龍と苺 4巻(柳本光晴)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0150

龍と苺04ヒューマンドラマ
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは6/17発売の
龍と苺」4巻(柳本光晴)です

概要

14歳が全国から集いし猛者をなぎ倒す!!

「竜王戦」出場に向けて破竹の勢いで勝ち進み、

現在、アマ竜王戦全国大会出場中の藍田苺・14歳。

名人の娘・月子、アマ王将・塚原、

徳島代表・凛々、アマ名人やアマ竜王―――

全国より集いし腕自慢を相手に

苺は真摯に、強く前へと進んでいく!!

竜王や謎のフードの男など、

圧倒的強者と出会い、そして闘い、

苺がもっともっと、将棋にのめり込む第4巻!!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 龍と苺 
作者
 柳本光晴 
発売日
2021年6月17日
掲載誌
 週刊少年サンデー 
ジャンル
将棋

サブタイトル

第28話 放心

第29話 敬意

第30話 一進一退

第31話 微差

第32話 女の子たち

第33話 夜の探検

第34話 朝に

第35話 駒落ち

第36話 空回り

第37話 棋力の差

主な登場人物(新規・更新)

♡川本(かわもと)
将棋時代の記者、新人

♤大鷹(おおたか)
現名人、月子の父

ポイント紹介

「将棋の頂」

守屋会長と口論しながら片手間で指す山野辺竜王に手も足も出ずに敗れた苺はしばらく放心状態のままであった

しかし彼が日本将棋会という山の頂上だと知り、苺は辿り着く場所を見据えることが出来た

決勝トーナメント一回戦の相手はアマ名人の谷悟志

竜王には比べるべくもない相手だが今の苺には十分強敵だった

その相手に舐めた発言をする苺に宮村の雷が落ちる!





「ゆずれない闘い」

一回戦注目のカードは大月名人の娘・鷹子と徳島代表・鴨島の女性対決

3人しかいない女性が一回戦から潰し合いとなってしまうが、対局はお互いが決め手を欠く一進一退の攻防が続いていた

サラブレッドとして育ってきた鷹子と対戦相手にすら恵まれない地方勢の凛々の戦いはいつの間にかギャラリーが集まっており、その中には予選で苺に敗れ一度は引退を決意したが決勝トーナメントで勝ち残っている塚原の姿もあった





「謎の男」

2回戦の対局で苺の視点は対戦相手ではなくその後ろにいる男に釘付けになった

明らかに発しているオーラが他の人間とは違う事に気づいた苺は、対局後その男を捕まえて勝負を申し出る

黙って座った男が並べた盤面には「飛車「角」「香車」がない4枚落ちの状態であった

その意味を聞いた苺は一瞬で勝ちを取ろうとするが、結果は思った通りのものにはならなかった・・

レビュー

こんにちは

龍と苺の4巻です

前作響ではのっけから才能が凄すぎて力づくでマウント取っても誰も文句言えない体が強かったですが、今作ではその辺のパワーバランスが少年誌向きに調整されていて無双出来ない状態なのは読んでいて苺の成長に期待が持てるから良いですね

ある意味響って小説家版なろう系みたいでしたもんね(笑)

負けん気が強くってすぐ手を出すっていうのは似ていますが、将棋界はそんなちょっとした才能が無双出来るほど甘く無いぞってことですよね(いや、文学会も同じですよ)

それにしても山野辺竜王強いですね

本物の竜王もあれくらいやってのけるんでしょうか?

でもそれくらい敵が強くないと面白く無いんだけど、本当に追いつけるの?って差で心配になります

それこそキャプテン翼の時代にW杯優勝って掲げるくらいの難易度がありそうですよね

現状のアマトーナメントは実力差はあってもそれを覆せない程では無いけれど、プロ編になったら一気に相手のレベルも高くなって行くんでしょうね

この作品には無双の楽しさではなく、将棋って負けることからたくさん学べて楽しいんだよって事も教えてあげて欲しいですよね

最近チートで無双じゃなきゃ面白くないって風潮があるので、負けから学ぶ面白さをもっと語る為に塚原とかにも頑張って欲しい所です

アマトーナメントも佳境に入ってきて次回はベスト4の戦いになっていきます

波乱はあるのか?

5巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品


ところで

みなさんはボードゲームは何が好きですか?

Luck'o
Luck’o

僕は囲・・モチ、将棋です!(ビシッ)

・・・ゴゴゴゴゴゴ・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました