夏目アラタの結婚 6巻(乃木坂太郎)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0198

夏目アラタの結婚06サスペンス・ミステリー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは8/30発売の
夏目アラタの結婚」6巻(乃木坂太郎)です

概要

殺人妻の母親は何者だ? 真実へ迫る!

緊張の控訴審。「真犯人は自分の父親だ」そう証言した真珠だったが、彼女の言う父親・三島とは血の繋がりがないことが判明し、法廷で追い込まれてゆく。
事件の鍵、真珠の心を解く鍵は父親ではなく母親だと直感したアラタは、すでに亡き真珠の母親・環の心を探ろうと試みるが…!?

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 夏目アラタの結婚 
作者
 乃木坂太郎 
発売日
2021年8月30日
掲載誌
 ビッグコミックスペリオール 
ジャンル
結婚サスペンス

サブタイトル

第42話 キュートだ

第43話 大事な「幻想」

第44話 好敵手

第45話 幼稚な戦略

第46話 蜃気楼みたいなもん

第47話 しんどいこと

第48話 たくさんの「ヒント」

第49話 共同作業

第50話 お前の秘密

主な登場人物(新規・更新)

♡アラタの母親
何度も離婚を繰り返した母親に不向きな女性

ポイント紹介

「なくなった前提」

三島正吾は本当に真珠の父親なのか?

検察はその前提条件を崩す事で真珠の発言は全て妄言であったと証明しにかかる

一歩一歩真珠が有罪に近づいていく状況を本来は喜ばなければいけない筈のアラタは、なぜか心の奥底で真珠を失いたくないと思い始めていた

それは2人が紙の上の約束を越えた夫婦になろうとしているからか?

はたまた真珠の掌の上での事なのかまだアラタにはわからなかった・・


「嘘を知る男」

涙ながらに母親を語る姿、自暴自棄になり法廷内で叫ぶ姿、そして突然アラタの元に駆け出そうとする姿

真珠の言動・行動の全てが嘘をついているようには見えない

いや真実に他ならないと法廷内の多くの人間が自分の考えを疑わない中、1人だけ上の空で裁判を見守る男がいた

その男は誰よりも「嘘」の本質を知っていた

それは法廷ではなく自身の生活にずっと付き纏ってきた嘘であり、それを人生でずっと見守ってきたが故にわかるものであった・・



「自分には見えていない真実に向かって」

夏目アラタは品川真珠に踊らされている

検察も弁護人も裁判官も皆が心の中でそう思っていた

そして誰よりもその自覚があるのはアラタ本人だったのかも知れない。真珠の母親がどんな気持ちで彼女を育てていたのかを知るために、アラタは母子家庭で自分を散々振り回した母親にコンタクトを取って聞いてみる

そして自分は既に真珠から今後の展開へのヒントを多く受けていると実感した上で再び面会へと赴くのだった



レビュー

こんにちは

夏目アラタの結婚の第6巻です

ついにシリーズ累計100万部を突破しました

普通の作品ならアニメ化お待ちしてますって言う所ですけどちょっと難しい内容ですよね~

ドラマ化は?と思ったけど真珠の歯がガタガタなのは大前提なのでさすがにこれもこのままでは難しそうですよね

漫画作品で楽しむのは勿論なんですけど多くの人に知ってもらうにはめでぃ漫画作品で楽しむのは勿論なんですけど多くの人に知ってもらうにはメディア化というツールは必須ですからね

NETFLIX 辺りにお願いしましょう!

というわけで今回は前回の裁判の続きからスタートですが真珠本人ではなく母親の品川環にフォーカスが当たっていきます

真珠の状況を見る限り親には向いていない女性、でも暴力的な虐待はなくなにかしら母親としての歩み寄りを見せようとしていたようには見える

その真実に迫れるのは日々児相で働いている自分ではないのかとアラタは思い当たりますがその手がかりを掴むことは出来るのでしょうか?

まあ元々犯罪に紐づいたストーリーなので裁判もその中に入って来るのですが、裁判漫画でもいいんじゃないかと思えるくらい濃厚なやり取りが続きました

しかもそのやり取りについて行った上にしっかり裏の思惑まで読んでいるアラタって中々に頭がいいですよね

ちょっと見直しました(笑)

検察、弁護、被告、裁判官、アラタ果ては卓斗までいったい誰が本当に主導権を握っているのか読めない展開に緊張感が凄いですね

さっきまでモブみたいだった人がいきなりスポットライトを浴びたりしてどこに転ぶのかさっぱりわかりません

そして今回はアラタの母親が登場します

度重なる再婚を繰り返しアラタの人格歪曲に一役買った人物ですが、モチは餅屋とばかりにシングルマザーの心境を吐露ながら推理に参加してくれます

この視点はアラタでは絶対に持てない視点なのでアラタの閉塞感を吹き飛ばすには持って来いの人材でしたね

しかもキャラがいい

この親にしてこの子ありって感じです(笑)

さあここからはアラタが真珠から与えられた情報を整理しながら真実を紐解いていくパートに入ります

何か大事な物証にたどり着くことはできるのでしょうか?

本当に次の展開が読めなくて面白いけど、やっぱり真珠が勝ってる気がするな~

7巻に続く

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品


ところで

みなさんが好きな缶詰は何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕はサンマの蒲焼です!(ビシッ)

・・・タレガウマイ!・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました