スタンドUPスタート 3巻(福田秀)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0122

新刊コミックレビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは5/19発売の
「スタンドUPスタート」3巻(福田秀)です

概要

「“資産は人なり”。資産を手放す投資家はいない!」

「パチンコ屋って要るのか?」世間からの風当たりの強さに悩むパチンコ店店長・藤堂に「人間投資家」三星大陽が語った欲求ビジネスの意義、そしてビジネスの玄人として生きる覚悟とは? 起業後進国・日本を起業先進国へ! シン・時代の働き方UPデート! UPグレードコミック!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 スタンドUPスタート 
作者
 福田秀 
発売日
2021年5月19日
掲載誌
 ヤングジャンプ 
ジャンル
起業・ビジネス

サブタイトル

第(17)号 レイク・メロン

第(18)号 白と黒

第(19)号 素人と玄人

第(20)号 コンプライアンス

第(21)号 コントラスト

第(22)号 デスゲーム

第(23)号 凸凹

第(24)号 投資家

第(25)号 日出

第(26)号 人生のレール

(号外)ポンジスキーム

主な登場人物(新規・更新)

♡小野寺夏(おのでら なつ)
売れないキャバ嬢

♤藤堂光一(とうどう こういち)
パチンコ屋の跡取り、業界の存在意義に疑問を抱いている

♡羽賀佳乃(はが よしの)
りその銀行融資担当、ギャンブルを毛嫌いしている

ポイント紹介

「起業①ダメキャバ嬢vsコロナ」

太陽が美咲から紹介されたのは北海道訛りの強いキャバ嬢小野寺夏

彼女はキャバ嬢嬢としての欠陥持ちで「酒ダメ」「トークダメ」「キャラナシ」と揃い踏みのダメ具合だった

それでも稼ぎたい意欲を失わない夏が持っていた強みは一次産業(実家)とのパイプ

メロン農家とのパイプをフル活用して逆襲しようとした矢先やって来たのコロナウィルスで・・・





「起業②パチンコの意義」

藤堂光一は実家が経営するパチンコ屋で働く青年だった

いずれは会社を継ぐ運びだったが彼の心にはどうしても気になる事がわだかまっていた

そんな彼が答えを見つけるべく声をかけたのは小学校時代の同級生・太陽だった

パチンコ屋の息子という事で他の生徒から嘲笑を受ける中、目を輝かせていつも話しかけてきた男に光一は思い切って聞いてみる

「パチンコ屋って要るのか?」







「起業③黒を許せない人」

光一がパチンコで作るコミュニティスペースを起業する為、りその銀行を訪れると相対した融資担当者はパチンコ産業自体を否定的に捉えて話を聞いてくれなかった

その担当者・羽賀佳乃には世界が二色にしか見えていなかった

優しく理性的で堅実な「白の世界」と欲にまみれた「黒の世界」

その原因はパチンコ依存症になった家族を持つという根深い鎖に繋がっていた・・

「白も黒も混ざると人が良く見える」

その他、太陽の手引きで起業した女性が一同に会する女子会、神崎と虎が持つコンプレックス、風俗店オーナー鴨志田の投資家の信念、渋沢栄一譚、起業とレールで揺れる男などエピソード多数詰め込まれています



レビュー

こんにちは

これを見たら明日から起業したくなる漫画「スタンドUPスタート」の3巻です

連載も安定してきたのか今回はちょっと長めのエピソードも入っています

ズバリギャンブルを経営する人vsギャンブルが嫌いな人です!

パチンコ関連の提案を持って行って融資担当がギャンブル嫌いだったら最悪ですよね(笑)

実際にはそんな個人感情で融資が決まるのかはわかりませんが、ロジカルに出来ているようでなんのかんの人間が絡む事ですからゼロとは言えませんよね

癒着とかあるかもしれないし(←これも先入観)

踏み込んでみないとわからない世界もあるものです

それは知っている人と知らない人との価値観の違いだし、知らない事によって先入観や歪んだ見方が生まれてきます

要は世間を知っている人ほど多様な価値観を受け入れる器があるんでしょうね

ヒキコーモリの僕にはちょっと・・(笑)

投資家のくせに(?)慎重とは程遠い太陽はそれの最たるものですよね

何にでも踏み込んで何にでも興味を持つ恐ろしい男です

こうでなければ人も世の中も動いてくれませんよね

太陽の目利きによって発掘された起業家とその関連自分は女性も多くいて、全員が一同に会するパーティーが開かれます

挨拶もそこそこに俎上に上がったのはやはり太陽の事

当然、起業家ではなく男としての側面の話ですが滑り出しは上場な手応えでしたが果たして結論は如何に?

4巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

福田秀先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんは何のギャンブルが好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕はおいちょかぶです!(ビシッ)

・・・アラシコイ!・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました