プロミス・シンデレラ 6巻(橘オレコ)【既刊あらすじ&レビュー】File0019-06 ※一部ネタバレあり

恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは「プロミス・シンデレラ」6巻です

概要

過去最高のコメント数を記録した神回収録!

離婚で行き場を失った元・専業主婦の早梅。

偶然出会った金持ちの男子高校生・壱成の提案で

「リアル人生ゲーム」への参加を交換条件に、

彼の家で居候生活をはじめる。

今回のゲームの提案は「俺とデートに行くこと」!

早梅が引き当てたのは「花火大会」。

当日、浴衣姿の早梅を見てときめきを隠せない壱成。

楽しく遊ぶ二人だったが、そこには芸者・菊乃の姿が。

さらに成吾が早梅が二人きりに…!

しかし、焚きつけられた壱成が、ついに早梅の唇を――…!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 プロミス・シンデレラ 
作者
 橘オレコ 
発売日
2020年2月12日
掲載誌
裏サンデー
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第38話 「王様ゲーム」

第39話 「可愛いわね」

第40話 「信じる」

第41話 「誘惑」

第42話 「支え」

第43話 「絶対に」

第44話 「花火」

第45話 「宣戦布告」

主な登場人物(新規・変更)

なし

ポイント紹介

「歓迎会in菊乃」

洸也の主導で午後休館の日を利用して行われた歓迎会

かなりの人数が集まり盛り上がりを見せる中、従業員ではない菊乃の姿もあった

美人に目がない洸也の計らいだったが、壱成はなぜか菊乃にいい印象を持っていなかった

風に当たりに外に出た壱成み話しかけてきた菊乃は、成吾と早梅が抱き合っていたのを見てショックだったと話してくる

心中穏やかではない壱成は中に戻っても早梅とギクシャクしてしまうと・・

「俺は相手の全部が欲しくなるね 過去もひっくるめて全部」

「花火大会の夜」

壱成が作成した遊びにいく場所リストを見た早梅は花火大会に一緒に出かける事になった

当日手を繋ぐシミュレーションに余念がない壱成の前に現れたのは、見違えるほど綺麗な浴衣姿の早梅であった

高鳴る鼓動を必死に隠しながら夜店を回る壱成だったが、早梅が鼻緒で足を痛めて休んでいると菊乃が現れ声をかけてきた

何気ない会話を交わし別れたのだが、何故か菊乃の手には早梅の携帯が握られていた・・・

「ブスがナンパなんかされるかよ キレイだって言ってんだ」



「早梅遭難」

壱成とはぐれてしまった早梅は菊乃に案内されるままに山の中へと入っていき崖から突き落とされてしまう

意識を取り戻した時には足を痛めてしまっていて歩くことすらままならない状態であった

菊乃から早梅が崖から落ちたと聞かされた壱成は一目散に山に入り早梅を探し続ける

その話を聞いていた成吾も血相を変えて壱成の後を追っていく

2人の兄弟が探し求めるのは同じ1人の女性

果たして先に彼女を見つけるのは・・・

「てめーは俺のことだけ見とけ バカ女!」


レビュー

こんにちは

プロミスシンデレラの6巻です

5巻で成吾と早梅の10年前の出会いが判明しました

そして今回は更に片岡家の人間関係をややこしくする人物が登場します

さあ登場していただきましょう・・・菊乃さんでーす!(バーン)

ここまではアラサー女子と高校生男子のちょっと(かなり)不器用ながらも微笑ましい恋愛模様と、早梅のまっすぐな性格とは程遠いハードな青春時代が描かれてきました

そう、見ていてとてもホッコリする展開です

・・・さあ

ここからはサイコホラー漫画に変わります(怖)

ちょっと行き過ぎているキャラや空気読めないキャラってのは恋愛漫画でもよくある事です

でも、サイコパス投入はなかなかこの展開からは考えられません

とにかく怪しいスイッチが入った時の菊乃の顔が超怖いです

出来ればそのコマたちだけ並べてみたいのですが、間違いなく初見さんはホラー漫画だと思いますよ(笑)

だって・・・

2階から人目掛けて一升瓶落とそうとします(未遂)

何度も高校生を誘惑しようとします(壱成はスルー)

気に入らない女子を崖から突き落とします(成功)

どうなってるんだ菊乃⁉︎そしてなにがあった作者⁉︎⁉︎

味変でマグネシウムが来ましたよ

5巻までの甘酸っぱい感情を切り替えて臨まないと置いていかれてしまいますよ

かくいう僕もちょっと置いていかれそうになりました(笑)

でもこの菊乃のキャラだからこそのやり過ぎが壱成や成吾の早梅への想いに拍車をかけたのは事実です

だから必要悪なのでしょうね

まだまだ引き続き暴れてくれそうな菊乃に対し、早梅はどう戦っていくのか?

壱成は成吾の壁を越えることが出来るのか?


橘先生のつぶやきはこちらからチェック→Twitterリンク

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

Luck'o
Luck’o

7巻へ続く!

コメント

タイトルとURLをコピーしました