傷だらけのピアノソナタ 1巻(齋藤頸吾)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0088

傷だらけのピアノソナタ(1)ヒューマンドラマ
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは3/4発売の
「傷だらけのピアノソナタ」1巻(齋藤頸吾)です

概要

”「勝つ事」が何よりも大事な女の子、月鍔ルナ。体中に包帯を巻いている喋れない女の子、日菜野ヒナコ。二人は学校の音楽室で、「言葉」を交わし合う。ある日、バドミントンの試合に負けたルナを慰めるために、ヒナコはピアノで美しい旋律を奏でた…。傷だらけの青春を舞台に、二人だけのピアノレッスンが始まる。”

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 傷だらけのピアノソナタ 
作者
 齋藤頸吾 
発売日
2021年3月4日
掲載誌
 少年ジャンプ+ 
ジャンル
音楽・ピアノ

サブタイトル

  • 第1楽章 音楽室の幽霊
  • 第2楽章 傷だらけのピアノソナタ 
  • 第3楽章 月明の決意

主な登場人物(新規・更新)

♡月鍔ルナ(つきつば るな)
高2、バドミントン部、勝負にこだわり負けるのが嫌い

♡日菜野ヒナコ(ひなの ひなこ)
高2、身体中に包帯を巻いている女生徒、通称音楽室の幽霊

♤日菜野陽一(ひなの よういち)
ヒナコの育ての親、作曲家で親バカ

♡綾辻(あやつじ)
転校生、バドミントン初心者ながらルナに勝つ

ポイント紹介

「負けず嫌いの少女」

月鍔ルナは負けず嫌いだ。部活のバドミントンでは全国ベスト8に輝き、チームでも自他共に認める絶対的エースとして君臨している

弱い相手には自分が強いから仕方ないと慰めの言葉をかける

でもそれだけ彼女は努力していた

下校はランニングで帰り、堤防の高架下で日付が変わるまで自主練を繰り返す

しかもテストでは学年1位を取る文武両道っぷり

非の打ちどころのないルナだが、なぜかクラスで浮いているヒナコと仲が良い事にクラスメイトは首を傾げていた・・

「幽霊?マミー?」

ルナが気にかけている同級生・ヒナコは全身包帯まみれのいかにも訳ありな女の子であった

しかも失声症で筆談しかできず、暇があれば音楽室のピアノに座って眠っていた

ある日ルナが転校生の綾辻にバドミントンの試合で敗れ傷心のまま音楽室を訪れると、ヒナコはピアノの蓋を開き滑らかに演奏してみせる

呆気に取られたルナがその実力があればバカにしてくるクラスメイトを見返せると言うと、ヒナコは自分のピアノは人の心を癒すために弾くのだと書いて聞かせた

「ルナの決意」

ルナの負けず嫌いは才能がなく三流ミュージシャンとして音楽も親としても負け犬だった父の影響であった

ヒナコは酷い家庭内暴力で心と身体に傷を負った上に言葉まで失った

そんな傷を抱えた2人の絆を強めたのはヒナコのピアノだった

彼女の演奏に心癒されたルナは、その後バドミントンの練習に精を出し始めヒナコの元を訪れる機会が減っていった

嫌われたのかと心配したヒナコが体育館へ行くと、そこでは部を揺るがす事件が起こっていた・・

レビュー

最近ピアノとか芸術系の漫画って人気が出て来てますよね

ブルーピリオド」とか「左手のための二重奏」とか音楽で括れば「ブルージャイアント」とかもそうですよね

この作品のヒナコは見たまんまの傷だらけです

家庭内暴力で消えない傷もあるとの事で包帯ぐるぐる巻きですが、健康状態は良さそうですけどね

心の傷は癒えてないだろうに、普段は明るく振る舞っているヒナコはとても健気な女の子です

しかし、その容姿に加え失語症とコミニュケーションを取る手段が少ない彼女をクラスメイトはいじめの的にしようとします

嫌ですよね~スクールカーストで上に行く力のない奴が下を作ろうとする行為

それを止めに入るのはスクールカーストトップのルナだから、一見イヤミな感じがしますがそれがないのがルナなんですよね

基本彼女の目線は上に向いています

相手がいれば勝ち、順位があれば一番を目指す彼女に下を見ている暇は一切ありません

そんなルナとヒナコが一緒になって音楽をするとどんな相乗効果が生まれるのでしょうか

ルナは何を求めてピアノに取り組むのでしょうか?

性格的にはやり始めたらトップを目指すとかいい出しそうだけど、ヒナコの夢を叶えるための努力を全力でしそうな気もするし今後の展開が楽しみであります

個人的にはピアノで競争ではなくピアノを通してのヒューマンドラマみたいなのと青春が合わさった物が希望です

他にも傷を負った同世代とバンド組むってのも面白そうですが、タイトルがピアノソナタなのでピアノ方面のストーリーになるんでしょうね

ややこしそうな引きもなく1巻が終わったので、のんびりと2巻を待ちます

作者の主な作品

齋藤頸吾先生のつぶやきはこちらから!→Twitterリンク

Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓


ところで

みなさんはピアノは弾けますか?

Luck'o
Luck’o

僕は指が短いです!(泣)

・・・デ?ヒケンノ?・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました