甘神さんちの縁結び(内藤マーシー)【漫画あらすじ紹介&レビュー兼感想】

甘神さんちの縁結び05恋愛

その出会いは運命か?はたまた神のいたずらか?医師を目指す青年と巫女の美人三姉妹が繰り広げる心温まる神社ラブコメ開幕!

luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書3000冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくレビューします

ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい

皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

※ご注意
このコーナーは多分のネタバレを含みます
ご自身の判断で閲覧いただくようお願いします

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

luck’o
luck’o

今回は美人巫女さん3人とのハーレムラブコメ漫画
甘神さんちの縁結びを紹介していきます

TheWorkData

【作品名】
 甘神さんちの縁結び 
【作者】
内藤マーシー
【連載期間】
 2021〜 
【巻数】
1〜5巻
【掲載誌】
週刊少年マガジン

Category

恋愛

主人公が里親を受け入れてくれた先に行ってみるとそこは神社。しかも年頃の美人三姉妹が巫女さんをしてるなんて夢でもありえない設定から始まる甘々ラブコメ!

仕事

実は三姉妹が巫女をする甘神神社は経済的に火の車。跡継ぎ問題云々の前に存続の危機が横たわっていた。将来の展望の前に瓜生も目の前の問題に三姉妹と取り組んでいく!

日常

瓜生と三姉妹が神社で見せる日常は元より、大学・高校・中学と3人それぞれの生活や瓜生と児童養護施設との関係も大事な要素として存在する

PowerWord

甘神神社

三姉妹が巫女を務める神社、客足が減少傾向にあり経営が心配される

医者

瓜生は小さい時に母を亡くし医者を志しています

予知夢

瓜生がたまに発動する能力(?)三姉妹と自分に関わる夢を見て現実になってしまう

Review&Character

問題大ありな優良物件

京都にある甘神神社のやってきた青年「上終瓜生(かみはて うりゅう)」

彼は自分の里親を引き受けてくれた甘神神社に居候が決まっていた

瓜生には大事な目的があった

それは京都大学の医学部に合格する事でその為に学問の都・京都に住み勉学に励むことは最高の条件であった

しかし、蓋を開けてみれば甘神神社には巫女修行中の三姉妹がおり着替えに出くわすというラッキー・・・もとい、最悪の顔合わせとなった瓜生はすっかり悪者にされてしまう

勉強に集中しようとしてもドジな長女「夜重(やえ)」、迫害する次女「夕奈(ゆな)」、いじる三女「朝姫(あさひ)」

に次々に関わるせいで進捗ははかばかしくないどころか後退しそうな勢いだった

瓜生の存在に戸惑う三姉妹も彼が病気で亡くなった母の為に医者になろうとしている事や、夕奈が失くした大事な髪縛り紐を泥だらけになりながら探してくれる姿を見て真面目な人となりを知ると少し見方が変わりつつあった

しかし、4人は知らなかった

瓜生が来た呼ばれた本当の目的は三姉妹の中から誰かを娶り跡取りになる事だと・・・

その他登場キャラクター

甘神千鳥(甘神神社の宮司で三姉妹の祖父)/姉小路舞昼(児童養護施設きせき園寮母兼専属医師)

luck’o
luck’o

展開はお約束のハーレムラブコメ。でも主人公の瓜生は真面目な性格の上に困っている人を放っておけない誠実な人物で応援したくなる

雨降って神社固まる?

三姉妹との縁談の前に大きな問題として立ちはだかったのは甘神神社の経営状況

年々売上は下がり続け京都伝統産業協同組合の協賛撤退発言も飛び出し神社終いの危機に!

そこで瓜生がぶち上げたのは神社恒例の例大祭での五千人動員計画

失敗すれば神社の未来も瓜生の生活も終わってしまう危機的な状況だが、瓜生は三姉妹と協力してSNSや悪天候までも利用して目標の達成にこぎ着ける

条件達成のご褒美に夜重のキスまでもらい一件落着⁉

その他登場キャラクター

北白川巳右衛門(京都伝統産業協同組合元締)

luck’o
luck’o

家事能力に続き問題解決や情報処理能力まで見せつけた瓜生。しかも医者志望。ここまでハイスペックなら三姉妹から結婚をお願いされる日の近い⁉

三姉妹の希望

経営問題は一旦棚上げになったが、今後の甘神神社の事を相談すべく三姉妹は師匠である月神神社禰宜「月神宵深子(つきがみ よみこ)」の元を訪れる

この頃から瓜生はやけに意味深な予知夢(?)を見るようになっており、三姉妹とのトラブルを避ける為お留守番を希望する

しかし運命の力に抗う事が出来ず結局三姉妹と合流するも、相談が保留になり将来に悩む三姉妹と一緒の旅館で一夜を過ごす(事件性なし)

今度は「医者に合格して神職の資格を取ったら三姉妹と結婚する」というとんでもない予知夢が下りて来たがこれは正夢なのか⁉

luck’o
luck’o

三姉妹が徐々に瓜生に惹かれる展開になってきました。「やりたいことは全部やる」と言った瓜生の将来は全部取りなのか⁉

波乱の新学期

新学期が始まり瓜生もようやく学生としての本分がスタート

かと思いきや通うのは夕奈が通う女子高・・・が共学になったけどクラスに男子生徒はオレ1人だけ状態(⁉)

だが意外に馴染む瓜生よりも、一緒に学校生活を送る夕奈の方が情緒不安定に?

それぞれの新生活がスタートし夕奈にはお団子屋さんの娘「梅ノ木みつ子(うめのき みつこ)」、夜重には京都大学の医大生「竹田真(たけだ まこと)」、朝姫には財閥令嬢「松ヶ崎花蓮(まつがさき かれん)」という生活に近い人物が登場する

お馴染みになった瓜生の夢では、子供の頃に会った不思議な女の子が登場するが彼女と夜重に同一人物疑惑が発覚し・・・⁉

luck’o
luck’o

子供の頃から大変だったせいか瓜生って逆境耐性ついてないか?そして何気に人見知りせず誰にでも馴染んでいくスキルも素敵!

最新刊はこちら

5巻(2022/5/17発売)

夜重と「一乗寺澪子」との関係が気になって眠れない瓜生だったが、夜重の提案で夜の京都見物が決定すると隙を見て事実確認出来るチャンスだと躍起になる

しかし、「二人きりで大事な話がある」と意味深なフリをした事と、運転手で呼んだマコ(竹田真)の監視や夕奈や朝姫が付きまとってきて中々2人きりになれないでいた

しびれを切らした瓜生は伏見稲荷での肝試しイベントで夜重とのペアを申し出るが、ジャンケンの結果夕奈とのペアになりまたしても話はお預けに・・・

それでも三姉妹との夜をそれなりに楽しく過ごしていたが、夜重が朝姫を庇って山の斜面を落ちたと聞き助けに行くとなぜか小学校時代にタイムスリップしてしまう

その頃に瓜生が「一乗寺澪子」という女の子と出会った経緯を鮮明に思い出し、ようやく夜重との関係性が明らかになって来る・・・

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました