甘神さんちの縁結び(内藤マーシー)【漫画あらすじ紹介とネタバレビュー】

甘神さんちの縁結び03恋愛

その出会いは運命か?はたまた神のいたずらか?医師を目指す青年と巫女の美人三姉妹が繰り広げる心温まる神社ラブコメ開幕!

luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくレビューします

ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい

皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

※ご注意
ネタバレボタンはネタバレを含みます
ご自身の判断でご利用いただくようお願いします

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

作品情報

【タイトル】
 甘神さんちの縁結び 
【作者】
内藤マーシー
作者のTwitter
【掲載誌】
 週刊少年マガジン 
【ジャンル】
ラブコメ
【巻数】
1~3巻

オススメポイント

  • 男1女3のハーレムラブコメです。しかも巫女三姉妹!!
  • 真面目過ぎる主人公・瓜生の誠実な行動を応援したくなる!
  • もちろんラッキースケベ満載です!健康的な男子必見!

ストーリー紹介

京都にある甘神神社にやってきた青年・上終瓜生

彼は自分の里親を引き受けてくれた甘神神社に居候が決まっていた

瓜生には大事な目的があった

それは京都大学の医学部に合格する事でその為に学問の都・京都に住み勉学に励むことは最高の条件であった

しかし、蓋を開けてみれば甘神神社には巫女修行中の三姉妹がおり着替えに出くわすというラッキー・・・もとい、最悪の顔合わせとなった瓜生はすっかり悪者にされてしまう

勉強に集中しようとしてもドジな長女、迫害する次女、いじる三女に次々に関わるせいで進捗ははかばかしくないばかりか後退しそうな勢いだった

瓜生の存在に戸惑う三姉妹も彼が病気で亡くなった母の為に医者になろうとしている事や、夕奈が失くした大事な髪縛り紐を泥だらけになりながら探してくれる姿を見て真面目な人となりを知ると少し見方が変わりつつあった

しかし、4人は知らなかった

瓜生が来た呼ばれた本当の目的は三姉妹の中から誰かを娶り跡取りになる事だと・・・

1巻(2021/7/16)

甘神さんちの縁結び01

収録

第一話 奇跡のはじまり
第二話 白昼と鶴
第三話 朝の靴紐
第四話 夕焼けの猫
第五話 夜と狐

内容紹介

◆瓜生 里親を引き受けてくれた甘神神社に居候する事になる

早速ファーストコンタクトでラッキースケベ

  ↓

◆瓜生は甘神神社の跡取りとして三姉妹の誰かと結婚しなければならないと聞かされる

当然三姉妹は反対し追い出し作戦を敢行

  ↓

◆三姉妹が瓜生の生い立ちを知り一緒に暮らす事を認める

  ↓

◆瓜生 三姉妹一人ずつとお見合いする

解説という名のネタバレ

物語の主人公は医者を目指す青年・瓜生と巫女修行中の三姉妹です

舞台は京都にある甘神神社で瓜生は京都大学医学部に入って医者になるべくひたすら勉学に励む青年でした

彼は母親を病気で亡くし児童養護施設のきせき園で生活をしてきました

母への想いときせき園で同じ思いを持つ子供たちの為に医者になることは目標ではなくマスト案件なんです

でも甘神神社には巫女修行に励む年頃の三姉妹がいて、しかも神社の跡取りとして三姉妹の誰かとの結婚を迫られてしまいます

その甘神家の三姉妹は・・

長女・夜重はおっとりした天然美大生

次女・夕奈はちょっと性格きつ目な純情高校生

三女・朝姫はスポーツ万能な小悪魔中学生

です

そんなハーレム環境にも負けず瓜生は勉強に集中しようとしますが、事あるごとに三姉妹と接点が出来たり衝突したりして思うように勉強は進みません

とりわけ次女の夕奈とは考え方の乖離が大きく巫女として神様と祈りを捧げる人の間に立ちたいと真剣に考える夕奈に対して、リアリストの瓜生は衝突してしまいます

でも瓜生は自分の中で確固たる目的や概念を持っているだけで、決して人を卑下するような男ではなくむしろ子供や困っている人に迷わず手を差し伸べられる人間だと分かると夕奈も少しだけ彼を受け入れる気持ちになっていきます

この2人は素直じゃないんです

対して長女の夜重は瓜生の生い立ちも知っていて彼を受け入れる事に特に抵抗は示しませんでしたし、三女の朝姫も状況を楽しむかのように瓜生をイジったりと好意的な雰囲気はありました

でも結婚の話になれば別物だと思いますけど・・

最後に瓜生にはひとつ不思議な力が備わっています

それは一般的に予知夢とよばれる種類のものでこの夢で見た光景が物語の今後に大きく関わってきます

今回見たのは母や舞昼など過去のいきさつから受験、合格、医師になった自分の姿と「甘神瓜生」という名前

そして三姉妹と結婚している姿・・

これは正夢になるのでしょうか?

一言感想

瓜生は良い奴です。それに尽きる。ラッキースケベもご褒美に見えるくらい思いやりがあって真面目で実直です。そんな彼だから応援したい気持ちで物語を見る事が出来ます

2巻(2021/9/17)

甘神さんちの縁結び02

甘神神社存亡の危機⁉集客が右肩下がりの神社に協賛を取り仕切っていた北白川が待ったをかけ宮司は身売りを決意する。表面上は納得の顔を見せた三姉妹だったが大事な居場所がなくなる事態に心中穏やかな訳はない。瓜生はそれを見て見ぬフリできる訳はなく待ったをかけるが・・・

収録

第六話 甘神神社例大祭 其の一
第七話 甘神神社例大祭 其の二
第八話 甘神神社例大祭 其の三
第九話 甘神神社例大祭 其の四
第十話 甘神神社例大祭 其の五
第十一話 甘神神社例大祭 其の終
第十二話 朝は夜に馳せる
第十三話 薄暮の贈りもの
第十四話 昼から夕方にかけて

内容紹介

◆千鳥 協賛撤退で神社の身売りを決意

瓜生 例大祭で五千人の客を集めると北白川に啖呵を切る

  ↓

◆三姉妹をキャンペーンガールに任命し集客施策を実行する

北白川の妨害があったが五千人を達成し神社は存続

  ↓

◆喜びのあまり夜重が瓜生のほっぺにキスする

瓜生 後日朝姫に耳を甘噛みされ混乱

  ↓

◆瓜生 夕奈とキスする夢を見る

解説という名のネタバレ

さあ今回は2巻にして甘神神社が存続の危機に面します

ご愛読ありがとうございました 内藤先生の次回作に・・・

じゃなくて!

売上が下がった神社の協賛が取り下げられそうになり我らの瓜生が黙っている訳がありません

A4用紙数ページにまとめた集客計画書を作成し(いつ作ったの?)、例大祭で五千人を集客すると北白川に啖呵を切ります

しかしこの北白川・・顔は狐みたいですが性格は完全にヘビであの手この手で神社の集客を邪魔してきます

SNSでアピールを成功させるとなりすましアカウントを作って祭の中止を言いふらします

これにめげない瓜生は三姉妹を乗せた神輿で街をねり歩きお祭りをアピールして人を集めますが、北白川に続いて天気まで敵に回ってしまいます

万事休すかと思われましたがまだ瓜生は諦めず、雨と巫女の舞いを利用して来場客からの拡散で最後の勝負に出ます

その意気込みを北白川が買って協賛は続けられる事になりましたが、喜びあまった夜重にキスしてもらうおまけまでついてきます

今回は諦めない瓜生の男気が光ったイベントでした

更に朝姫の誕生日イベントでは夜重と夕奈が誤ってお互いが用意したプレゼントを壊してしまいますが、これも夜通しかけて瓜生が修繕します

彼の特殊能力としてやりたいことの本を読めば出来るようになるみたいです

神社の経営→経済の本、ぬいぐるみの修繕→裁縫の本みたいに(笑)

そして今回も予知夢が来ましたよ!

何と今回は夕奈とキスする夢です

やはりなんのかんの言っても夕奈が本命か⁉

一言感想

本を読めば何でもできるという特殊能力は今後役に立ちそうな気がする。この男、万能で頭が良くて優しくておせっかい・・イケメン過ぎる。北白川が帰る時に車の横に乗っていたセーラー服は今後の伏線かな?

3巻(2021/11/17)

甘神さんちの縁結び03

今後の甘神神社について相談するべく三姉妹は師匠に当たる月神神社の禰宜・宵深子の元を訪れる。しかしそこで三姉妹は巫女としての覚悟を問われる事になる。瓜生は三姉妹にまつわる夢を見てしまいそれを回避しようと頑張るが運命にズルズルと引きずられるように月神神社に辿り着いてしまう・・

収録

第十五話 夢と月と夢 其の一
第十六話 夢と月と夢 其の二
第十七話 夢と月と夢 其の三
第十八話 夢と月と夢 其の四
第十九話 夢と月と夢 其の五
第二十話 夢と月と夢 其の六
第二十一話 夢と月と夢 其の七
第二十二話 夢と月と夢 其の八
第二十三話 夢と月と夢 其の九

内容紹介

◆甘神神社の今後について師匠の宵深子に相談しに行く

  ↓

◆瓜生 三姉妹と抱き合って寝る夢を見る

夢を回避する為に月神神社にはついていかないようにする

千鳥に届け物を頼まれ結局三姉妹を追いかける

  ↓

◆三姉妹 宵深子に相談を保留される

 翌日宵深子と面談する為に近くの旅館に宿泊する

瓜生 帰ろうとするが川に落ちて結局一泊する

  ↓

◆朝姫 マラソンの特待生として東京に行く話があったが断る

  ↓

◆瓜生 医師と侵食の資格を取ったら三姉妹と結婚すると宣言した夢を見る

解説という名のネタバレ

3巻は再び三姉妹の深堀りがメインになります

ストーリーとしては三姉妹の師匠に当たり甘神神社より遥かに大きい月神神社で禰宜の職に就いている月神宵深子の元を訪れます

そこで三姉妹は巫女としての将来を本気で考えているのか一晩考える時間を与えられます

そして3人はそれぞれ自分自身と向かい合う事になるのですが、これまで考えがまとまらなかった部分については瓜生が上手く背中を押してくれます

夜重は天然な所がある反面、周りも見えて絵を描いたりそろばんが出来たりと多芸な部分を併せ持っています

しかし妹の事はいつも一生懸命に考えるのですが、自分のやりたい事ははっきりせず足が止まったままでした

夕奈は尊敬する宵深子にダメ出しされてすっかり落ち込みモードに突入

真面目過ぎて責任感が強い彼女は巫女になる事への義務感に囚われてしまいますが、瓜生の「やりたいから全部やる」の一言で元気になります

朝姫はマラソンの選手として特待生の話が来ていましたが、2人の姉には言い出せないままでした

否定ではなく応援してくれると分かっているからこそ言い出せない部分に瓜生が耳を傾けてくれました

巫女の仕事は好きだけど自分の選択として一生を捧げらるのか?

三姉妹はどんな選択をするのでしょうか?

そして今回の瓜生の夢コーナーは2つ!

ひとつは月神神社へ向かう事で起こるラッキースケベの諸々→ほぼ的中

もうひとつは未来の自分が医師と神職の資格を取ったら三姉妹に結婚しようと言っているシーン

これは三姉妹の誰なのか、はたまた3人になのかは定かではありません

医師で神職でハーレム・・・瓜生、ヤバい!

一言感想

3人と瓜生がそれぞれ自分の気持ちと語らいながら将来について考えていくパートですね。今までスッキリしきれなかった所を瓜生が背中を押してくれるというだけで彼の存在は運命だったのかも知れませんね。本人は力いっぱい否定するでしょうが(笑)

主な登場キャラクター

♤上終瓜生
(かみはて うりゅう)
医者を目指し勉強に励む青年

♡甘神夜重
(あまがみ やえ)
20歳・大学生、三姉妹の長女、おっとりした性格、巨乳、美大に通う

♡甘神夕奈
(あまがみ ゆな)
17歳・高校生、三姉妹の次女、きつめの性格ですぐ塩をまく、猫が大好き

♡甘神朝姫
(あまがみ あさひ)
14歳・中学生、三姉妹の三女、小悪魔的な性格、ボディは発達途上、狭い所が苦手

♤甘神千鳥
(あまがみ ちどり)
甘神神社の宮司で三姉妹の祖父

♡姉小路舞昼
(あねこうじ まひる)
児童養護施設きせき園寮母兼専属医師、瓜生の姉的存在

♤北白川巳右衛門
(きたしらかわ みえもん)
京都伝統産業協同組合元締 北白川家当主

♡月神宵深子
(つきがみ よみこ)
月神神社禰宜、三姉妹の師匠

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました