかけて来た事が判明するが、彼女が1人で2次会をしているとコンビニに行くつもりだった藤は合流して一緒に飲む事にする

しかし考えてみれば相手は運命の糸が繋がった相手で、合コンのグチを聞いているうちに幸帆が試しに付き合ってみないかと提案してくるが・・・⁉︎

レビュー

こんにちは~

今回は運命を信じない彼が言うにはの2巻です

この作品もひげひろみたいに略すんだろうか?

試してみたけどしっくりいかないので次に行きます(笑)

前回の終わりで自分の運命の糸が幸帆と繋がっているとわかってしまった藤クン

しかもゆかの糸が同僚の石田と繋がっていてダブルのショックを受けてしまいます

運命とはここまで引き合うものなのだろうか?

そして近っ!!

好きな人の同僚同士と結ばれる運命の2人に待ち受けるのは試練か?それとも運命には抗えないのか?

今回は藤クンが何とか運命に抗おうと頑張りながらも、時折見せるゆかの可愛さに悶え続けます

そこ!キモいとか言わない

恋する男子もカワイイものなんだぞ

なまじ高いレベルでの友人関係が成立してしまっているので、それを壊さず恋愛に発展していくと言うのはかなり高度な話になってきます

正直、それなら関係を構築していない幸帆と付き合った方が色々楽だと思うのですが我らが藤クンはそんな事では諦めませんヨ

とにかく藤クンは見てくれも性格も問題ないのにやたらと駆け引き下手です

まぁゆかが好きが故って事なんでしょうけど・・・

ゆかも反応を見る限り藤クンが好きそうなんですが、恋愛経験値のなさと友情の心地よさで関係を変化させるのが怖いんでしょうねぇ

これは・・・・籠城vs籠城・・決着が遠いぞ

対する石田&幸帆がコミュ力高めなので2人を焦らせるには丁度いい逸材なのかも知れません

天の岩戸から先に出てくるのはどっちだ?


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

おむ・ザ・ライス先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんはどんな糸が好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕は釣り糸です!(ビシッ)

・・・オオモノネライ・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました