テンカイチ 日本最強武芸者決定戦(あずま京太郎/中丸洋介)【漫画あらすじ紹介&レビュー兼感想】

テンカイチ 日本最強武芸者決定戦04バトル・アクション
luck’o
luck’o

こんにちはLuck’oです

このコーナーは現蔵書3000冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなくレビューします

ぜひ気になった作品はチェックしてみて下さい

皆さんの漫画ライフを広げる一助になれば幸いです

※ご注意
ネタバレボタンはネタバレを含みます
ご自身の判断でご利用いただくようお願いします

皆さんのオススメも随時募集中です
問い合わせフォームから未知の良作を教えて下さいね

luck’o
luck’o

今回はゴリゴリの戦国武将がトーナメントを繰り広げる
テンカイチ 日本最強武芸者決定戦を紹介していきます

TheWorkData

【作品名】
 テンカイチ 日本最強武芸者決定戦 
【作者】
漫画・あずま京太郎
原作・中丸洋介
【連載期間】
 2021〜 
【巻数】
1〜4巻
【掲載誌】
ヤングマガジンサード

Category

バトル

有名武将たちによる迫力のバトルはもとより、その裏で天下を目指す名家の知略戦も見物

歴史

戦国時代の武将、名将から隠れた逸材まで裏エピソードもギッシリで紹介

キャラクター

織田信長はもとより一触即発の破天荒キャラが続々登場

PowerWord

織田信長

この物語は織田信長が天下統一した西暦1600年の話です

日ノ国最強武芸者トーナメント 代理国獲合戦『テンカイチ』

織田信長が提唱した次の天下人を決める為のトーナメント

森蘭丸

仕合進行、実況兼解説兼リアクション担当

Review&Character

次の天下を占うトーナメント

織田信長が天下を統一してから10年が経った

老衰し余命わずかな信長は「テンカイチ」というトーナメントを開き、その優勝者に次の天下を譲ると明言する

それにより全国の武将達は自分の知る最高の武芸者を呼び寄せテンカイチに赴いていく

かくして日本最強を決めると言って過言ではない壮大な大会が幕を開ける

luck’o
luck’o

信長は死んでも生きててもやはり破天荒!

◇一回戦 第一仕合◆本多忠勝(徳川家代表)vs宮本武蔵(長宗我部家代表)

徳川家の中心で、その実力が突出し過ぎているが故に怠惰な生活を続ける「本多忠勝」だったが「徳川家康」を天下人にするべく愛槍・蜻蛉切を携え参加を決める

対する「長宗我部元親」が担ぎ出したのは「宮本武蔵」

天下に轟く剣豪・吉岡拳法を破りし「無双兵法者」新免無二斎の嫡男として、三歳で剣を振る喜びを知り十一歳にして父・「新免無二斎」を越えた剣士

しかし強すぎるが故に父を超える好敵手に出会うことが無くその才能は眠りへと堕ちて行った無名の傑物

その戦いは緒戦を飾るに相応しいもので長槍を剛腕で振り回しながらも緻密な駆け引きで相手を追い詰める忠勝に対し、無類の剣術センスを開花させ槍をいなしては忠勝の喉元を狙おうとする

本多忠勝が誇る進入禁止の絶対領域「金剛仁王〝金剛杵(ヴァジュラ)禁域〟」に、武蔵が神速の刃で踏み込んでいく

その他登場キャラクター

柴田勝家(老中)/羽柴秀吉(老中)/前田利家(老中)/柳生宗矩(剣術無双)/森蘭丸(信長の小姓)/真柄直隆(朝倉軍の武将)

◇一回戦 第二仕合◆冨田勢源(近衛家代表)vs風魔小太郎(北条家代表)

公卿「近衛前久」が送り出すのは盲目の老剣士「冨田勢源」

盲目とは思えない鋭い動きと小太刀無双からなる変幻自在な技の切れで相手をなます斬りにしていく

相模国の戦国大名「北条氏政」が擁するのは風魔忍者の頭領にして歴代最上の女帝「六代目・風魔小太郎」

風魔手裏剣を振りかざし勢源に襲い掛かる小太郎

それを怯える言葉とは裏腹に飄々と躱し反撃の機を窺う勢源

勢源の目の代わりとして駆使している「白夜眼」という能力は音だけではなく匂い、風の流れ、振動、熱などありとあらゆる情報を集めて発動しており並大抵の攻撃ではかすりもしない

そこで小太郎は風魔薬術の「雅大蛇ノ六番」を使用し超ドーピング状態で更なる攻勢に出る

その他登場キャラクター

関善左衛門(勢源の孫)/関保重(勢源の娘婿)/五代目・風魔小太郎(歴代小太郎最強)/蒼(六代目小太郎の修行時代の友達)

luck’o
luck’o

状況だけなら老人vs女子。素手と小太刀なので近距離での戦闘がメイン。スピード感が凄い!

最新刊はこちら

4巻(2022/5/6発売)

風魔の一手先を読み続ける勢源と、無限の持久力で攻撃の手を休めない小太郎

いつまでも続くかと思われた応酬は勢源の肉体の限界と、小太郎の血の出し過ぎによる失速で一気に決着へと傾いていく

二仕合を終えたその夜、信長によって祝宴が開かれたが参加者は半数にも満たなかった

既に尋常ならざる戦いを魅せられた戦士たちは、自らの戦いを待ちきれないようにその血を滾らせていた

そして明けた二日目

第三仕合、柳生宗矩とウィリアム・アダムスの戦いが船の上で開始される

バランスの悪い戦場で先手を取ったのはイギリスからの刺客アダムス

ダークダンス(死の舞踏)と呼ばれる独特なステップで宗矩に距離を測らせず、相手の動きを御する「バインド」で宗矩に何もさせないまま傷を増やしていく

しかしアダムスは自分が相手にしている悪魔の本質をまだ知らなかった・・

その他登場キャラクター

伊藤一刀斎(一刀流)/宝蔵院胤舜(宝蔵院流槍術)/林崎甚助(神夢想林崎流)/東郷重位(示現流)/佐々木小次郎(巌流)/織田信忠(柳生宗矩後援者)/毛利輝元(ウィリアム・アダムス後援者)/宝蔵院胤栄/鐘捲自斎/上泉伊勢守/沢庵坊

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました