こういうのがいい 1巻(双龍)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0132

こういうのがいい01恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは5/19発売の
「こういうのがいい」1巻(双龍)です

概要

ノーモア彼女。グッバイ彼氏。

束縛彼女にモラハラ彼氏、過去の恋人関係に辟易していた村田♂と友香♀は、オンラインゲームのオフ会で意気投合し、そのままラブホテルへ。一夜限りでもなく、付き合う訳でもなく、身体のみの関係でもない、ゆるくて気楽で、なおかつえっちぃ──

自由な男女が織りなす大人の日常系、スタート。

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 こういうのがいい 
作者
 双龍 
発売日
2021年5月19日
掲載誌
 ヤングジャンプ 
ジャンル
恋愛、日常

サブタイトル

1発目 恋人

2発目 解放

3発目 友人

4発目 桃色

5発目 奇遇

6発目 気楽

7発目 自由

8発目 休憩

主な登場人物(新規・更新)

♤村田(むらた)
在宅ワーカーの社会人

♡友香(ともか)
ファミレスでバイトするフリーター

ポイント紹介

「恋人必要ですか?」

村田の彼女は超束縛型でラインの返事は秒で返さないと浮気を疑われてしまう

しかも好きをアピールさせたりちょっと会わないと前との違いを全部言わされたりする

一方で友香の彼氏はちなの好みや性格などはお構いなしに自分の好みを一方的に押しつけてくるタイプ

奔放な友香をいつも嗜めてばかりであった

同じ時違う場所の村田と友香の気持ちが偶然シンクロしてしまう

「めんどくさっ」





「共同プレイ済み?」

結局お互いの相方に見切りを付けて独り身を謳歌し始めた村田と友香には意外な共通点があった

それは同じネットゲームのユーザーで何かにつけて協力プレイをしていたのだった

ある日、そのグループでオフ会が開かれたがゲームの話をせず合コンになっている事に村田は辟易

偶然前の席にいた友香と意気投合しゲームの話をしまくった後、2人は二次会を断って一緒に帰る事になった・・・





「フリフレ結成!」

とにかく乗りが良くて押し付けがましくない友香と女性の性欲やあるがままを肯定してくれる村田にお互いが過ごしやすさを感じていた

時にゲーム仲間、時に話し相手、時に飲み友、そして時には身体の関係を持ちつつも恋人の枠組みでは行動しない2人

その距離感が絶妙に居心地が良くその関係をフリーダムフレンド、通称フリフレとして関係を確立していく

レビュー

こんにちは

日常系であり恋愛の進化型を描く「こういうのがいい」の1巻です

賛否両論ありそうだし基本○フレに近いですが、友達としても成立する距離感っていうのはそもそも難しいものですよね

フリフレという位置付けが確立しても大半の人は半年保たないでしょう

束縛したがるか、身体中心になるか、バランス自体を上手く取れなくなるかいずれかになっちゃいますよね(笑)

日常系とは謳いましたがタイトルの通りでこういう関係だったらいいなぁ~という希望と妄想のラインでしょうか

お互いの求める物が将来や理想ではなく目の前の現実の居心地良さであれば決して悪いものではないと思います

でも結局付き合わないのならこの作品はどこに向かうのでしょう?

1巻で既に行動がループ気味なんで2巻以降も意気投合して色々なものを楽しむっていう展開なんですかね

作品包む雰囲気も緩い感じだしふわっと続いて終わっていってもおかしくないけど、終わりも含めてこういうのがいいってなれるか楽しみであります

画面は定点観察の視点も多くあり他人の私生活を覗き見している感もあってワクワクします(笑)

まぁひとつの価値観として楽しむのをオススメします

欲しがっても中々フリフレは出来ないと思いますよ

そんな時にこれをみてこういうのがいい!っていっちゃうんですかね(笑)

この後も2人の羨ましい関係に期待して2巻を待つ

2巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

双龍先生のつぶやきはこちらからチェック!→Twitterリンク


ところで

みなさんの理想の距離感はどんなですか?

Luck'o
Luck’o

僕は後ろから付かず離れずです!(ビシッ)

・・・ソレハストーカー・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました