しょうもない僕らの恋愛論 6巻・完結(原秀則)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0114

しょうもない僕らの恋愛論(6)恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは4/30発売の
「しょうもない僕らの恋愛論」6巻・完結(原秀則)です

概要

ミドルエイジラブストーリ-、完結!!

拓郎の優柔不断な態度にしびれを切らし

激怒した絵里は、同僚の薫の元に駆け込む。

翌日、冷静になった絵里は

改めて拓郎と向き合い、別れを告げる。

それから数年が経ち、くるみは大学生に。

新たな関係で始まる恋物語とは—

堂々の完結巻!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 しょうもない僕らの恋愛論 
作者
 原秀則 
発売日
2021年4月30日
掲載誌
 ビッグコミック 
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第45話 あれ以来

第46話 大迷惑

第47話 再開

第48話 それって

第49話 ちょっと違う

第50話 課長・・

第51話 最初に見たのは

第52話 返事

最終話 しょうもないモン

特別編 急じゃない

主な登場人物(新規・更新)

♡咲、アッコ、香純
くるみの大学の友人

♤堀江俊彦(ほりえ としひこ)
絵里の部下

ポイント紹介

「拓郎の怪我」

あれから数年、くるみは大学生になり就職を考える歳になっていた

大学に入って付き合いと呼べるかどうかの男性は数人いたが未だ心の奥には彼へに気持ちが残っていた

そんな時、出版社のアルバイト中に耳に入ってきたのは拓郎が右手を骨折して入院しているという衝撃のニュースだった

住所を聞いて家の前で躊躇っていると歩いてきた身体の不自由そうな男性が落としたものを拾い集める

街灯の明かりが照らし出したのは顔を腫らした拓郎の姿だった・・

「絵里のネクストステージ」

絵里の部下の堀江が東北支社に栄転になり送別会が開かれた

何かと面倒を見ていた部下だけに感慨もひとしおの絵里だったが、帰り道で突然の雨に軒下で雨宿りをしていると堀江は絵里への気持ちを語り始める

以前も似たような事を言われた覚えがあったが、話半分で受け取っていて今回も断りを入れようとするが転勤する堀江の熱意は思ったより強く・・

「拓郎の恋愛論」

拓郎がどうしてもやり遂げたい仕事の為に選択したのは、デザイン経験のあるくるみに仕事を手伝ってもらう事だった

デザイナーとして後がない拓郎は前に進む執念を燃やしていた

くるみも拓郎の役に立てるのならばと2つ返事でOKするが、絵里と別れたと聞いてから心の奥にしまっていた拓郎への気持ちが大きく揺れ動いていた

自分の長い片思いに決着をつけようと仕事の最終日に思い切って告白してみると・・

レビュー

こんにちは

しょうもない僕らの恋愛論の6巻にして最終巻です

前回の最後で大学生になったくるみが出てきた時点でどうなるのかな~と思ってましたが・・・・終わりましたかぁ~

率直に残念です

もうちょっと長く続きを見たかった身としてはとても残念です(泣)

それはさておき

くるみは大学生になっていました

いやー綺麗になっていて驚きですが、それなりにキャンパスライフを楽しみつつ恋愛もしていたようですがなかなか上手くは行ってないみたいです

拓郎のせいですっかりこじらせてしまいましたね(笑)

拓郎は独立して絵里との関係も清算して見事なみすぼらしい独身男性になっていました

髪ボサボサ、髭ボーボーで顔はやつれている

かろうじて独立の仕事はキープしているようですが、それがなければ完全にダメなパターンですね

くるみと拓郎が再開した時にはこのまま一気に2人の距離が近づくかと思いましたが、思えば原先生の恋愛作品ってハッピーエンド多くないんですよね

なので、どこで急に方向転換してもおかしくはなく最後までどうなるんだろうと気を抜けませんでした

さすがに最後は見てのお楽しみということで伏せておきます

途中、絵里のその後のエピソードも出てきますがこっちもしっかり拓郎でこじらせたクチですからね

なんとか幸せになって欲しいものです

これも詳しくは伏せますが、その後の絵里を見かけたマスターの優しい笑顔が堪らなかったですね

この人いい人ですよね~

原作品には欠かせない系の飲み屋のマスターの中でも1番好きですね

そんなマスターの言葉で最後を締めたいと思います

「過ぎ去ったことなんて・・そんなしょうもないモンを引きずって生きてんのは男だけだよ・・」

ちょっとタイトル回収にも近いですが全ての引きずっている中高年に捧げたい言葉ですね

大抵の男は何かしら引きずってますから(笑)

ともあれ原先生連載終了お疲れ様でした

原先生も60歳超えてくるんですよね

もちろんまだまだ意欲作を出して欲しいのですが、お体に気を付けて全力で描きたいものに取り組んでいって欲しいです

・・・・でもまだラブコメ見たいけど・・

では原先生の次回作でお会いしましょう(誰?)


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品

原先生の公式サイトはこちらです!→公式サイトリンク


ところで

みなさんのしょうもない事はなんですか?

Luck'o
Luck’o

僕はやたらとミスタイプが多い事です!(ビシッ)

・・・タイムロスオオスギ・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました