プロミス・シンデレラ 7巻(橘オレコ)【既刊あらすじ&レビュー】File0019-07 ※一部ネタバレあり

恋愛
Luck'o
Luck’o

こんにちはLuck’oです!

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく既刊のあらすじ紹介をします

既刊紹介は最近連載中&完結した作品の簡単なあらすじとちょっとだけレビューをしていくコーナーです

※ある程度のネタバレを含みますのでご了承ください

今回ご紹介するのは「プロミス・シンデレラ」7巻です

概要

男女4人で一つ屋根の下生活スタート!

離婚で行き場を失った元・専業主婦の早梅。

偶然出会った金持ちの男子高校生・壱成の提案で「リアル人生ゲーム」への参加を交換条件に、彼の家で居候生活をはじめる。

そんな壱成と早梅の住む家に、成吾も同居することに!

壱成といがみ合いつつも3人で餃子を作り賑やかな日々が始まるのかと思いきや、骨折して家事をこなせない早梅の代わりに悦子の紹介でやってきたのは、芸者・菊乃だった―――

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 プロミス・シンデレラ 
作者
 橘オレコ 
発売日
2020年5月19日
掲載誌
裏サンデー
ジャンル
ラブコメ

サブタイトル

第46話 「俺はサルじゃない」

第47話 「かわいい」

第48話 「はちみつレモン」

第49話 「真実」

第50話 「10年前の君の答え」

第51話 「ごゆっくり」

第52話 「弟」

第53話 「念には念を」

おまけ

主な登場人物(新規・変更)

なし

ポイント紹介

「不協和音×2」

勢い余って早梅にキスをしてしまった壱成だったが、その後の振る舞いをどうすればいいのか解らないでいた

そこで野田達にその事を相談したのが裏目に出て、キスは冗談だったと軽めに出ると見事に早梅の怒りを買ってしまう・・・

一方で成吾も早梅が骨折した事を重く受け止め菊乃を詰問するが、彼女は全く動じる素振りも見せずほくそ笑んでいる為ある決断を持ちかけることにした・・・

「ノリで私を試さないでくれる?見損なったよ」





「兄弟喧嘩より恐ろしいもの」

成吾が片岡家に暫く止まる事になる壱成の対抗意識に火がついていく

早梅と成吾が仲睦まじく(?)料理しているのを見かけると自分も乱入して餃子の皮包み対決が始まっていく

しかし、兄弟間の巻き起こる炎を鎮火したのは、味覚オンチの早梅が餃子に入れたはちみつレモンであった!

唯一の女子がそんな状態では旅行にも安心して出かけられないと悦子が呼び込んだのはなんとあの菊乃だった

訳あり男女4人の共同生活はどんな化学反応を起こして行くのか⁉︎

「こいつは恐ろしいほどのバカ舌で・・クソマズイ料理を自信満々に振る舞う女なんだ・・‼︎」





「忍び寄る善意に満ちた悪意」

悦子と吉寅が旅行に出かけてしまい気まずい状態の片岡家

菊乃が先手を打って早梅を呼び出し謝罪してきたが、早梅が偶然目にしたのは彼女のスマホの着信画面の名前「今井正弘」だった。そして蘇る記憶

正弘の不倫相手は小学校からの同級生・・不倫の証拠写真を撮ろうと正弘をつけた時に部屋に入って行った女性の姿、声・・・そう、菊乃であった。初めて事の始まりからの点が線でつながろうとしていた・・

「どーせなら一度巻き込んだ人間は解決のためにうまいこと使い切りなさいよ!」


レビュー

こんにちは

プロミスシンデレラの7巻です

6巻の最後から続いてちょっといい展開かと思いきやなんか壱成がギクシャクしてますね

壱成ってイケメン金持ちだったからモテてたし女子が苦手とか免疫がない訳ではないんですよね

その証拠に菊乃に迫られても結構あっさりとあしらったり出来るし・・普通そっちの方が難しいぞ(笑)

初めて好きな子が出来てその子(早梅)にどう接していいかがわからないだけなんですよね

初々しいけどめんどくさい・・・ガッと行け!

というように壱成が可愛く足踏みしている間にやって来ました、菊乃サマ‼︎

今度は片岡家に1週間のお泊まりです

悦子には素性を知られていない為、気に入られているのが仇になりました

悦子(吉寅も)が旅行に行っている間、4人での共同生活になってしまいます

血の臭いしかしません・・・

ここまで落ち着いた大人キャラだった成吾が急ブレーキなせいでほぼ菊乃の独壇場です

しかも正弘の不倫相手が菊乃だったことまで発覚して(作中ではちょいちょい匂わせででてましたけど)早梅も沸騰を通り越してお湯が無くなってしまいました(怖)

・・・・やっぱり5巻までとはトーンが違うですけど・・

いつの間にか復讐系レディコミにシフトして、女の奪い合う戦いになってしまいました・・・いや、早梅は別に得るものはないか・・・

そして壱成はしばらくラッキースケベに悶絶していましたが、状況を打破すべく彼なりに動きを開始します

力づくでは済まない問題を解決してこそ大人だぞ、壱成!

あまりそればっかりの大人もダメだけど・・・

怪しく厚い雲しか広がっていない天気で早梅と壱成は菊乃を吹き飛ばせるのでしょうか?

そしてまたまたあの男が事態の鍵を握っているのか?


橘先生のつぶやきはこちらからチェック→Twitterリンク

luck’o
luck’o

試し読みはこちらから↓↓

Luck'o
Luck’o

8巻へ続く!

コメント

タイトルとURLをコピーしました