桃源暗鬼 5巻(漆原侑来)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0185

桃源暗鬼05アクション・アドベンチャー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは8/6発売の
桃源暗鬼」5巻(漆原侑来)です

概要

Tik Tokで話題沸騰!!10代を中心に口コミ的に人気を博し、重版に次ぐ重版で今売れています!鬼VS桃太郎in京都編を終え、新たな舞台は東京へ。

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 桃源暗鬼 
作者
 漆原侑来 
発売日
2021年8月6
掲載誌
 週刊少年チャンピオン 
ジャンル
異能バトル

サブタイトル

第34話 この男が嫌いだ

第35話 ありがとう!

第36話 部屋決め

第37話 神の門で神門

第38話 もしも

第39話 自分ルール

第40話 よかった

第41話 練馬区担当

第42話 覚悟

主な登場人物(新規・更新)

♤桃部真中(ももべ まなか)
唾切の元上司、鬼との戦いで死亡

♤桃寺神門(ももでら みかど)
桃太郎機関十三部隊副隊長

♡メアリー亜紀(めありー あき)
鬼機関医師兼研究者、爆乳

♤桃華月詠(ももか つくよみ)
桃太郎機関22部隊隊長、練馬区担当、占いに人生を捧げている

♤桃角桜介(ももかど おうすけ)
桃太郎機関22部隊副隊長、基本誰にでもケンカを売るタイプ

♤淀川真澄(よどがわ ますみ)
鬼機関練馬区偵察部隊隊長

♤馨(かおる)
鬼機関練馬区隊員

ポイント紹介

「唾切の矜持」

桃宮唾切は元々桃太郎機関の研究員であった

日々起きて研究して寝る、そんな繰り返しが彼にとってはとても心地のいいものだった

しかしその平穏を破った男・桃部真中によって唾切は前線へと出る事になる

壊された平穏の代わりに得たものは久しぶりの食事の味と鬼は殲滅しなければいけないという教訓であった

そう彼を失ったその日から・・・





「埼玉に近くても東京は東京です」

四季達は無陀野に連れられて光が丘に来ていた

目的は東京で働く部隊の見学であったが、それと同時に今後隠密・医療・戦闘の各部隊に進路を決める上での説明も受けていた

自由時間に四季は神門という男と出会い意気投合して友達になる

本職は警察官という彼は実は桃太郎機関13部隊の副隊長だったが、四季も変装しておりお互いが敵だとはまだ気づいていなかった





「緊急事態発生」

車に轢かれそうになった姉妹を見過ごす事が出来ず迅は鬼の血を使って姉妹を助けてしまう

それにより練馬区で鬼の反応が確認されて桃太郎機関が出動する騒ぎまで発展してしまう

その情報にいち早く飛びついた桃巌深夜は練馬区管轄の桃華に話を持ちかけて協力させようとする

一方で鬼達も地下のアジトに集まり今後の方針について淀川達と話し合っていた

レビュー

こんにちは

TikTokで話題沸騰中の桃源暗鬼の5巻です

初耳・・ていうかTikTok見たことないんだった(笑)

色々なメディアを介して作品をアピールしていくっていうのも令和の漫画には必要かも知れませんね

さぁ若者よ!もっと見てくれ!!

というわけで今回は京都編の事後処理からの東京編スタートです

学校帰ったと思ったら東京でまた桃太郎機関に出くわすって・・学校全然行ってないし途中で1話丸々使った部屋割りは何の為だったんだろう・・・?

6巻で終わらなさそうな展開だから下手したら同じ部屋で過ごすことがないかも知れないですね(笑)

鬼には鬼の事情があるように桃太郎には桃太郎の事情があるのが必然です
お互いの正義をぶつけ合って戦いどちらかが死んでもその命に正悪はないのかも知れません

あるのはそれぞれの矜持だけ

ここまでの展開では鬼は弱くても頑張って生きている者たち、桃太郎は強くて鬼を蹂躙する者たちというフィルターで見ていましたがあれだけ暴虐キャラだった唾切にも悲しい過去といきさつがあると知ってしまうと正義の行方は分からなくなってしまいますね

作中で四季がいっていた通りその状況を作った者だけを倒して憎む必要のない敵とは戦わないで済めばそれが一番なのかなと思いました

でもそんな風に上手く行けば戦いなんて起こらないですよね

ましてや今度の敵である深夜なんかは出世欲の為なら何でもする男です
やはり戦いを避けて通る訳にはいかなくなるでしょうね

なんか最近のバトル漫画ってどちらの言い分も間違っていない事も多くて読後に考えさせられてしまいます

昔のスッキリバトルに慣れてるとなんか重いですよね、面白いんですけど

さあ今度の相手も一筋縄ではいかないようですが四季は無事自分の部屋に帰ることが出来るのか?帰っても迅と同室だから嬉しくないのか?

色々な問題がまだ持ち越しとなります(笑)

6巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

漆原侑来先生のつぶやきはこちらからチェック→Twitterリンク


ところで

みなさんは好きな東京23区はありますか?

Luck'o
Luck’o

僕は葛飾区です!(ビシッ)

・・・コウエンマエハシュツジョ・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました