不滅のあなたへ 1巻(大今良時)【既刊あらすじ&レビュー】File0015-01 ※一部ネタバレあり

不滅のあなたへ(1)既刊あらすじ&レビュー
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは「不滅のあなたへ」1巻です

概要

”何者かによって

”球”がこの地上に投げ入れられた。

情報を収集するために機能し、

姿をあらゆるものに変化させられる

その球体は死さえも超越する。

ある日、少年と出会い、そして別れる。

光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……

刺激に満ちたこの世界を彷徨う

永遠の旅が始まった。

これは自分を獲得していく物語。

『聲の形』の大今良時が贈る、永遠の旅。真っ白な魂で世界に降り立つ、邂逅の第1巻!──現実だけが自分が誰なのかを教えてくれる。だから僕は、旅に出る。”

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 不滅のあなたへ 
作者
 大今良時 
発売日
2017年1月17日
掲載誌
週刊少年マガジン
ジャンル
ファンタジー

サブタイトル

#1 最後のひとり

#2 おとなしくない少女

#3 ままごと

#4 小さな進化

主な登場人物(新規・変更)

♧球体
何者かによって地上に現れた物体、あらゆるものからの刺激で模倣する事ができる

♤村の少年
雪に覆われた村に住んでいる少年

♧ジョアン
レッシオオカミ、少年に飼われていた

♡マーチ
ニナンナ地域の村に住む少女、ままごとが好き

♡パロナ
マーチと同じ村の娘、マーチを可愛がっている

♡ハヤセ
ヤノメ人の女、オニグマの儀式を取り仕切っている

あらすじ

「物質から生命へ」

ある者の意思によって地上に投げ込まれた球体はありとあらゆるものの姿を写し取り変化する事が出来るものであった

まずは石に、暖かい季節になるとその石についた苔に変化した

その後、冬を迎えた雪が降り始める頃には南方からやってきて傷ついたまま苔の上で力尽きたレッシオオカミに変化して移動し始める

当てもなくオオカミの姿で歩いていると1人の少年が出迎えてくれた

彼はオオカミをジョアンと呼び、暖かい部屋の中に通し食べ物を提供してくれた

彼はある村の最後の1人で他の村人は5年前に安住の地を求めて旅立ち帰って来ないままであった

1人の寂しさをおくびにも出さず、明るく振る舞う少年はある日、村人達を追って村を後にする

オオカミを連れて歩く少年の前現れるのは村人が旅の方向を記して残した石にだった

それを手掛かりに進む少年に事故が起きたのは程なくしてからであった・・

「死ぬ事なく目的もなく」

球体がオオカミの次に模写したものはあの村の少年であった

人間の姿になり更に旅をしながら球体は何度も死んでしまった

しかし、死を知らない球体はすぐに復活して再び歩き出した

最初は5日ほどかかっていた復活も6回目に死んだ時には12時間程度まで早くなっていた

死んでは歩くを繰り返す球体は氷河を抜けると木々に囲まれた山へと辿り着く

そこで、通常の大きさを遥かに凌ぐクマに襲われてしまうが・・

「大人を夢見る少女」

ニナンナ地域にある村に住む少女マーチ

早く大人になる事を夢見る少女は地域の安泰と繁栄を与えてくれる神・オニグマへの儀式の生贄に選ばれてしまう

最初は意味がわからず、自分が大人になれずに死ぬと知った途端マーチは抵抗したが、自分が断れば友達が、それでもダメなら生まれたばかりの妹が生贄に選ばれてしまうと知り一旦は大人しくなる


しかし、生贄にの祭壇に運ばれる途中で村娘のパロナが援護してくれた隙に逃げ出したマーチは川で朽ち果てた少年の遺体を発見する・・・


レビュー

不滅のあなたへの1巻です

この作品は2021年春アニメとして放映予定です

大雑把に言えば無垢な球体が地上の生き物の情報を得て姿を変えながら成長していく物語です

すごく壮大ですよね

最初は石→苔→オオカミ、そして少年へと変化するのですが見た目が少年(15くらい?)なだけで話せないし知識も無いしただ人間の形をした物が歩いているだけなんですよね

中身は赤ちゃんみたいなものです

1巻は球体よりも村の少年やマーチが主役な感じです

そこから球体が色々な事を学んでいく過程が描写されるのですが、教えられる訳でもなく五感で感じたものを吸収していくんですよね

ほぼほぼ本能の存在です

よくこんな設定が思いつきますよね

そして球体の成長の過程も丁寧に描かれています

それでもまだ1歳児ってとこですかね

他の存在に変化するには刺激が必要です

生命に姿を獲得するにはその対象が死ぬことによって得られる刺激が引き金になっています

少年になれたって事は・・・そう言う事なんですが、これから先死ぬことのない球体と死は色々な場面で関わりを持ってきます

最初は設定を飲み込むので精一杯ですね

しかも主人公がほぼ関わらないままストーリーは進んでいきますからね

でもこれから人間として色々な知識や技術を獲得していくと、周りの人物との関わりや自分を狙う存在との戦いが展開されていきます

噛めば噛むほど面白い作品です

ぜひ一度手に取ってみてください

作品の最新情報は公式Twitterでチェック→公式Twitterリンク

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

Luck'o
Luck’o

2巻へ続く!

不滅のあなたへ 記事一覧
1巻  / ▶2巻  / ▶3巻
4巻  / ▶5巻  / ▶6巻
7巻  
/ ▶️8巻  / ▶️9巻
10巻  
/ ▶11巻  / ▶12巻
13巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました