不滅のあなたへ 9巻(大今良時)【既刊あらすじ&レビュー】File0015-09 ※一部ネタバレあり

不滅のあなたへ(9)既刊あらすじ&レビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは「不滅のあなたへ」9巻です

概要

”ウラリス王子ボンは見えないはずのものが見える男。その能力がゆえに、自分にはすべてが見えると思い込んだ彼はベネット教によって捕らえられてしまった。フシにはまだ自分も知らない能力がある。しかしそれは彼にとって本当に必要な能力なのか。そして、見えないものの存在に気づいたボンは仲間や民衆の未来のためにある選択をする──。これは繋がりゆく物語。”

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 不滅のあなたへ 
作者
 大今良時 
発売日
2018年12月17日
掲載誌
週刊少年マガジン
ジャンル
ファンタジー

サブタイトル

#75 罰とゆるし

#76 夢の先

#77 仮想と現

#78 剥がされたとばり

#79 黒い戦火

#80 底知れぬ敵

#81 拡がる意識

#82 未来への賭け

#83 支配

#84 共鳴

主な登場人物(新規・変更)

♡エコ
奴隷商に囚われた少女

あらすじ

「政治と友情」

新たな力を獲得しボンを助けに来たフシだったが、ボンはそれを拒否し残る事を選択する

ベネット教を満足させ異端狩りを止めるにはボンがフシを悪魔の仲間だと認める必要があった

正直に言い淀むボンに対しフシは生きること以上の事はないと笑顔で答えた

トドとチャボはフシが生成した遺体で死んだ事になった

そしてボンはベネット教の審問でフシを悪魔の仲間と認めた

同時に自分の大好きな人であるとも認めた

結果、ボンシェンの極刑が確定する・・・



「一方的な蹂躙」

カハクの中にいるノッカーが指し示した次の襲撃地はベネット教本山

フシにとって今一番行きにくい場所であったが、それでもフシは多くの人間をノッカーから守るために乗り込んでいく

だがノッカーの猛攻によってウーロイ、グーグー、シン、パロナ、リガードが次々に奪われてしまう

挙句、ノッカーを逃したフシは敵の誘いに乗って次の襲撃地に指定された沼へと赴いていく

足場の悪い戦場で相手の思うままに踊らされまた次々に姿を奪われたフシのピンチを救ったのはウラリスを発つ際に連れてきた白馬であった



「奴隷の少女」

ノッカーに指定された1年後の都市レンリルでの決戦に向けてフシが取り組んだのはより大きな物体を生成することだった

巨大な船の複製に取り組むフシだったが、パーツ単位での生成は出来ても大きな船を作る道筋が見えないままであった

気分転換の為、街に出掛けたフシは奴隷商に囚われた幼い男女を見つける

男の子は生命の危険がありそれを奴隷商に伝えるが全く聞き入れられなかったので、実力行使で救い出すが時既に遅く男の子は息を引き取った後だった

言葉が話せない女の子をエコと名付け船に連れ帰ったシキは、あるきっかけでエコから船を生成するヒントを得ることが出来た


レビュー

不滅のあなたへの9巻です

この巻の見せ場は間違いなくボンの審問シーンです

フシには自分の命大事さに彼を売り飛ばすという失望を買う発言をしておいて、実際は国を救い友との義理を命に代えて果たす男気に泣けてきました

もっと何も考えていない我儘なキャラだと思っていてごめんなさい(失礼③)

更に痩せたトドの可愛さ・・これは想像出来ました

前振りのシルエットもあったしね

肝心のフシは意を決してベネット教総本山に駆け付けますがノッカーにいいようにボコられてしまいます

相手情報が不十分とはいえフシはずーっとノッカーの後手に回ってますよね

それを打開するために修行を始めるんですが、その時に出会ったのが奴隷の少女エコです

本作を読んでいる人は絶対に感動したでしょう!

あの人の生まれ変わりですよ

フシは気づかなくても読者は気付いてますよ!泣きそうです

物語は佳境へと近づいて行きます

ノッカーとの決戦が迫る中、世界を救う為にフシやボン達が奔走し対策を練って行きます

初めて時間制限がある戦いに挑むフシの勝利の鍵を握るのは誰なのか⁉︎

作品の最新情報は公式Twitterでチェック→公式Twitterリンク

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

Luck'o
Luck’o

10巻へ続く!

コメント

タイトルとURLをコピーしました