公道ウルフ 4巻(野口賢)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0190

公道ウルフ04アクション・アドベンチャー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは8/19発売の
公道ウルフ」4巻(野口賢)です

概要

生まれ変わった直見のMR-Sをテストするために首都高を走るハヤテ。だが環状を荒らす白い86を駆る沖田レイがハヤテに挑戦。コーナー最速を誇るカートの元世界チャンピオンのレイと、ハヤテは命をかけた勝負をすることに……!! 今度の敵は86。新生MR-Sの性能は如何に!? 『バビル二世 ザ・リターナー』の野口賢が精緻な画力で描く迫力の公道レース!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 公道ウルフ 
作者
 野口賢 
発売日
2021年8月19日
掲載誌
 ヤングチャンピオン 
ジャンル
車、バイク、レース

サブタイトル

Race.21 白い86

Race.22 挑発

Race.23 沖田兄弟

Race.24 デッドヒート

Race.25 ウィークポイント

Race.26 コーナー

Race.27 銀座ストレート

主な登場人物(新規・更新)

♤沖田嶺(おきた れい)
元カートチャンピオンの交通機動隊員、愛車は86

♤沖田総司郎(おきた そうじろう)
嶺の弟

ポイント紹介

「新生MR-Sと旧式の漫画家」

直見のMR-Sはエンジンのパワーアップから車重の軽量化まで余すところなく改良を加えS2000とも対等に戦えると太鼓判を押された状態で帰ってきた

その証拠にハヤテの運転に十分なレスポンスで応えてくれすぎるが故に直見の内臓が悲鳴を上げる程であった

直見の悲鳴をよそに首都高を快調に飛ばすMR-Sの後ろに貼り付いてきた白い86は最近巷で噂の車だった・・・

「天才の所以」

元カートの世界チャンピオンにして現警視庁交通機動隊2年連続白バイ№1の男・沖田嶺

そんなモータースポーツの天才の挑戦を受けたハヤテは臆するどころか口元に不敵な笑みを浮かべていた

しかし序盤で沖田に前を取られてしまい追う展開となってしまうが、新生MR-Sとハヤテの見せ場はこれからとばかりに86に突っかかっていく

沖田の前に出るチャンスは本当にあるのか?

「謎の闖入者」

内臓の悲鳴に耐えながら直見はこの勝負がオーバーテイクの技術で決まると確信していた

天才沖田が前を抑えハヤテがそれを攻略に仕掛ける展開が続いていたが、周回遅れ(一般車両)をやり過ごしながらのレースは想像以上に難易度の高いものであった

その時2台のバトルに気づいた1台のポルシェがスピードを上げて地力を誇示するようにコースを塞いで見せる・・

レビュー

公道ウルフの4巻です

首都高に戦場を移しながら今回はvsトヨタ86です

最近はよく見る系のスポーツカーですね、ナンバー「・・86」とセットで
ひと昔前だと男子は少なからず車に興味があったし、自分がなくても周りがメッチャあったりするんで何となく知識として入ってくる時代でしてが今は知らない人は知らないままって感じなので結構レースって難しいジャンルだと感じてしまいます

かくいうLuck’oもそれ程詳しくはないのですが友人にインプレッサとかスカイライン、二輪の好きなのがいて自分もまーまー乗ってる気になってました(笑)

では本編に戻って今回の敵はトヨタ86、しかもドライバーは交通機動隊所属の人間です

・・・いいのか?警察・・?

しかも夜に弟を連れて首都高を飛ばすヤバい奴ですが、彼も何かしら訳アリのようですね

その辺は今後語られてくるのでしょう

あくまでイメージですが首都高ってカーブ多そうだし一般車両も沢山走っていてレースをするにはかなり難しい状況ですよね

ドライバーの腕と勘が試されるコースですね

あ、よい子はマネしちゃ駄目ですよ、漫画で楽しみましょう

でも中盤以降はレース展開よりも直見先生の死にそうな顔が気になって仕方なかったです(笑)

沖田も体調悪そうで2人が「もってくれよ俺の体・・」とか狙ってる所にハマってました

逆に平気で助手席に乗ってる総司郎も凄いんですけどね、助手席の方が酔うし・・

あとポルシェディスりが最高でした

「カーブが早いポルシェを見たことが無い」(笑)

さて次回で86編は終了していよいよカー雑誌対抗レースが近づいて来るのかな?

まだ何戦か参加者とのバトルがあるのでしょうかね

出来れば地方の行動でバトルして欲しいな~と思います

新しいドライバーと車に期待しましょう

5巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

野口賢先生のつぶやきはこちらから!→Twitterリンク


ところで

みなさんは好きな車は何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕はコンボイです!(ビシッ)

・・・シレイカン~・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました