バレット×ファング 1巻(うたたねひろゆき)【新刊コミックレビュー】※ネタバレあり File0158

バレット×ファング01SF・ファンタジー
Luck'o
Luck’o

こんにちは Luck’oです

このコーナーは現蔵書2500冊以上、延べ通読冊数6000冊以上のLuck’oが超有名作品から知る人ぞ知るニッチな作品まで出し惜しみなく新刊レビューします

いい作品が見つかれば幸いです

※ご注意
多少のネタバレを含みます、それが嫌な方はブラウザバックをお願いします

今回紹介する新刊コミックは6/30発売の
バレット×ファング」1巻(うたたねひろゆき)です

概要

敵は…美少女なモンスター!?

異世界ガンアクションファンタジー

サバゲー中の“月鎮 篤”と“茅生 千鶴”が飛ばされた先は…見たこともない生物がいる世界!? 次から次へと現れ襲い来る屈強で美しいモンスター娘の目的とは! 様々な能力を持つモンスター娘をねじ伏せ、その特殊な能力をエンチャント!! 巨匠、待望の最新単行本!!

Amazonより抜粋

作品情報

タイトル
 バレット×ファング 
作者
 うたたねひろゆき 
発売日
2021年6月30日
掲載誌
 Comic MeDu 
ジャンル
 ファンタジー、ミリタリー 

サブタイトル

SHOOT1~SHOOT9

主な登場人物(新規・更新)

♡茅生千鶴(あやお ちづる)
篤に溺愛する保護者的なおねーさん、体操経験者

♤月鎮篤(つきもり あつし)
小学生ぐらい?、千鶴の過保護から抜け出した少年

♡龍神
異世界最強種のひとつ、現在力を失っている

♧テケ・エラ
蛟人族の少女

ポイント紹介

「ある意味お約束の展開にて」

とある場所で開かれたサバイバルゲーム大会

本番を前に息巻く少年・篤とそれを嗜める保護者代わりの千鶴

しかし試合が始まるとその母性は鬼と化し、篤を狙う敵全てをスナイピングしていく

そんな2人の前に現れた妖精のような生き物、そして気がつくと見慣れない森の中

篤は当然の期待をしてしまう。ここは異世界、すると次に来るのは召喚者、そしてチート能力が・・・





「力を見込まれた筈が・・」

意識を取り戻した篤が見たものは、正座させられる異世界の女の子とそれを説教する千鶴の画

聞けば少女はその世界では2柱のみの最強種〝龍神〟

しかし彼女は人間で言う二次性徴の真っ只中にありそのせいで彼女を護る森の結界が消えてしまっていた

その世界ではそれを契機に狩りが始まる為、千鶴と篤は彼女を護る為に呼ばれたと言うが・・・





「亜人の奥の手」

話も落ち着かないまま襲いかかってきたのは蛟人族の少女テケ・エラ

身体の一部が硬質化しており足の指だけで木の幹に太ち大きなククリナイフを振り回す

ここは改めて異世界だと痛感するが対するしょうかんしゃ2人が持つのは殺傷力とは程遠いエアガン2丁

それを龍神の力でパワーアップして対抗すると、テケ・エラも首に下げた銃弾のような物を取り出して首に差し込む

すると亜人・獣人のみに許された攻撃形態・精霊鎧(トーテム)に姿を変え千鶴に襲いかかる⁉︎

レビュー

こんにちは

バレット×ファングの1巻です

うたたねひろゆき先生久々の作品ですね

それだけでも期待が高まりますが、物語のベースは異世界転移ものです

昔は異世界に行った事自体を驚き中々受け入れない主人公が基本でしたが、最近の主人公が異世界に行くと「キタァーー‼︎」って喜んでチート能力を欲しがるんですね(笑)

スバルくん辺りからでしょうか

まだ異世界について多くは語られていません

千鶴と篤が転移したのはその世界の2柱の最強種・龍神によって呼ばれ力失っている彼女を護る事が目的です

でも特別な力を与えられる訳ではなくむしろ2人に特別な力を期待しての召喚でした

そのキーアイテムはエアガンで、それを強化して戦います

敵となる獣人や亜人もなぜか1個の銃弾を首から下げており、それを身体に打ち込む事で精霊鎧(トーテム)という力を解放できます

亜人はそれぞれの種類ごとに代表する戦士がおり、その1人だけが銃弾を持って精霊鎧を使いこなせるようです

うたたねひろゆき先生のキャラクターが美麗なのは言うまでもなく、戦闘シーンにも迫力がありそれを更に激しいものにするトーテムの設定とそこまで目新しいものはありませんが今の材料だけでも今後の展開に期待が持てる作品となっています

なのでこの作品は異世界×ミリタリー×ショタ(千鶴のみ)×ハーレムになりそうな感じです

様子するにうたたねひろゆきワールドです(笑)

2巻に続く


Luck'o
Luck’o

試し読みはこちらから↓↓

主な作者関連作品


ところで

みなさんは好きな銃はありますか?

Luck'o
Luck’o

僕は44マグナムです!(ビシッ)

・・・オトコノロマン~・・

ではまた次回の新刊で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました