プロミス・シンデレラ 2巻(橘オレコ)【既刊あらすじ&レビュー】File0019-02 ※一部ネタバレあり

プロミス・シンデレラ(2)恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは「プロミス・シンデレラ」2巻です

概要

離婚で行き場を失った元・専業主婦の早梅。

偶然出会った金持ちの男子高校生・壱成の提案で

「リアル人生ゲーム」への参加を交換条件に、

彼の家で居候生活をはじめる。

今回のゲームのお題は

不倫した元夫から慰謝料300万円の奪取――…

不倫の証拠を掴むべく、早梅は

感情を押し殺しながら元夫の尾行を行う。

そして、早梅は“我が家”へ足を運ぶ…

作品情報

タイトル
 プロミス・シンデレラ 
作者
 橘オレコ 
発売日
2018年9月12日
掲載誌
裏サンデー
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第7話 「本音」

第8話 「はじまりの日」

第9話 「期待」

第10話 「あの日のままで」

第11話 「なんであんたが」

第12話 「盾」

第13話 「勘違い」

第14話 「はじめまして」

主な登場人物(新規・変更)

♡今井早梅→桂木早梅(かつらぎ はやめ)
離婚により旧姓に変更

♡片岡悦子(かたおか えつこ)
壱成の祖母、100年続く片岡家の旅館を切り盛りしている

ポイント紹介

「慰謝料ふんだくりゲーム」

住む場所はあれどお金がない

身の回りの物を揃える余裕すらない早梅に壱成がまた借金返済ゲームを提案してきた

サイコロの結果慰謝料300万円を奪い取る運びになったが、証拠写真を撮るために正弘を尾行しながら早梅はまだ今の状況が受け入れ切れてはいなかった

何よりの原因はあれだけ不器用で真面目な正弘が本当に不倫をしていたのか信じられない所にあった・・・

「効率悪くてバカっぽくてお人好しで あの人が不倫なんて本当なのかな」

「本当に欲しかったのは・・」

遂にやってきた離婚協議の日

いつもと変わらない辿々しさを見せる正弘が、唯一いつもと違ったのは既に準備されていた現金100万円と離婚届の存在だった

自分の事を本気で心配してくれる傍らで離婚の意志は固い正弘に、早梅は何かを吹っ切るように証拠写真を出して300万円を要求する

結局何の本音も言えないままお金を持って家を出た早梅を入り口で出待ちしていた壱成は、お金と早梅の顔を見て何かを察したように正弘の家へと戻っていく・・・

「脆いからほうっておけないだ?てめーがほうっておいちゃいけねぇのはどっちだよ」

「早梅就職す」

正弘との一件が片付き一安心の早梅の前に現れた老婆

彼女こそ壱成の祖母にして100年以上続く高級旅館を切り盛りする片岡家のレジェンドであった

悦子は吉寅をひと声で呼びつけ事情を聞き出すと放蕩な孫を叱りつけた後、早梅が家に住む条件として旅館で働けと言い渡してきた

行く当てもない早梅にとって渡りに舟の話ではあったが、それは伏魔殿への入り口でもあった・・・

「・・ほう これは大ごとじゃ お前がそれほど他人に執着するとは」


レビュー

こんにちは

プロミス・シンデレラ、略してプロシンの2巻です(略さねぇ!)

今回は一連の騒動の諸悪の根源である正弘と対峙して離婚調停へと進んでいきます

調停とは言っても弁護士を立てたりのヤツではなく、離婚届にハンを押すだけのものなんですがここで壱成の悪い介入があり話がややこしくなっていきます

1巻では早梅のまっすぐな性格と行動力がフォーカスされていました

2巻ではそんな思い切りがいいはずの早梅が唯一躊躇う離婚への一歩を進めさせようと、壱成が何かと強引に行動します

慰謝料のゲームに関しても借金をかたに話をしていますが、そうでもしないと早梅の決心が鈍ることを察しているかのような言いようでした

証拠写真も離婚協議も先回りして行動している壱成の行動を見るととても面白半分で早梅を虐めていた最初の頃とはだいぶ印象が変わりましたね

やっぱり誕生パーティーでも一件でちょっと早梅が気になり出したのでしょうか?

1巻の早梅の行動といい、2巻の壱成の行動といいモヤモヤした展開からスカッとさせる術を心得ていますね

本当に見ていて気持ちがいいです

そして終盤では壱成の祖母・悦子が登場します

老舗旅館を束ねるお方らしく壱成を頭ごなしに叱り付け吉寅を目と一言で威圧する様はまさにボスです

その豪快さと併せ持つ人を見抜く目が早梅と出会った事で起きた壱成の変化にも目敏く気づいていました

そしてちょい出しで登場した壱成の兄との確執も今後の展開に大きな影響をもたらしてくるのでしょう

次巻は片岡旅館(名称不明)に場所を移して色々なトラブルが出てくるはずです(断言)

そして早梅を取り上げられた壱成はどうなるのでしょうか?


橘先生のつぶやきはこちらからチェック→Twitterリンク

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

Luck'o
Luck’o

3巻へ続く!

コメント

タイトルとURLをコピーしました