ミドリノバショ 3巻(岡Q)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0167

ミドリノバショ03スポーツ
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは7/12発売の
ミドリノバショ」3巻(岡Q)です

概要

翠、初トーナメント戦! 激アツ東京編

翠(ミドリ)は、大好きなお爺ちゃんの営む京都のビリヤード店

「球撞楽(たまどうらく)」を手伝う中学一年生。

トッププロ・沖田との激闘を終えた彼女は、ある日、お爺ちゃんに東京へのお使いを頼まれる。

東京で待ち受けていたのは、元プロの菅。

彼は、翠を突然、アマチュアトーナメントにエントリーする。

初めての東京、慣れないアウェイーー

だがそんな中で、翠は驚くべき”才能”を発揮していく。

小学館の漫画アプリ「マンガワン」の読者が決める【第8回連載投稿トーナメント】第2位。

ビリヤード専門誌で約7年連載していた著者がおくる、爽快ヒロインスポーツ漫画!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 ミドリノバショ 
作者
 岡Q 
発売日
2021年7月12日
掲載誌
 裏サンデー 
ジャンル
ビリヤード

サブタイトル

第20話 あの光景

第21話 自分だけの相棒

第22話 ふたりは“同士”

第23話 頂の6人

第24話 翠のMAXブレイク

第25話 特別な存在

第26話 小さな巨人

第27話 な⁉︎

第28話 その突破口

第29話 楽園への招待状

第30話 翠眼の怪物

主な登場人物(新規・更新)

♤富士見悠紀(ふじみ ゆうき)
カテゴリー6所属のトッププロ、異名は不屈の富士見

♤立神晃(たてがみ あきら)
カテゴリー6所属のトッププロ、異名はバーバリライオン

♤玉城剣誠(たましろ けんせい)
カテゴリー6所属のトッププロ、異名は火の神(ヒヌカン)

♤円零(まどか れい)
カテゴリー6所属のトッププロ、異名はトリックスター

♡水都響(みなと ひびき)
カテゴリー6所属のトッププロ、異名は氷の女王

ポイント紹介

「都市伝説の少女」

翠のキューによる仲介で沖田と菅のわだかまりもようやく解けた

それ以降沖田のプレー中の雰囲気が変わったと同じカテゴリー6所属のプロ達に茶化される上、菅が翠との勝負の話を方々で言いふらしていてライバル達には事実が、そしてネットにはまことしやかな都市伝説として広まっていた

沖田プロを破った「古いカスタムキュー」「関西弁」「小柄」「ポニーテール」の伝説は遅からず日の目を見ることとなる





「私ハンデいりません‼︎」

沢木の使いで東京に行った翠と民生を待ち構えていたのはなんと菅であった

キューの運搬役として行ったはずの東京で、菅に連れてこられたのは全国各地から集まったアマチュアが戦う試合会場だった

有無を言わさずエントリーさせられた翠と民生だったが、翠には登録の時点でどうしても譲れないものがあった

見た目のせいでどうしてもビギナー枠を譲らない委員を説き伏せて超上級者登録した翠のデビュー戦の結果は如何に?





「出過ぎた杭の末路」

アマチュアトーナメントで大活躍だった翠はとんでもない大物を引き寄せてしまう

それは沖田と同じカテゴリー6所属のトッププロ・水都響だった

会場を後にする際、彼女から渡された名刺には「死力を尽くして戦おう」というメッセージが添えられていた

翌日、彼女の店を訪れた翠は完全アウェーでどれほどの実力を出せるのか未知数だった

レビュー

こんにちは

ミドリノバショの3巻です

ここまでは向こうから立て続けに強者がやって来る展開でしたが、今回アマチュアの大会とはいえ翠の公式戦デビューとなりました

言っても新旧のトッププロに勝った人ですからね

結果は火を見るよりも明らかでしたが、それよりもビリヤードという台の上で行う競技の難しさが垣間見えた展開でした

自分の家(実際は店)にある台で腕を磨いてきた翠にもアウェーの洗礼がやってきます

それでも平常心で戦える所はプロ顔負けの実力ですよね

ビリヤードって玉を突いたり戦略的な技術があれば強いのかと思っていましたが、戦う台によって僕たちの想像以上にコンディションのバラツキがあるんですね

しかも4巻ではトッププロである水都の超ホームでの試合ですからね

水都さんメッチャ美人で強いのに、更に深掘りしてくる戦略性が粘着質ですよね(笑)

カテゴリー6所属のトッププロは全員イケメンと美女ですよね~

岡Q先生のキャラクターって結構目が切長で鋭いイメージがありますけど、女性キャラは繊細で美人ですよね

カテゴリー6にもう1人くらいいて欲しかった・・

そして菅がいい感じに解説者枠に、民生が驚きモブ役に定着しつつあります(笑)

誰か説明してくれないとわからないことが多いので助かりますよね

それ以外にも事あるごとにルールやアイテムについての説明が入るので読み終わった頃にはかなりビリヤードが出来る気になってますよ(ビシッ)

翠の技術は年齢的にはチートなんですが、彼女のキャラに嫌味がないので気持ちよく応援したい気持ちになりますね

それに引き換え菅はひねくれ過ぎてますね(笑)

4巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

岡Q先生のつぶやきはこちらからチェック→Twitterリンク


ところで

みなさんはビリヤード漫画と言えば何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕はキング・オブ・ザ・ハスラーです!(ビシッ)

・・・ツヅキダシテ~・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました