花園さんちのふたごちゃん 全7巻(北島音奈)【漫画あらすじ紹介とネタバレビュー】

花園さんちのふたごちゃん07恋愛

冴えない男子×陽キャギャルの姉&現役アイドルの妹双子ペアが共有する秘密の偽装恋人計画!密かな想いが交差する甘酸っぱい学園ラブコメスタート!

luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくレビューします

ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい

皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

※ご注意
ネタバレボタンはネタバレを含みます
ご自身の判断でご利用いただくようお願いします

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

作品情報

【タイトル】
 花園さんちのふたごちゃん 
【作者】
北島音奈
作者のTwitter
【掲載誌】
 週刊少年マガジン 
【ジャンル】
ラブコメ
【巻数】
全7巻

オススメポイント

  • タイプの違う双子のヒロインが魅力的な恋愛模様を繰り広げる
  • 学園行事やアイドル事情などイベント盛りだくさん
  • 双子以外にも多彩な女性キャラ達が登場!

ストーリー紹介

谷多々良には他人が羨む幼馴染がいた

彼女の名は花園百合子

今をときめくアイドルグループ「音羽坂47」のメンバーである

そんな百合子にウィズミーランド(ディ○ニー的な)に誘われれば返事は「ハイ」か「OK」しかありません

当日は身バレしないように百合子は双子の姉・蘭子に扮して過ごしますがこれを学校の新聞部にスクープされてしまい大変な事態に陥ってしまう

事情を察した蘭子は多々良と付き合っている発言をして騒動を収めてくれたが、彼女は百合子とは似ても似つかぬ真正のギャルだった

平凡を絵に描いたような男子高校生とカースト上位のギャル女子高生が百合子のアイドル生命を守るために偽装カップルを演じ始める

1巻(2020/12/9)

花園さんちのふたごちゃん(1)

収録

第1話 ギャルとアイドル
第2話 カップル大作戦
第3話 機嫌を直して蘭子さん
第4話 0距離お勉強会
第5話 百合子のご褒美
第6話 モヤっとショッピング
第7話 きっかけの落雷

内容紹介

多々良 百合子にウィズミーランドに誘われる

 蘭子に変装した百合子とデートするとそれを新聞部にすっぱ抜かれる

 状況を察した蘭子が多々良と付き合ていると公表する

  ↓

◆ラブラブカップル大作戦決行

 多々良蘭子 校内では極力一緒に行動する

 蘭子の友達に疑われるも蘭子が多々良にキスをして言い逃れる

  ↓

多々良 黒髪清楚キャラしか勝たないという発言が蘭子の耳に入る

 蘭子に勉強を見てもらう為10年ぶりに花園家に入る

  ↓

蘭子 今でも多々良が好きだと実感する

解説という名のネタバレ

主人公の多々良は何ら変哲もない平凡な男子高校生です

顔も中の下ぐらいでしょうか(笑)

そんな彼には双子姉妹の幼馴染がいました

妹は今をときめくアイドルグループ「音羽坂47」のメンバー・花園百合子

姉は多々良とは対極なクラスのカースト上位ギャル・花園蘭子

どちらも縁遠い存在なのですが、子供の頃は双子が多々良のお嫁さんの座を取り合っていたいたほどでした

もうそれも10年前の事と思っているのは多々良だけで実は百合子は今でも多々良の事を思っていて仲良くなるきっかけをいつも模索していました

その一環で多々良をデートに誘った百合子は、身バレしないよう蘭子に変装して出かけますがこれを新聞部にスクープされてしまい大事になってしまいます

とばっちりを受けた蘭子でしたが、可愛い妹のアイドル生命を守るために多々良と恋人のフリをする事に協力してくれます

しかしいざ恋人宣言をして校内で2人っきりの時間を共有すると蘭子にも不思議な感情が沸き上がってきます

そう、蘭子もまだ多々良の事が好きだったんです

百合子が好きだけど憧れレベルで止まっている多々良、多々良が好きだけど表に出せない百合子、多々良が好きで毎日恋人のフリをする機会を得た蘭子

果たしてこの3人の恋の結末はどこに向かうのでしょうか?

一言感想

百合子も一途でいい子だけど蘭子はそれ以上にいい子だよ。多々良、絶対蘭子にしときなさい!

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

2巻(2021/2/9)

花園さんちのふたごちゃん(2)

蘭子は中庭で漫画を描いてギャル3人組にいじめられていたすみれを助けに入るが、原稿を汚してしまい逆に迷惑をかける形になってしまう。締め切りが明日に迫っていると聞き、せめてものお詫びにアシスタントを申し出る。

一度は完成した原稿だったが、翌日またしても3人組によって捨てられたと聞いた蘭子と多々良は焼却炉前にまとめてあった紙ゴミを片っ端から探し始める。3人組の行動に腹を立てていた蘭子だったが、やりたい事にひたむきになっているすみれをやっかむ気持ちはかつて百合子を見ていた自分に似ているものがあると感じていた

収録

第8話 すみれ①
第9話 すみれ②
第10話 すみれ③
第11話 ビーチ・クライシス
第12話 温泉・クライシス
第13話 まりっちからの指令
第14話 ベッドルームの葛藤
第15話 百合子のお仕事
第16話 二つのお願い
第17話 水族館デート with ふたご①
第18話 水族館デート with ふたご②

内容紹介

蘭子 いじめられているすみれを助ける

 蘭子多々良 すみれの原稿を汚してしまいアシスタントを申し出る

  ↓

蘭子多々良 ラストシーンのイメージですみれにキスを求められる

 再びすみれが原稿を隠され2人で探し回る

  ↓

多々良 蘭子達の旅行に強制参加させられる

 まりっちに嘘の恋人関係がバレてしまう

  ↓

多々良蘭子 同室で一晩過ごす

 多々良 仕事で伊豆に来ていた百合子と偶然会う

 百合子が合流してみんなで水族館に出かける

解説という名のネタバレ

他のマガジンラブコメ同様に序盤は新キャララッシュとなります

出てきたのは漫画家を目指す少女・すみれ

彼女は自分の夢を叶えるために日々出来ることを最大限やろうとするのですが、学校でみんなと違うことをしているとカースト上位からは異端扱いされてしまいます(※じょしまん参照

しかもしているのが漫画を描くことで彼女自身もコミュ障と来たら狙われてしまいますよね

・・・しかし、漫画を一生懸命描いている女の子を虐めるって描いてる漫画家も心を痛めそうなシーンですよね、よくあるけど(笑)

大体このパターンは最後にすみれがなぜか多々良に惚れて恋のライバルが・・ってなりそうだけど、ここは蘭子の人としての魅力が目一杯描かれるエピソードになっています

また登場しそうな気がしますけどここですみれは一旦さよならです

しかし、蘭子っていい奴ですね

多分登場時って百合子の方が人気ありそうだったけど、ストーリーが進むにつれ蘭子のかわいさが際立ってきましたね

そして伊豆編に突入です

男子1人女子4人の旅行って羨ましすぎる・・

まぁ、多々良は蘭子1人でも手一杯なんでそんな余裕はなさそうですが

しかし・・多々良ってホントに普通・・ですね

ここではまりっちが蘭子の背中を押してくれます

女子はやはり色恋沙汰には敏感です

その間に百合子も仕事で伊豆に行き、少しだけ多々良や蘭子達と合流しますが彼女の中にも段々とモヤモヤしたものが出てきます

そりゃあかなりの時間多々良と蘭子が一緒にいると考えればモヤモヤして当然ですよね

この状況下では百合子がアイドルの夢と多々良への恋の両天秤になっているので彼女が一番難しい選択を迫られるのではないでしょうか?

今の所、多々良は激ニブなので蘭子の気持ちに全くきづいていませんがそこのバランスが崩れた時が見ものですね

恋をしたい2人には距離があり、恋をしてはいけない2人の距離は縮まっていく面白い展開です

まだまだ展開は序盤なので、今後の三角関係の推移に注目です

一言感想

何気に色々不用心な2人(笑)蘭子がどんどんいいキャラ出してきて好きになる

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

3巻(2021/4/8)

花園さんちのふたごちゃん(3)

まりっちが仲間に加わり「恋人のフリ作戦」は盤石になったと安心の多々良だったが、彼女の目的は「多々良を落とす2年計画」であった。その多々良は風邪を引いて熱を出しダウンしてしまう。彼女のフリを利用して多々良の看病を買って出た蘭子だったが、偶然百合子も用事で多々良の家を訪れ双子揃ってのお見舞い攻勢となる。発熱以外の熱が出そうな多々良はこのチャンスをモノにできるのか⁉

収録

第19話 まりっちの2年計画
第20話 百合子流看病術
第21話 蘭子流看病術
第22話 猪村もも
第23話 ももの交換条件
第24話 猪村さんちの衝撃
第25話 多々良と蘭子のスパイ大作戦
第26話 強制オーディション
第27話 獲っちゃえ世界‼︎
第28話 百合子の握手会
第29話 ゼロじゃないって話

内容紹介

多々良 まりっちが味方になったと知る

 蘭子 まりっちによる「多々良を落とす2年計画」発動

  ↓

多々良 風邪を引いて双子に看病される

 蘭子 もものバンドにスカウトされる

 多々良 ももにデートの写真を奪われてしまう

  ↓

◆ももに双子の姉・うめがいると発覚

 聖奈、めめ、ティナがうめのバンドに加わる

 蘭子 バンドのボーカルを引き受ける

  ↓

◆文化祭で軽音部主催のバンドコンテストに参加する

 MeTube審査の作戦を練る

 多々良 写真を取られたことを知られまりっちから説教される

解説という名のネタバレ

百合子と蘭子の多々良好き具合にイラッとしますね(笑)

恋人のフリをしている分、普段多々良との接点が多い蘭子に危機感を覚えた百合子はかなり積極的に多々良にアプローチしていきます

看病しながら進路の話をしたり握手会の練習にかこつけて普段言えない事を言ったりと引っ込み思案な百合子らしくない積極性が垣間見えました

蘭子も多々良の恋人のフリを最大限に利用してすこしでも自分の方を向かせようと精一杯の看病をします

しかも蘭子には勝手知ったるまりっちまで味方についています

これは大きなサポートですが、いかんせん当の多々良が鈍すぎて残念な感じです

そしてここから新しいステージに進んでいきます

その鍵を握るのは同じ学年の猪村ももです

彼女は2年の猪村うめと双子なのですが、4/1〜4/2にかけて生まれた為学年が分かれたそうです

一緒の学年になる事も出来たけど親の方針と説明していますが、普通親なら同じ学年にしたいと思うんじゃないんですかね?

あえて学年分けたがる親はいないでしょう

うめももももギターをやっていて、なんでも優秀なうめにどうしても勝ちたいももは文化祭のバンドコンテストのメンバーを募るべく辺り構わず声をかけていきます

その中で蘭子だけはももが事前に見初めていたそうなのですが詳しくは本編をご確認ください

この作品は恋愛に関しては今の所多々良と双子だけで進行しています

他の作品はすぐハーレム展開に行くものが多い中で恋愛のベクトルがわかりやすく読む方もストレスなく双子のラブコメを楽しめるのではないでしょうか

新キャラも加えバンドコンテストが今後過熱してくると期待します

4巻は夏休みかバンド編になっていくのでしょうがどんどん積極的になっていくふたごちゃんから目が離せませんね

一言感想

展開は変わっても3人で恋愛する図式は変わらないのがいい。でも徐々に蘭子がアドバンテージを得つつある

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

4巻(2021/6/9)

花園さんちのふたごちゃん04

ももの家で行われた方針会議はものの見事に難航する。それぞれの主張が違いすぎて方針が固まらないままももが先導しようとするのを見た多々良は、バンドとしての総意がなければ意味がないと口を挟む。しかし方針会議は振り出しに戻ってしまい頭を悩ませていると、ふと多々良の視界に蘭子とティナが入り5人中2人いるギャルを活用してはどうかと「ギャル系バンド」を提案する

収録

第30話 わがまま娘の取り扱い説明書
第31話 聖奈の乱①
第32話 聖奈の乱②
第33話 YURIKO HOUSE①
第34話 YURIKO HOUSE②
第35話 YURIKO HOUSE③
第36話 フォロワーGET大作戦①
第37話 フォロワーGET大作戦②
第38話 Wデートで不協和音①
第39話 Wデートで不協和音②
第40話 Wデートで不協和音③

内容紹介

◆バンドの方向性が難航する

 勝手に進めようとするももを多々良が諫める

  ↓

◆ギャルの衣装を買いに行く

 多々良 聖奈に誘惑される⁉

  ↓

◆夏休みに入る

 多々良 百合子に誘われて館山のペンションへ

 百合子の主導でお泊り会を行う

  ↓

多々良 伸びないMeTubeでの展開を提案

 蘭子 多々良と百合子が会っていたのを知りご機嫌斜め?

解説という名のネタバレ

今回は初めて(?)多々良が役に立ちます

バンドメンバーがようやく集まり方向性を決める集まりでももは自分の意見を重点的に反映させようと暴走し始めます

そこで多々良が待ったをかけてバンド結成と目的の意義をしっかりももに説き伏せます

正論で頭を押さえつけられたももは渋々多々良に従うしかありませんでした

更に伸び悩むMeTube審査の再生回数を打開するための案も出し、バンドへの貢献度はかなり高いものになりました

ももの勢いが強すぎて他のメンバーと意見がまとまりにくい所を上手く立ち回った結果ですね

ここまで偽装行動の為とは言え多々良と蘭子が中心でストーリーが進んでいましたが、ここにきて百合子が動きを見せます

館山にあるペンションに多々良を呼び出すとバカンス兼お泊りで多々良と濃密な時間を過ごす計画を立てます

現役トップアイドルの行動としては破天荒過ぎますね(笑)

でも多々良がアイドルとして頑張る事の原動力である以上充電は絶対に必要です

多々良も幼馴染とはいえアイドルに呼び出されてホイホイ出て行く辺りかなり脇が甘い気がしますけどね

何の為に偽装してるかわかってるんでしょうか?

しかも百合子と会った事が蘭子にバレてしまいちょっと険悪なムードにもなってしまいます(多々良自身はそれを知りませんが)

バンドメンバーの3人もそれぞれ個性を出し始めてそろそろ演奏活動に入るのでしょうか?

そして塩野に春は来るのでしょうか?

一言感想

百合子にとって多々良の存在はモチベーションだし、蘭子は多々良のアドバイスでどんどんいきいきしてきますね。そんなにいい男かな?(笑)

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

5巻(2021/9/9)

花園さんちのふたごちゃん05

迎えた文化祭当日。午後に本番を控えた「勇者ももと最強の仲間たち」はPRの最後のひと押しになる物を模索し午前中に行われる爽涼祭名物“カップルバトル”に注目する。優勝カップルは校内放送に生出演出来るのでそこでバンドの宣伝をする為に優勝がマストとなる。しかもライバルのうめも出場していて尚更負けられない状況になってしまうが、競技は嬉し恥ずかし満載の内容で蘭子のメンタルは爆発寸前であった

収録

第41話 爽涼祭名物“カップルバトル”①
第42話 爽涼祭名物“カップルバトル”②
第43話 爽涼祭名物“カップルバトル”③
第44話 爽涼祭名物“カップルバトル”④
第45話 バンドコンテスト開幕!
第46話 勇者ももと最強の仲間たち
第47話 百合子の大事な話
第48話 勝負の行方
第49話 セカンドキス
第50話 ご褒美温泉旅行

内容紹介

◆バンドコンテスト当日

 もものバンドはうめのバンドの次に演奏となる

  ↓

多々良蘭子 手芸部主催のカップルバトルに参加

 塩野のアシストもありカップルバトルで優勝する

  ↓

百合子 9枚目シングルのセンターに選ばれる

 百合子の姉妹だと素性がバレ緊張する蘭子を多々良がリラックスさせる

  ↓

◆ 「勇者ももと最強の仲間たち」が優勝する

 打ち上げで蘭子が多々良にキスをする

解説という名のネタバレ

今回は文化祭のバンド編が完結ということで概ね蘭子パートとなっています

本番午前中にもうひとアピールする為にカップルコンテストで優勝して校内放送の権利を得るんだ~・・・ってかなり強引ですね(笑)

カップルにちなんだラブラブイベントで多々良のラッキースケベ狙いも混みなんでしょうが、うめはバンドメンバーと参加ってなんじゃそりゃ~⁉ってなりますよね

かなり無理矢理なイベントを経てようやく午後にはバンドコンテストもスタートします

うめのバンドの後に演奏をする事になって対抗意識バリバリのももをよそに、ボーカルのプレッシャーとカップルイベントでまことしやかに百合子の姉妹という事が広まって蘭子は歌への自信を無くしてしまいます

かなりテンパっている彼女を心配した多々良は何とか緊張を解そうと蘭子に近づいていきます

ここまで多々良の良さってよくわからなかったんですが、バンド編では打って変わってムードメーカーやアイデアマンとしていい感じに活躍してますよね

その上しっかりと蘭子のメンターもしている辺りホントの彼氏、もしくは敏腕マネージャーな感じです(笑)

そのくせ蘭子の気持ちには鈍感な所がいただけないんですけどね~

バンド編で蘭子推しもかなりふえたんじゃないかと思うんですが

百合子の方もシングルのセンターに抜擢されてアイドルの仕事では活躍しているんですが、多々良との関係はかなり距離が開いてしまいましたね

一緒に過ごしていない分蘭子ターンが多いのは仕方ないし、多々良自身は相変わらず百合子推しなんですけど本人は気が気ではないですよね、そりゃあ・・

もうちょっと蘭子ターンが続きそうな感じですが、百合子は好かれている分ひとつの行動で多々良にガツンと響きますから今後も手数の蘭子と一撃の百合子の図式は変わらないんでしょうね

2人の気持ちをちゃんと感じて多々良が重苦しく悩むことを切に望みます

一言感想

蘭子が百合子や歌、そして自分自身と向き合って成長する姿がまぶしい。今回は多々良もナイスアシスト!(塩野も)

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

6巻(2021/11/9)

花園さんちのふたごちゃん06

カップルコンテストに優勝した多々良と蘭子は景品の温泉旅行へと出かけるが思いの他豪華な宿に2人とも面食らってしまう

その名も「エグゼクティブスィートルーム ゴールド・ザ・天竺」

部屋の豪華さに呆気にとられながらも多々良は先日の蘭子のキスの真意をはかりかねどうやって接すればいいのか迷いの中にいた

そんな多々良の心配をよそにいつも通りな蘭子を見ていると心配ばかりしているのがバカバカしくなって多々良も旅行を楽しもうと開き直る・・・が、爆弾は早々に落とされる

収録

第51話 スイートルームで二人きり♡
第52話 めちゃくちゃなやつ
第53話 最後まで聞いて
第54話 多々良vs.蘭子!
第55話 寂しい教室
第56話 花園さんちに居候
第57話 百合子の決意
第58話 ボンちゃん襲来!
第59話 ボンちゃんのせいで…
第60話 これは事故なので

内容紹介

多々良蘭子 箱根温泉に到着

 蘭子 いつも通りよ装うがこらえきれず正直な気持ちを伝える

 多々良 自分のモヤモヤを解消できず卓球勝負を挑む

  ↓

百合子 芸能コースのある高校に転校する

 多々良の家の水道管が破裂 修理の間花園家に居候する事になる

  ↓

百合子 ボンちゃんを一晩預かる

 多々良と百合子が2人っきりになる

  ↓

百合子 寝ている多々良に近付いた時にボンちゃんに乗られキスしてしまう

 蘭子 2人の雰囲気に異変を感じる

解説という名のネタバレ

ここまで多くの苦労を共にした2人の間に愛情が芽生えても決しておかしくないです

・・・・なのに、蘭子が面と向かって好きと言っているのにちゃんと応えない多々良ってどうなんでしょう?

蘭子はそれなりに腹に落ちたみたいですが、女性に告白させておいてここまで煮え切らない男というのもちょっと考え物ですね

たしかに高嶺の花とも言える百合子が好きなのはわかります

でもここまでの流れで考えても百合子への気持ちは「憧憬」または「応援」の要素が強いと思うんです

だってアイドルですからね

彼女に釣り合う行為を大してしていなし付き合うなんてもっての他でしょう

いや、だからって蘭子が釣り合う訳ではないんですよ

それでももうちょっと蘭子の気持ちに誠実に応えて欲しかったなと個人的には思います

さて、そんなお互いの気持ちを確かめた箱根旅行が終わると百合子はアイドル活動に重点を置くために芸能コースのある高校に転校してしまいます

これで更に多々良と蘭子の関係が深まるかと思いきや意外な所から百合子のターンに入って行きます

多々良の家の水道管が破裂し修理の間家に住めなくなってしまいます

・・・水道管で??

というツッコミはさておき蘭子の提案で修理の間は花園家にお世話になる事になります

・・なにげに多々良って厚かましいな(笑)

当然何も起こらないなんて事はなく、蘭子と母親が家を空けるイベントが発生します

その状況を意識し合う2人

そして間には1匹の犬が・・・・犬?

百合子が一時的に預かった犬(ボンちゃん)のナイスアシストがあってラッキーイベントが押し寄せてきますがここでも多々良は戸惑うばかりで役に立ちません(汗)

この煮え切らない男に未来はあるのか?

次巻、最終巻です

一言感想

バンド回でちょっとでも多々良を評価した自分が間違いでした(笑)

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

7巻(2022/2/9)

花園さんちのふたごちゃん07

蘭子はまりっち達との女子会を切り上げて家に帰る。その手にはまりっちに持たされたスケスケの下着があった。さすがに多々良に見せる勇気はなかったけど一応来てみた蘭子は、多々良と百合子がキスしたと知ると勇気を振り絞ってお色気作戦で多々良にアプローチしてみる・・。イケてる双子姉妹と冴えない男子の恋物語、完結!

収録

第61話 蘭子さんは露出狂…⁉
第62話 大人の色気作戦!
第63話 お姫様と魔法使い
第64話 塩野の隠しごと
第65話 多々良の初恋
第66話 クリスマス①
第67話 クリスマス②
第68話 クリスマス③
第69話 猫カフェデート
第70話 頑張る理由
第71話 ラストライブ
第72話 勝手な憶測
最終話 多々良の答え

内容紹介

蘭子 スケスケ下着作戦を敢行

 多々良と百合子がキスした事実を知る

  ↓

すみれ 新人漫画賞で入選する

 多々良 漫画のキャラ設定で相談に乗る

  ↓

多々良 塩野に真実を話す

 【回想】入学した頃の百合子との出来事を思い出す

 もうすぐクリスマス→双子の誕生日

  ↓

多々良 まりっちの指導でケーキ作りをする

 蘭子 レコード会社にスカウトされる

 百合子 音羽坂世界選抜として海外での活動を打診される

  ↓

百合子蘭子 自分の将来と向き合う

 多々良 家庭の事情で群馬に引っ越す

  ↓

◆エンディング

百合子 初恋に区切りをつけアイドル活動に邁進する

蘭子 ソロ歌手として活動し着実に実力を付ける

多々良 現役で慶法大に合格→蘭子に告白する

解説という名のネタバレ

嘘が下手・・・という次元を超越した間抜けさで多々良は百合子とキスした事を蘭子に知られてしまいます

更に後日、塩野に蘭子とのカップルが偽装であるとバレてしまいます

こんな奴の為に頑張っていて蘭子に同情を禁じえませんね(怒)

結局、多々良と百合子の距離は縮まる事はありませんでした

ひとつは多々良が及び腰すぎて百合子の恋心に応えられなかった事も一因です

でも一番の理由は百合子が多々良への想いの意味に気付いてしまったからだと思います

もちろん多々良への想いは本物だったのでしょうが、それを起点としたアイドル活動も包括しての恋愛だったという事です

多々良の為にトップアイドルになって彼に振り向いてもらいたい気持ちから、アイドルとしてよりグローバルな活動に軸足を置いてより多くの人に活動を広めていきたい向上心が勝ったんでしょうね

だから百合子は多々良への想いに感謝しながら新しいステップへと進んでいきました

一方で蘭子は絶えず献身的に多々良に寄り添ってきましたが、百合子の大きすぎる存在によって忌避していた歌う事への憧れを現実にするチャンスに恵まれますがそれでも多々良を優先しようとします

それを知った多々良は蘭子の気持ちに正直であって欲しいと願い彼女も自分自身の一歩を踏み出していきます

そして多々良は家庭の事情で一度は群馬に引っ越していきますが、そこで自分と向き合いしっかり勉強して現役で有名大学に合格を果たします

そして2年前に逃げる事しか出来なかった自分の気持ちに決着を付けに東京へとやってきます

3人がそれぞれ努力の上に進んだ道で再会できるっていうのは素晴らしい終わりだったと思います

一言感想

そうだよね・・やっぱり蘭子と結ばれるべきだよね(泣)おめでとう!

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な登場キャラクター

♤谷多々良
(たに たたら)
冴えない高1

♡花園百合子
(はなぞの ゆりこ)
多々良の幼馴染、人気アイドルグループ音羽坂47のメンバー

♡花園蘭子
(はなぞの らんこ)
百合子の双子の姉、まごうことなきギャル

♤塩野祐樹
(しおの ゆうき)
多々良の親友

♡千堂真理亜(せんどう まりあ)
♡馬場(ばば)
♡佐瀬古(させこ)
蘭子の親友

♡小山すみれ
(こやま すみれ)
高1、漫画研究部、コミュ障

♤千堂淳一
(せんどう じゅんいち)
まりっち父親、カメラマン

♡千堂愛美
(せんどう まなみ)
まりっち母、女優

♡猪村もも
(いのむら もも)
1年、バンド結成に意欲を燃やす、4/2生まれ

♡猪村うめ
(いのむら うめ)
2年、ももの双子の姉、4/1生まれ、バンドガール

♡清川聖奈
(きよかわ せいな)
1年、ベース担当のビッチ

♡二葉めめ
(ふたば めめ)
1年、ドラム担当のコミュ障

♡伊集院ティナ
(いじゅういん てぃな)
1年、キーボードた担当のオラオラ系

♡花園杏子
(はなぞの きょうこ)
蘭子と百合子の母でデザイナー

♧ボンちゃん
百合子が先輩から預かった犬

♡塩野ハルキ
(しおの はるき)
祐樹の妹、兄には塩対応だが多々良には優しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました