じょしまん。 2巻(吉田丸悠)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0194

じょしまん。02ギャグ・コメディ
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは8/19発売の
じょしまん。」2巻(吉田丸悠)です

概要

エロ漫画家で地味子の寺尾、少女漫画好きでギャルの田中。
相容れない女子校生2人がエロ漫画界に風穴を開ける!
編集者から個性が足りないと言われて悩む寺尾は自分だけの表現を見つけるべく、
大量のエロ漫画を所持する親戚の元へ田中とともに向かうのだが――!?

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 じょしまん。 
作者
 吉田丸悠 
発売日
2021年8月19日
掲載誌
 webアクション 
ジャンル
漫画・百合

サブタイトル

第6話 女子高生、エロ漫画を学ぶ。

第7話 女子高生、エロ単行本を出す。

第8話 女子高生、エロ漫画に沈む。

第9話 女子高生、エロ漫画を辞める。

第10話 女子高生、エロ漫画を辞めない。

主な登場人物(新規・更新)

♡石倉陵(いしくら りょう)
18歳、高校中退で期待のエロ漫画家

♤卓郎(たくろう)
寺尾の叔父、42歳フリーター

♤北嶋(きたじま)
寺尾の雑誌の編集長

ポイント紹介

「田中開眼⁉」

放課後、田中が寺尾に呼ばれてたどり着いたのは彼女のおばあちゃんの家だった

そこには寺尾の叔父・卓郎(42歳フリーター)のエロ漫画蔵書がありそこで先人の作品に触れて創作への足掛かりを掴もうとしていた

だが得るものがあったのは田中だけではなく、彼女と接する事で寺尾も新しいエロ漫画への視点を手に入れ自身の殻を破ろうとしていた

その成果はすぐに目に見えるものとなっていった・・





「同じ年、違う立場の結果」

寺尾はおでらさとしとして初単行本に意欲を出していたが、その前には「女子高生」という大きな障害が存在していた

事が明るみになると寺尾自身は勿論、関係者や家族にまでその悪影響が及んでしまう事から編集部は卒業までのあと半年出版の先延ばしを打診してきた

その一方で才能を認められた石倉は北嶋編集長の肝いりで活躍の場を増やそうとしていた・・





「持つべきものは・・」

寺尾を押しのけてエロ漫画のスター街道(?)に上がってきた新人石倉に一言物申しに来た田中はなぜか彼女とカラオケを歌っていた・・

寺尾はその頃担当の西村と一緒に単行本の直談判を行っていたがやはり女子高生という立場では動かせない壁に跳ね返されてしまう

あと半年が待てない寺尾は高校を辞めることも考えたが、落ち込んだ彼女を慰めてくれたのは田中・石倉の同じ目標を持つ同世代の仲間であった

レビュー

こんにちは

ピュアな女子高生がエロ漫画の頂点を目指す漫画サクセスストーリー・じょしまんの2巻です

色々設定が渋滞しておりますが(笑)

さあ1巻でエロ漫画の深淵に足を踏み入れかけた田中でしたが、今回は寺尾が中心でストーリーが進んでいきます

自分の作品を成長させるために田中との出会いが必然だったかのように、素人の田中は寺尾にたくさんの気づきを与えてくれます

そしてその意欲は仕事場だけにとどまらず学校などでも田中を巻き込み翻弄され放題の田中はもうダウン寸前です

そこに現れた超新星・石倉によって寺尾は更に色々な問題に直面していきます

同じ同期、十分な才能、そして同じ年
違うのは女子高生かフリーターかだけ

しかしその社会的立場が逆に寺尾を苦しめる事になってしまいます

寺尾は働けない父の代わりに手っ取り早く収入を得る手段としてエロ漫画家を選んだ訳なので、もしそれ以外に彼女に才能があってお金になるものがあれば飛びついて結果を出すんでしょうね

めっちゃ経営者向きのメンタリティですよね

でもここに来て田中によってエロ漫画への情熱が喚起され、石倉というライバルまで登場しつつも3人で仲良くなってしまう当たりがさすがJKと言わざるを得ませんね(笑)

後半には新たな展開も用意され寺尾のエロ漫画家としての成長、石倉のデビュー、そして田中はそれに追いつけるのかまだまだ楽しみな要素満載です

3巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

吉田丸悠先生のつぶやきはこちらからチェック!→ Twitterリンク


ところで

みなさんの最終学歴は何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕は水族館卒(脱?)です!(ビシッ)

・・・ニゲタノ?・・

ではまた次回の新刊で!

じょしまん。 記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました