太陽と月の鋼 3巻(松浦だるま)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0199

太陽と月の鋼03新刊コミックレビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは8/30発売の
太陽と月の鋼」3巻(松浦だるま)です

概要

刀を握れぬ武士が、愛する者のため覚醒する

食うにも困る下級武士の竜土鋼之助。武士としての誇りが人一倍強いこの男には、『触れた金属を曲げてしまう』という特異な能力があった。そんな鋼之助のもとに嫁いできた美しき女、月。深く結ばれた二人であったが、突如現れた謎の男によって月はさらわれてしまう… 愛する者を失い、失意の底にいた鋼之助だったが、そんな彼の前に一人の巫女が現れる。果たして彼女は鋼之助をどこへ誘うのか?

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 太陽と月の鋼 
作者
 松浦だるま 
発売日
2021年8月30日
掲載誌
 ビッグコミックスペリオール 
ジャンル
歴史

サブタイトル

第18話 ヘリオスフィア

第19話 蝶形図(バタフライ・ダイアグラム)

第20話 羊斑(プラージュ)

第21話 ヘリオポーズ

第22話 スピキュール

第23話 縁(リム)

第24話 アナレンマ

第25話 光球(フォトスフィア)

第26話 コロナホール

主な登場人物(新規・更新)

♡斑(まだら)
土御門に従う女性、虫を操る事が出来る

♤土御門晴雄(つちみかど はれたけ)
土御門家の当主で安倍晴明の子孫

ポイント紹介

「身分不相応な敵」

襲撃者を何とか撃退した鋼之助だったが、すかさずお明は彼に逃げる事を進言する

その理由は襲撃者の正体が京の公家にして陰陽師の宗家の「土御門」だとわかったからだった

食うにも困る貧乏武士には強大すぎる相手だったが、月を拐われ乙吉を殺された立場では鋼之助の苛立ちも相当なものだった

江戸を急ぎ後にした鋼之助とお明は小塚原の処刑場で謎の女と遭遇する




「虫の女王」

虫を操る女・斑によって2人は死の淵へと追いやられていく

蝶・蠅・蜂・バッタ・その他数々の羽虫毒虫が大挙して押し寄せてくる状況に数多の傷を負いながら鋼之助は逃げ回ることしか出来なかった

そんな強敵・斑もかつては虫と共に産まれ母胎を殺した事から、祟りと忌み嫌われ命を脅かされ続けて生きてきた

それを変えたのはある少年との出会いであった・・・




「見え過ぎた未来の行方」

お明は暴走した鋼之助を抑える為に必死に彼を呼び戻す為の何かを見えない目で探ろうとする

すると精魂尽き果てた身体のせいで今度はお明の未来を見る目が暴走を始め、今いる小塚原の未来を写し込んで来る

閉じる事も出来ない目に飛び込んできたのはまだ見ぬ文明の世界

文明開花、戦争・・・そして川の先に見えるのは「スカイツリー」・・・⁉︎

レビュー

こんにちは

太陽と月の鋼の3巻です

鋼之助の突飛な異能設定で始まった今作ですが、おぼろげながらですがストーリーの輪郭が見えてきました

お明、斑と鋼之助とは違った異能を持つ者たちが現れ、彼らは「通力使い」と呼ばれるようです

それを束ねるのは陰陽師の最高峰「土御門家」

鋼之助の金属を曲げる能力もその「通力」なんでしょうね

そして対立の図式は貧乏武士vs公家・・・はい!負けました(笑)

そのまま単純に対決するかどうかはわからないですが、月を救うための障壁になることは間違いないんでしょうね

今回は相手が土御門としりお明のアドバイスで江戸を逃げ出しますが時すでに遅し

土御門の手のものにロックオンされてしまっていました

そして現れたのは虫使いの女・斑

これがまた生半可じゃない虫っぷりで、お食事中の人は読まない方がいいレベルですね

あと虫が苦手な人も・・

対する鋼之助も我を失いながら彼の「通力」の片りんを見せてくれます

どうも金属を触れはしないけど操ることが出来そうな感じですね

まだ本人もコントロールできていないので何が出来るかはハッキリわかりませんが・・

それ以上に気になるのは鋼之助の戦闘でのダメージですね

虫に刺されたり毒やらかぶれやら擦り傷やらの上に体内まで虫入れられて今後大丈夫なのか心配になります

これがなろう系なら回復呪文かけてサラッと元に戻るし、腕が取れても引っ付きそうですけどこの時代ではそうはいきませんよね

もしかして「通力」で治す者はいるのかも知れません

そうでないと鋼之助はお陀仏ですよ、マジで

状況が悪くなる一方で心配しかありませんが次の展開も凄く楽しみです

4巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

松浦だるま先生のつぶやきはこちらから!→Twitterリンク


ところで

みなさんは好きな虫は何ですか?

Luck'o
Luck’o

僕はカブトムシです!(キリッ)

・・・ツノガステキ・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました