戦隊大失格(春場ねぎ)【漫画あらすじ紹介&レビュー】

戦隊大失格06SF・ファンタジー
luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書3000冊弱、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが読んだ作品のあらすじ紹介とレビューをしていくブログです

ひねくれものですので超メジャー作を読んでなかったり、「?」な作品を紹介したりしますがそこはご容赦くださいませwww

カテゴリは大きく分けて「連載中」「完結」「クラシック(主に2000年より前)」に分かれます
長編は切りのいい所で逐次UPする場合があります
ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい
皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

※ご注意
このコーナーは大なり小なりのネタバレを含みます
ご自身の判断で閲覧いただくようお願いします

TheWorkData

【作品名】
 戦隊大失格 
【作者】
春場ねぎ
【連載期間】
 2021〜 
【巻数】
1〜6巻
【掲載誌】
週刊少年マガジン

最新刊・6巻(2022/7/15発売)

激しさを増す戦いの中で葛藤する戦闘員Dが出した答えは自分が「怪人」である事の根源に則ったものでした



自分の邪魔をするなら幹部すら敵だと見限ったDは、候補生たちと連携してペルトロラ討伐を遂行します

分散したペルトロラは夢子達副官チームとも戦いを繰り広げますが、実はこの裏でまたしても夢子が暗躍します

この人の発想中々に怖い(笑)



戦いは大詰めを迎え「ブルーキーパー」「ピンクキーパー」が戦場に駆け付けると、ようやく収束へと向かいますがこれを機と見たDはダメージを受けたブルーキーパーに直接対決を挑みます



ペルトロラとXXは逃亡、ブルーキーパー・石川・小熊や多くの隊員の死傷、パイロンの巣の損壊など多くの傷跡を残して戦いは終わりを迎えました



巷では学生を中心とした神隠しが謎を呼ぶ中、桜間(戦闘員D)と薄久保はグリーン部隊の正隊員になり怪人幹部捜索へと乗り出していきます

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

Story&Review&Character

《1~5巻》

地上1万メートルに突如浮遊城が現れてから13年

悪の怪獣軍団と正義の大戦隊ドラゴンキーパーとの戦いは1000回を数えるに迫っていました

未だ地球征服の魔手から地球は守られていた・・が、その話には裏がありました



怪獣軍団の幹部は既に戦闘から1年後には全滅していて、その後残った戦闘員(ダスター)と大戦隊で交わされた休戦協定は毎週日曜日に進行を続ける事でした

毎週負け続けるだけの現実に耐えかねた「戦闘員D」人間に擬態して大戦隊に入りドラゴンキーパーを倒そうと試みます



入隊したまでは良かったけど隊員の「錫切夢子(すずきり ゆめこ)」にあっさり正体がバレてしまいます

しかし殺されるのではなく手を組もうと提案されます

今度は「桜間日々輝(さくらま ひびき)」に正体がバレてまたしても手を組もうと提案されます

??????どうなってる???

結局、錫切と手を組み「レッドキーパー」の神器を盗み出す事に成功しますが・・



レッドキーパーの攻撃から辛くも生き延びた戦闘員Dは追って来た桜間によって解放されます

しかし「ブルーキーパー」の指示で戦闘員Dを探しに来た「碧流亜乱(へきる あらん)」と鉢合わせ桜間を挟む形で戦闘に入ります



最終的に戦闘員Dのフリをした桜間が行方をくらまし、戦闘員Dは桜間日々輝として再び潜入活動を行う事になるのですが、彼の部屋にはなぜか「XX(エクスズ)」と名乗る戦闘員が匿われていました・・



「戦闘員XX」や桜間の姉「桜間世々良(さくらま せせら)」とのやり取りを乗り越えた戦闘員Dは「パイロンの巣」と呼ばれる場所で正隊員になる最終試験に臨みます

しかし怪人役として立ちはだかる副隊長クラス「錫切夢子・朱鷺田隼(ときた しゅん)・撫子益荒男(なでしこ ますらお)・翡翠かのん(ひすい かのん)・藍染小町(あいぞめ こまち)」の圧倒的実力に突破の自信は派手に打ち砕かれます



正隊員Dは「獅音海(しおん かい)」とペアを組み朱鷺田と対戦しますが、正三位にすら防戦一方の戦いになり何とか変身能力を活用して1日目を乗り切る事に成功します

桜間の部屋で待機していたXXは隊員に見つかってしまうがかつての悪の怪獣軍団幹部「ペルトロラ」の加勢で生き残り脱出を図ります



戦闘員Dとペアを組んでいた獅音は「浦部永玄(うらべ えいげん)・石川宗次郎(いしかわ そうじろう)・雪野アンジェリカ(ゆきの あんじぇりか)・明林恋蓮(あけばやし れんれん)」と手を組んで最終試験を突破しようとします



残されたのは戦闘員Dを始めとする各ペアのB級戦力達・・

各々心が折れかかっていたが、「小熊蘭丸(こぐま らんまる)・薄久保天使(うすくぼ えんじぇる)・来栖大和(くるす やまと)」を味方につけイエロー怪人役の錫切にターゲットを絞り戦闘を再開します

3対1でも圧倒的不利な戦闘員D組でしたが、捨てられた者の意地を見せ錫切から「黄色の鍵」を手に入れます

XXと合流したペルトロラは隊員を殺しながら移動していたが、藍染と戦闘に入り助けに入った小熊が殺されてしまう⁉



パイロンの巣最終試験も大詰めの3日目を迎え、「チーム戦闘員D」vs「チーム獅音」の総力戦は2日目に参加していなかった筋肉バカ「七宝司(しっぽう つかさ)」を中心にチーム戦闘員Dが優勢に戦いを運びます

一方で重傷を負いながらもパイロンの巣から脱出した藍染は「ブルーキーパー」にペルトロラ討伐を引き継ぐ事に成功します

ブルーキーパーの介入は最終試験に大きな影響を与え、小熊に扮していたXXが追われる身となり、ペルトロラ、正隊員、候補生が入り乱れる戦いとなります

桜間であり戦闘員Dである身ではどちらに加担するべきか逡巡するが、「仲間」を守ろうと立ち回りブルーキーパーを相手取り乱戦に加入していきます

しかしペルトロラに近付いた途端自分の身体が予期せぬ行動を取ってしまい唖然とします・・

luck’o
luck’o

最新刊をチェックしたい!という方は
こちらから▶︎最新刊あらすじ

コメント

タイトルとURLをコピーしました