青年少女よ、春を貪れ。(山田シロ彦)【漫画あらすじ紹介&レビュー兼感想】

青年少女よ、春を貪れ。05サスペンス・ミステリー
luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書3000冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくレビューします

ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい

皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

※ご注意
ネタバレボタンはネタバレを含みます
ご自身の判断でご利用いただくようお願いします

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

luck’o
luck’o

今回は初恋の人の死が謎を呼ぶミステリー
青年少女よ、春を貪れ。を紹介していきます

TheWorkData

【作品名】
 青年少女よ、春を貪れ。 
【作者】
山田シロ彦
【連載期間】
 2021〜2022 
【巻数】
全5巻
【掲載誌】
週刊ヤングジャンプ

Category

ミステリー

10年前に不慮の事故で死んだ元恋人の死の真実を求めて故郷を訪れた主人公だが彼を待つ当時の友人の様子も何かおかしい・・

恋愛

中学時代の恋人を回顧しながら、現実の恋人とのゴールも視野にいれ日々を過ごしていく。れられない初恋に縛られる男の行方は?

青春

5年ぶりに帰る地元で出会う仲間の現在。そして語られる当時の思い出。

PowerWord

キャンプ

中学3年の時に行ったキャンプでハルは死んだ。風邪を引いていけなかった勝之には後悔が残る

遺骨

勝之が持ち続けるハルの遺骨

和歌山

勝之の故郷、ここでハルは死に今も仲間は現実を過ごしている

結婚

千鶴とは付き合って4年、そろそろお互い意識し始める頃

キャンプ場

ハルが事故死した場所、既に営業はしていない

漫画

ハルの母親の職業は漫画家、古崎も漫画家として活動

Review&Character

10年前の出来事

中学で同じクラスだった「百々瀬ハル」はインスタフォロワーも沢山いる高嶺の花だった

そんな彼女とある事がきっかけで付き合う事になった「近藤勝之」は3週間後に行ったキャンプで彼女が事故死するなんて予想だにしていなかった

風邪を引いて行けなかったキャンプで一体何が起きたのか?その出来事は当時の友人たちの間にも大きなしこりを残していた

luck’o
luck’o

彼女の死によって落ちた大きな影。勝之も未だその影の中にいた

投げられた疑問

ハルの死から10年が経ち、勝之は地元を離れ社会人として忙しい日々を過ごしていた。現在付き合っている「千鶴」とは結婚も視野に入れているがまだ踏み切れないでいた。

その原因はやはりハルの存在で、勝之はハルの葬式で家族に無理を言って分けてもらった遺骨を持ち続け忘れられないでいた

そんな勝之にかかってきたハルの携帯からの着信・・

相手は中学の同級生でハルの友人だった「音無紗衣子」

彼女はハルの死は事故死ではないと告げキャンプに関わった「綱口龍樹」「佐伯亮」「水川わゆ」「古崎ふみ」の名前を挙げた

その他登場キャラクター

シゲさん/久野

luck’o
luck’o

10年後の蒸し返し!謎が謎を呼ぶ!ていうか謎しかない!(当たり前か)

一路故郷へ

勝之は5年ぶりに地元に帰って早速4人とコンタクトを取る

意外にもあっさり連絡に応じてくれた親友の龍樹と亮、そしてハルの友人の水川

しかし当然の事ながら昔話では盛り上がるがキャンプの話には触れてこない

勝之が10年の間に大人になったように、3人にも今の生活がありそれを壊してまでハルの死に踏み込んでいいのか躊躇われた

龍樹は母校で教鞭を取り、水川は上手く行ってないようだが結婚し子供もいた

そして痴呆の進行した母を支える亮の現実を見てこれ以上は詮索するべきではないとの結論に至る

だが龍樹に呼び出されると彼の口からキャンプの真実が語られる

その他登場キャラクター

水川の夫/亮の祖母/梅子/瀬尾

luck’o
luck’o

今を生きる人を傷つけてまで過去を掘り起こす必要があるのか?難しい・・

現実に迫りくる過去

龍樹に連れられハルが事故死したキャンプ場を訪れた勝之

そこで仲が良かった覚えがないのに一緒にキャンプに参加していた古崎とハルのエピソードを聞かされる

勝之に遅れて和歌山に帰った音無は、水川と接触した後キャンプ場に現れハルの遺骨を渡すよう勝之に迫って来る

狂気じみた音無に遺骨を奪われた勝之は、大きな成果もないまま故郷を後にして現実へと戻っていく

だが裏で音無は千鶴と接触しておりハルの呪縛は勝之だけでなく彼にまつわる人物を次々に絡めとって行った

それでも未来を見ようとしていた勝之だったが、千鶴に別れを切り出されると過去との決着をつける為再び和歌山に帰る決意を固める

鍵となるのは現在引き籠っていて連絡が取れない古崎

彼女が描いた漫画は「あの時」を想起させる内容であった・・

luck’o
luck’o

ハルの事を追ったせいで千鶴との関係にもヒビが・・⁉そして決着は和歌山で!

語られる真実

龍樹と亮が呼びかけに応じてくれない中、水川が勝之の前に現れる

彼女は音無の入れ知恵で不仲の夫と離婚騒動の渦中にあったが、自身がハルと従妹関係にあり彼女の母親が漫画家として活動している事や義理の父親との関係を詳細に語ってくれた

更に亮はキャンプの夜、ハルに飲酒を勧め勢いでキスした事を告白される

亮は勝之の親友である傍らハルに想いを寄せていたのだった

水川、亮、龍樹、それぞれの視点からキャンプの真実が語られる中、疑念として挙がって来たのは義理の父親との関係性

その議論を盗聴していた古崎がついに動きを見せる⁉

luck’o
luck’o

いよいよパズルピースは揃って来た!後はどんな真実が組み合わさるのか?

最新刊はこちら

5巻・完結(2022/4/19発売)

古崎によって集められた勝之達の前で語られるあの日の真実

古崎は自分が趣味で漫画を描いている事をハルに知れらそれをきっかけに彼女の母親とも仲良くなっていった

しかしハル自身は母親からあまり興味を向けられておらず、かまって欲しさの延長線でインスタを始めたりしていた

しかも当時ハルと母親が世話になっていた男性(後の義父)に抱いた淡い感情が彼女を苦しめる事となった

結ばれた男性と母、宿されながらも事故で亡くなった妹、義父への想い・・・

この世の未練と自分の命を秤にかけていた時、ある同級生の言葉がハルを救ってくれた

初めて描けたまだ見ぬ未来へのイメージ、そして事故により閉ざされた未来

ハルの死の真相を聞き、勝之は長かった初恋に別れを告げる・・

luck’o
luck’o

忘れられない初恋が残した謎とは一体何だったのか?真実を知った勝之が取った行動とは?10年の時を超えたミステリーが遂に完結!

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました